稲つるび    34句

稲妻  稲光  いなつるび

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
湯神樂のしぶき浴びをり稲つるび 岡井省二 199810  
愛憎の憎を寝かさぬ稲つるび 小倉斑女 銀化 200212  
死後の景とも深更のいなつるび 伊藤白潮 200410  
夜遊びの照らし出さるる稲つるび 戸田春月 火星 200412  
いなつるびうしろから見て週刊誌 戸田和子 200412  
真夜かけて枕を責むるいなつるび 伊藤白潮 200509  
黄檗の森に消えけりいなつるび 飯塚ゑ子 火星 200511  
いなつるび鯨の町の浮きあがる 高松由利子 火星 200511  
気くばりの余生なりけり稲つるび 吉田島江 火星 200611  
いなつるび灰色に浮く大都会 加藤みき 200810  
天空を裂く一瞬の稲つるび 和田郁子 200811  
下町は高階ばかり稲つるび 折橋綾子 200812  
青鷺の肩甲骨をいなつるび 岡本高明 船団 200901  
いなつるび窯変天目応へけり 清水美子 春燈 201012  
いなつるび交尾(つる)び膨張する宇宙 柳川晋 201101  
子規の小さき文机おもふいなつるび 浜口高子 火星 201112  
ずぶ濡れの母と出くはすいなつるび 坂口夫佐子 火星 201301  
稲つるび戒名記す薪積まれ 高松由利子 火星 201311  
稲つるびそこここ震災余波あり 伊藤希眸 京鹿子 201402  
いなつるび産土神の集まりて 雨村敏子 201412  
稲つるびなどと雨音太らする 柳本渓光 ろんど 201412  
いなつるび臍の裏まで覗かるる 竹内悦子 201511  
稲つるび女狐コンと鳴きにけり 高橋将夫 201512  
いなつるび縄文の村しづまれる 雨村敏子 201512  
いなつるびひとゆすりせし田の面かな 中島昌子 201512  
稲つるび天地に深き傷走る 福田葉子 201602  
うつばりにうねりの力いなつるび 深川淑枝 201605  
蟻塚の連なる土塀いなつるび 竹内悦子 201612  
ネアンデルタールの鼻梁いなつるび 柳川晋 201612  
いなつるび永遠の眠りの傍らに 大塚文枝 京鹿子 201801  
大山は富士の父神稲つるび 岡本尚子 風土 201711  
庄内の闇大いなる稲つるび 布施政子 馬醉木 201801  
稲つるび唇強く噛みしむる 徳田千鶴子 馬醉木 201811  
いなつるび永遠の眠りの傍らに 大塚文枝 京鹿子 201801  

2019年10月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。