百日紅 3     100句

新しき猿又ほしや百日紅   渡辺白泉

百日紅  さるすべり

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
お隣の百日紅の咲くわが家 稲畑汀子 ホトトギス 200708  
百日紅ひと日一日の美をこぼし 中野英歩 八千草 200708  
百日紅に八月二十八日来る 山田六甲 六花 200708

木曽岳風子

さんを偲び

百日紅残暑の海へ散りにけり ことり 六花 200708  
百日紅白塗地蔵は辻守り 豊田都峰 京鹿子 200709  
白百日紅咲き初めつ且つ擁み初め 阿部ひろし 酸漿 200709  
出流原いづるはらの湧水の上百日紅 佐藤健伍 200710  
百日紅歴史を語る土塀かな 佐藤洋子 200710  
大寺の寂奥として百日紅 勝見玲子 200710  
弟の七回忌なり百日紅 野澤あき 火星 200710  
橋渡りて行く家並ぶ百日紅 岡部邦枝 200710  
蔵街の陰拾ひゆく百日紅 石原光徳 酸漿 200710  
午後の日を明るく弾き百日紅 仙石君子 雨月 200710  
紺碧の全き空や百日紅 須藤トモ子 200711  
百日紅炎暑の空のつめたさに 金井充 百日紅 200711  
突き上げし拳はいくつ百日紅 清水明子 遠嶺 200711  
百日紅父さんと行く貝類館 渡邉美保 火星 200711  
百日紅つつかれて散る机上論 小林朱夏 200711  
百日紅一朶の雲に飛び火せり 藤岡紫水 京鹿子 200711  
百日紅咲きて名を知らざる二世 柳川晋 200711  
百日紅あはれ散りどき逸したる 田辺博充 200711  
咲き満ちて白百日紅静かなり 青木陽子 酸漿 200711  
測量士いつもかけ足百日紅 渡辺方子 万象 200712  
夭折の俳人全集百日紅 山村桂子 遠嶺 200712  
風うけて朱を敢なく百日紅 北村香朗 京鹿子 200712  
再会を約せしままに百日紅 長田等 200801  
心音の昂りよそに百日紅 木山杏理 京鹿子 200801  
猛暑日の影くろぐろと百日紅 大山妙子 酸漿 200801  
水運ぶ人のゆらゆら百日紅 坪内稔典 稔典句集U 200804  
百日紅仏法の世を待つごとく 小川匠太郎 200807  
風死してこれより真の百日紅 藤田宏 長城 200808  
白日は天の花なり百日紅 鷹羽狩行 200809  
戒名に政の一字や百日紅 神蔵器 風土 200809  
恋は突然愛はゆつくり百日紅 常盤優 炎環 200809  
白百日紅撓みはじめて又白し 阿部ひろし 酸漿 200809  
月の夜を白百日紅咲きたはむ 阿部ひろし 酸漿 200809  
殿の芽吹きは寺の百日紅 松村光典 やぶれ傘 200809  
ベビーカーの母子ピンクに百日紅 小澤菜美 200810  
菩提寺の花ゆさゆさと百日紅 杉本綾 200810  
海光に揺るる挿頭の百日紅 斉木永久 馬醉木 200810  
ライターに顔寄すふたり百日紅 上原重一 200810  
百日紅身籠るといふさびしさよ 小林奈穂 200810  
白百日紅庭にうかべり朝の月 阿部文子 酸漿 200810  
訪ひし家の白百日紅先づ讃ふ 井口初江 酸漿 200810  
蜂の集ひて散らす百日紅 松崎鉄之介 200810  
敗戦日なほ戦へと百日紅 泉田秋硯 200811  
颯々の近江観音百日紅 池田加寿子 200811  
ひとり湯の五右衛門風呂や百日紅 松田和子 200811  
木歩忌や疲れてゐたる百日紅 藤田良 炎環 200811  
百日紅鄙の屋敷の屋根厚き 鎌田篤 雨月 200811  
かむばせの口一文字百日紅 田原陽子 200811  
百日紅の根元に坐せり夢幻能 中山皓雪 200811  
おなじこと忘れし二人百日紅 三角千栄子 炎環 200812  
歳と共に頑固詮なし百日紅 北村香朗 京鹿子 200812  
潮枯れもせず耶蘇島の百日紅 荒井千佐代 200901  
春さるや百日紅の幹の肌理 三村武子 酸漿 200904  
ちちは松すらりとははの百日紅 荒井千佐代 200907  
父癒えて道に立つなり百日紅 柴田佐知子 垂直 200907  
売家の札あたらしき百日紅 宇都宮滴水 京鹿子 200908  
濡らせし指振つてかわかす百日紅 荒井千佐代 200909  
百日紅あかいものから蓋をする 堀内一郎 あを 200909  
忍性の千服茶臼百日紅 神蔵器 風土 200909  
返事ありて待たされてをり百日紅 楠原幹子 200909  
起きてすぐ始まる句業百日紅 小澤克己 遠嶺 200910  
琴の音の洩れくる夕ベ百日紅 川口襄 遠嶺 200910  
百日紅ピカソの「近衛兵と鳩」 神蔵器 風土 200910  
百日紅の白にひらかる冠木門 東野鈴子 雨月 200910  
百日紅いと鮮やかな退院日 檀原さち子 酸漿 200910  
百日紅すぐ忘れたきことひとつ こがわけんじ 炎環 200910  
いつまでも百日紅は窓覆ふ 芥川多喜子 200910  
堀越しに路地に垂れ咲く百日紅 由井求 200910  
問屋場の土間の湿りや百日紅 塩路隆子 200911  
咲き満ちて千の簪百日紅 杉本綾 200911  
昔ガラス百日紅のいよよ揺れ 伊藤洋子 200911  
百日紅火照りしままに散りにけり 水谷洋子 十進法 200911  
仏足石に願ふ健脚百日紅 植山美代子 200911  
百日紅の白きがこぼれ武家屋敷 河合とき 末黒野 200911  
百日紅うとましくまたなつかしく 橘正義 春燈 200911  
ふるさとの血脈の墓百日紅 岡野ひろ子 200911  
百日紅散りたるままの戦没碑 岡野ひろ子 200911  
この盛る百日紅や師に会はめ 大坪景章 万象 200911  
日蝕は雲の中なり百日紅 原田しずえ 万象 200911  
壁土で繕ふ蔵や百日紅 柴田佐知子 200911  
百日紅大揺れの街火葬場ヘ 北村香朗 京鹿子 200911  
普賢菩薩に由来の寺の百日紅 大橋晄 雨月 200911  
罪の字の多き聖書や百日紅 山本康夫 200912  
万年橋袂色増す百日紅 小張昭一 春燈 200912  
交番の英語マップや百日紅 矢口笑子 春燈 200912  
仏飯を撒けば鳥来る百日紅 上林富子 やぶれ傘 200912  
百日紅ぼんぼりのごと宵の街 野田しげこ 200912  
百日紅家並に人も風もなし 小川凉 201002  
厠まで母をさがす子百日紅 小林朱夏 201007  
水郷に加齢の水車百日紅 鴨下昭 201008  
白百日紅ひたすら澄みし天に咲く 阿部ひろし 酸奬 201009  
大風車につられて揺るる百日紅 長濱順子 201010  
三月後の予定を入れぬ百日紅 松岡和子 201010  
斎告ぐる魚板響けり百日紅 木下ふみ子 馬醉木 201010  
手の平の一花の軽し百日紅 小川玉泉 末黒野 201010  
かんかんとあり命日の百日紅 井上信子 201010  
先々へ花置き咲ける百日紅 鈴木阿久 201010 百日紅→4

 

2020年7月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。