百日紅 1     101句

熱き日や百日紅のちりもせで    成美

百日紅  さるすべり

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
花期半ば白に変へたき百日紅
丸山海道
京鹿子
199808
焼山寺への道しるべ百日紅
鷹羽狩行
199810
奉吟の声を力に百日紅
小澤克己
遠嶺
199810
百日紅夕空に触れこぼれけり
宮津昭彦
199810
百日紅妻に来てゐし男客
野沢しの武
風土
199811
その話去年もしたなァ百日紅
平井奇散人
船団
199811
百日紅百日はもう超えたるぞ
青山丈
199812
坂道を下れば白い百日紅
黒田さつき
船団
199812
地上絵をちりちりちりと百日紅
葉月ひさ子
船団
199812
百日紅すねのすり傷薄々はがし
廣嶋美惠子
船団
199902
百日紅花こぼしたる乙女髪
原静寿
酸漿
199909
字余りへはたと置くペン百日紅
宇都宮滴水
京鹿子
199909
鷺池に夕暮れの鐘百日紅
上田尚義
俳句通信
199909
百顔に百の笑みあり百日紅
小澤克己
遠嶺
199910
竹垣は熱をおびつつ百日紅
南うみを
風土
199910
母の病む母屋の庭の百日紅
中沢三省
風土
199910
降るのは蝶海の近くの百日紅
加藤かな文
199910
百日紅の一日選挙に立会へり
大東由美子
火星
199910
人老いぬ百日紅の紅うすれ
中島徳子
酸漿
199910
戦争の匂ひしてくる百日紅
竹貫示虹
京鹿子
199910
百日紅井田の瀬音に明けの鐘
北吉裕子
俳句通信
199910
京都ではやけに目に立つ百日紅
保坂加津夫
いろり
199910
キリストと佛陀を拝し百日紅
加藤みき
199911
きりもなく主婦に用あり百日紅
渋谷ひろ子
酸漿
199911
ふらここの鉄鎖の匂ふ百日紅
千田百里
巴里発
199911
ゆるみなき彩もて秋の百日紅
服部幸
199911
びるまより咲き出でにけり百日紅
阿部完市
海程
199912
人住むか住まぬか咲くは百日紅
小黒カツ
酸漿
199912
百日紅今日はじまりの雲流る
丸山冬鳳
京鹿子
199912
訃報来て散り方しるき百日紅
北村香朗
京鹿子
199912
駆落のごとき所帯よ百日紅
伊丹啓子
船団
199912
百日紅から百日紅までひとやすみ
津田このみ
月ひとしずく
199912
百日紅嘘八百の観察記
津田このみ
月ひとしずく
199912
風通しよい服選び百日紅
津田このみ
月ひとしずく
199912
足指でするじゃんけんや百日紅
津田このみ
月ひとしずく
199912
しわくちゃの今日の夕暮れ百日紅
津田このみ
月ひとしずく
199912
握りどほしのハンカチ小さし百日紅
石原照子
200002
百日紅カレンダーはあと二枚
尾上有紀子
わがまま
200002
何もせぬ男に咲くよ百日紅
山田六甲
六花
200007
百日紅いつからとなく咲きつづく
稲畑汀子
ホトトギス
200008
縁先に電話が置かれ百日紅
佐々木冬青
砂の会
200008
坊さまが女と握手百日紅
中川二毫子
夏木立
200008
百日紅燃え白雲は峰をなす
林翔
馬醉木
200010
百日紅仮住みといひ年を経し
岡本まち子
馬醉木
200010
旧街道旧旧街道百日紅
中原幸子
遠くの山
200010
花は花だけのかたまり百日紅
中原幸子
遠くの山
200010
百日紅忠霊塔の傘となり
福田みさを
いろり
200010
校門の閑散として百日紅
甲州千草
200010
青天に映ゆ百日紅いま青春
丹羽杏華
京鹿子
200011
小枝のような母の繰り言百日紅
本田ひとみ
海程
200012
百日紅横をすらつと霊枢車
池内せつ子
六花
200012
病む度の妻の強さや百日紅
板倉勉
六花
200101
百日紅恋人がいます恋人がいます
金子皆子
海程
200102
百日紅術後口中に残花
金子皆子
海程
200102
百日紅自動で鳴れる寺の鐘
間島明美
京鹿子
200102
人妻にやさしき男百日紅
泉田秋硯
月に逢ふ
200103
百日紅焼けし仏のよみがへる
神蔵器
風土
200109
長福院
めぐりくる八十の路百日紅
相沢健造
いろり
200109
緑道のアップダウンや百日紅
桑垣信子
いろり
200109
百日紅風触れゆけぱこぽれけり
橋本千代子
いろり
200109
吊革にふたつの手首百日紅
吉弘恭子
あを
200109
百日紅ひやくにちめの鳥となる
宇都宮滴水
京鹿子
200110
百日紅生くも逝きしもなつかしき
池尻足穂
俳句通信
200110
百日紅丸太造りの峠茶屋
赤池貴のえ
春耕
200110
百日紅影に濃き影繋がりて
加藤みき
200110
うまくいつて拍手喝采百日紅
芝宮須磨子
あを
200110
幹踊りちぢれ咲きして百日紅
河合笑子
あを
200110
百日紅いつも二人の印刷所
高杉風至
百鳥
200111
大学の日曜講座百日紅
郷田健郎
百鳥
200111
百日紅揺るる家々湖の風
塚本泰子
酸漿
200111
お別れにみつめてをりし百日紅
市川伊團
六花
200111
鏡面や白のきはみの百日紅
水野恒彦
200112
廃屋は庄屋跡なり百日紅
西岡美代子
百鳥
200112
つづれ織る爪のぎざぎざ百日紅
近藤きくえ
200201
百日紅残して母屋改築す
小菅美代子
ぐろっけ
200202
百日紅影に濃き影つながりて
加藤みき
200207
百日紅猿がすべりて名が変り
河合笑子
あを
200208
百日紅父の歳より更に生き
塩川雄三
築港
200209
百日紅燃へ立ちてをり多佳子の碑
辻井桂子
雲の峰
200209
逝くときは畳のうへで百日紅
土井田晩聖
銀化
200209
すぐそこに海のある寺百日紅
鎌倉喜久恵
あを
200209
紅よりも白のプライド百日紅
泉田秋硯
200210
よく吠える犬飼ふ家や百日紅
吉田久子
200210
百日紅補修授業のをはりけり
関本真一郎
帆船
200210
夕風にささやかれけり百日紅
橋本光子
酸漿
200210
雨に日に紅を濃くして百日紅
岡本直子
雨月
200210
閂の錆びて書庫とや百日紅
泉田政子
雲の峰
200210
照り返す宮の大屋根百日紅
斉藤やす子
春耕
200210
飲食に刻を尽して百日紅
加瀬美代子
200210
甚六の外面よくて百日紅
水上れんげ
200211
レクイエム流るる朝や百日紅
浜中雅子
遠嶺
200211
百日紅大樹となりて山にあり
船山博之
百鳥
200211
古国府といふを町名に百日紅
深川知子
雲の峰
200211
門灯に白百日紅浮び出づ
岡田房子
酸漿
200211
避難訓練百日紅真盛りに
佐野幸子
百鳥
200212
佛頭や池の向ふの百日紅
植木戴子
200212
ゆるやかに時過ぎて行く百日紅
今瀬剛一
対岸
200212
芝植ゑし墳墓あまたや百日紅
武田美雪
六花
200301
百日紅夜明けの空のやや闌けし
森田蝌蚪
200302
白重ひとつくはへし百日紅
吉弘恭子
あを
200306
百会より百骸に沁む百日紅
吉弘恭子
あを
200306

 

2020年7月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。