冬の夕         7句

柴の戸の冬の夕べのさびしさをうき世の人にいかでかたらん  良寛

冬の暮  寒暮  冬の夕

作品
作者
掲載誌
掲載年月
象鳴きて戸を開けさせる冬の夕 高橋大三 ぐろっけ 200104
幽玄の燭の火ゆらぐ冬の夕 矢嶋みつ江 遠嶺 200303
ハーブテイーでもてなす湯宿冬の夕 佐久間はるみ 200603
街灯の次ぎ次ぎともる冬の夕 早崎泰江 あを 200802
炒る南京豆まめの弾ける音や冬の夕 山岸甲一 やぶれ傘 201204
冬の夕手遊びと共童歌 森岡陽子 かさね 201207
シチューの火止めて子を待つ冬の夕 折田京子 風土 201502

 

2020年12月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。