冬の雲・冬雲     212句

冬雲に鳥打帽の廂かな    松根東洋城

寒雲・凍雲   冬の雲・冬雲

作品
作者
掲載誌
掲載年月
冬の雲割れて湖面に朝の日矢 稲畑汀子 ホトトギス 199811
木道の乾く靴音冬の雲 水野あき子 遠嶺 199903
毘沙門のあんぐり鰐口冬の雲 水島夜雨 京鹿子 199904
冬雲を蹴散らしているチンドン屋 小枝恵美子 ポケット 199911
指笛で呼ぶ帆船は冬の雲 津田このみ 船団 199912
冬雲のひとつに翳る島の数 福間慶子 俳句通信 200001
冬の雲世渡り下手な母と子と 志方桜子 六花 200002
一片も一塊もあり冬の雲 粟津松彩子 ホトトギス 200003
犬の眸の高さにかがみ冬の雲 小島美智子 風土 200003
冬雲や動かぬままの観覧車 有山光子 遠嶺 200003
冬の雲動き追ふごと母逝けり 保坂加津夫 いろり 200102
冬雲をつれて庭師のやつてくる 曷川克 遠嶺 200102
冬雲の帰去来ふるさとの無き身 中川芳子 200103
冬の雲たなびく墓地に父母います 林田加杜子 いろり 200104
青い空冬の雲間ののぞき穴 久森知子 船団 200106
受け売りを空に放つや冬の雲 久森知子 船団 200106
冬の雲グラデーションに流れけり 久森知子 船団 200106
水煙をあはき冬雲過りけり 小林優子 酸漿 200106
動き出す気配の馬俑冬の雲 竹下昭子 ぐろっけ 200112
青天にわづかな動き冬の雲 吉弘恭子 あを 200201
冬の雲朱色のコーヒーカップかな 皆吉司 船団 200201
冬雲を割つて日のさす曲馬団 鷹羽狩行 200201
藤村の古城に冬の雲遊ぶ 長坂ヤス子 酸漿 200202
今日だけは静かにしてよ冬の雲 福田みさを いろり 200202
冬雲の去るや流星ファンタジー 刈米育子 200202
冬の雲父は田舎のハイカラさん 志方章子 六花 200203
冬雲に熊手の先の届きたる 杉浦典子 火星 200203
冬雲の影を引きゆく相模湾 小林光美 春耕 200203
母逝きて遠のく故郷冬の雲 古川利子 200204
日当りてふくれあがりし冬の雲 土屋酔月 火星 200204
冬の雲うすうすと晴のち曇り 稲畑汀子 ホトトギス 200212
青空を通り過ぎたる冬の雲 稲畑汀子 ホトトギス 200212
冬の雲映す鏡はビルの壁 稲畑汀子 ホトトギス 200212
武蔵野に冬雲育つ一とところ 稲畑廣太郎 円虹 200301
立冬の雲動かざる入鹿塚 鎌田つた枝 築港 200302
立冬の雲とどまれり杉木立 糸井芳子 200302
冬雲の影を配して波しぶく 赤松せつよ 築港 200302
ひだり手のほかは許さず冬の雲 小林あけみ 200303
工場の煙は冬の雲となる 坊城俊樹 円虹 200303
冬雲や彫塑の楽器風に鳴る 尾崎和子 百鳥 200303
快楽より湧いてきたりし冬の雲 高橋将夫 200304
当てもなく冬雲流る裏銀座 川端実 遠嶺 200304
冬の雲人影の無き野球場 石川英利 百鳥 200305
冬の雲飛行機雲を置き去りに 赤松せつよ 築港 200402
冬雲や啄む雁を田に散らし 村上光子 馬醉木 200402
欄干の色あせやまず冬の雲 小澤克己 遠嶺 200403
流れゐる見上ぐるたびの冬の雲 遠方靉 遠嶺 200403
冬雲のいつしか崩れ比良比叡 三枝邦光 ぐろっけ 200403
半島の上を動かず冬の雲 高瀬桜 200404
冬の雲気乗りのしない帰郷かな 高木武人 百鳥 200404
冬の雲梲の上に動かざる 鵜飼正子 栴檀 200405
倒産のニュース流れて冬の雲 栢森定男 風よ 200407
冬雲の厚さ貫く国際機 塩路隆子 200412
冬雲を遊ばせ榧は寡黙の木 ほんだゆき 馬醉木 200501
崖に引くザイルの重し冬の雲 横森みゆき 雲の峰 200502
被災地へ募金送りし冬の雲 福西礼子 火星 200503
冬雲や日矢突きささる与謝の海 川野喜代子 雲の峰 200503
老猫の夢追ふ視線冬の雲 横山迪子 六花 200504
冬雲を吊り上げきれずクレーン車 福山至遊 200505
飛行機の姿のみこむ冬の雲 長谷川幸子 200506
冬雲のさすらひごころ見せてをり 市場基巳 200506
快楽より湧いてきたりし冬の雲 高橋将夫 星の渦 200507
煙突からはき出されたり冬の雲 板倉エミ 200507
冬雲を隕つるひかりに櫟原 瀧春一 菜園 200509
冬の雲いま青空の中にあり 稲畑汀子 ホトトギス 200512
峰々に和紙積むやうな冬の雲 能村研三 200601
山脈のごとはつ冬の雲光る 高田令子 200602
歩き出すまでのためらひ冬の雲 倉持梨恵 200602
ぼろ市の上に居座り冬の雲 今瀬剛一 対岸 200602
冬雲を増すは浅間嶺煙三筋 宮入河童 200602
熔岩の上兵の墓冬の雲 糸川草一郎 百鳥 200603
重たげに東に流れ冬の雲 鵜飼紫生 雨月 200605
早退の子は河が好き冬の雲 糸川草一郎 百鳥 200605
紙芝居いつもうしろに冬の雲 佐藤喜孝 あを 200612
冬雲の流れの切れ間うどん喰ふ 松本鷹根 京鹿子 200703
鞍上の背筋まつすぐ冬の雲 荒井千佐代 200703
太陽を池に沈めて冬の雲 稲畑汀子 ホトトギス 200801
住みなれし町に冬雲夕茜 吉沢陽子 200802
冬の雲流る年逝くこと見えて 柳生千枝子 火星 200802
冬雲や大雁塔は遥かなり 曷川克 遠嶺 200803
よく晴れてソウルの冬の雲ひとつ 坪内稔典 船団 200803
高層のビルに映れる冬の雲 山村修 酸漿 200804
江戸に向く芭蕉立像冬の雲 上林富子 やぶれ傘 200805
冬の雲自由の橋の行き止まり 陽山道子 船団 200806
初冬の雲の低さを諾へり 稲畑汀子 ホトトギス 200811
神が火を焚くや赤らむ冬の雲 鷹羽狩行 200812
冬の雲仰ぎて夫の在りし日よ 柳生千枝子 火星 200812
摩天楼よぢ上りたる冬の雲 稲畑廣太郎 ホトトギス 200901
風わきて冬雲海に古城泛く 宮崎左智子 200901
冬の雲風の轍のありにけり 石寒太 炎環 200902
弾丸を秘めてゐるなり冬の雲 沼田巴字 京鹿子 200902
冬雲の速き流れを玻璃越しに 天野美登里 やぶれ傘 200902
追ひつけぬ父の背中や冬の雲 竹中一花 200903
冬の雲四季桜恋ふ小原村 大森尚子 風土 200903
冬の雲置かれしままにありにけり 原田達夫 200904
冬雲はのびゆく空襲警報下 八田木枯 晩紅 200908
冬の雲土地に残りし地区訛り 飯田ひでを 201001
孟宗竹伸びて届くよ冬の雲 笠井清佑 201002
がらんどうの夢二の双眼冬の雲 瀬川公馨 201002
冬雲に切れ目グリコの大看板 杉浦典子 火星 201002
ゆつくりとあつまつて散る冬の雲 安部里子 あを 201002
牛乳の膜の鮮し冬の雲 広渡敬雄 201003
皿二枚向き合ふ卓や冬の雲 中山純子 万象 201003
蒼天に白き一と刷け冬の雲 渡邊泰子 春燈 201003
冬雲の光のあたりあたたかし 空音 六花 201003
冬雲の我が立ち位置に迫りけり 空音 六花 201003
冬雲や上りくるもの落ちるもの 空音 六花 201003
冬の雲象は體を裏返す 佐藤喜孝 あを 201003
冬雲の吹かれて天に蒼戻る 楯野正雄 201004
冬雲をぼんぼんと産む山の際 大島英昭 やぶれ傘 201005
浜名湖や冬雲の量重かりし 打田博子 201005
冬の雲動かぬ如く動きをり 稲畑汀子 ホトトギス 201012
山陰路鉛のやうな冬の雲 吉成美代子 あを 201101
帆船のマストに絡む冬の雲 落合晃 201102
冬雲の肩にかかりてくる重さ 木村茂登子 あを 201102
丹沢に生まれ相模へ冬の雲 鈴木とおる 風土 201103
わが村の辰巳を指して冬の雲 飯出ひでを 201103
普天間基地冬雲の影定まらず いぶすき幸 万象 201103
冬雲の白にまみれて行く一羽 井上信子 201103
腹這ふて何も語らぬ冬の雲 原田達夫 201103
潦残る田面や冬の雲 野沢しの武 風土 201105
冬雲傑像型娘よ逝くな 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子選集 201105
気塞ぎの一日の無駄や冬の雲 川崎真樹子 春燈 201201
冬雲の落ちて来るなり九十九里 町山公孝 201201
冬雲に届く藩主の手植ゑ杉 栗原京子 201203
林立のクレーン冬の雲垂れて 大坪景章 万象 201203
冬雲にするりねぢ込む鳶かな 紅谷芙美江 万象 201203
首塚の少し傾く冬の雲 高木篤子 ぐろっけ 201203
冬雲に置き去られたる昼の月 松田泰子 末黒野 201204
千枚の棚田極むや冬の雲 安斎久英 末黒野 201204
絵のように遊べる富士に冬の雲 北村香朗 京鹿子 201205
冬の雲ちぎれては亦近よりぬ 北村香朗 京鹿子 201205
高橋やながれのゆるき冬の雲 有賀昌子 やぶれ傘 201206
藤棚のあはひに流れ冬の雲 酒井秀郎 返り花 201211
過客とも冬青空を雲の行く 犬塚李里子 201302
冬雲の間より見ゆる月近し 山田六甲 六花 201302
冬雲の流れ見てゐる卒寿かな 細川コマヱ 雨月 201303
冬雲をぬぎし一とき遠伊吹 柴田昭子 雨月 201303
冬雲の大きく動き草に影 白石正躬 やぶれ傘 201304
鏝絵めく冬雲押へ込み日の出 稲畑廣太郎 ホトトギス 201401
冬の雲あまたゆかしめ塔ひと日 佐藤喜孝 あを 201401
冬の雲東京タワーでゆるゆると 須賀敏子 あを 201401
父母を重ね合はする冬の雲 西川春子 春燈 201402
街灯のつきしままなり冬の雲 出口誠 六花 201403
真つ直ぐに来る晩年や冬雲雀 吉永すみれ 風土 201403
冬雲の三筋たなびく今朝の空 原田たづゑ 春燈 201403
冬雲の割れるを待ちて土いじり 井上あき子 ぐろっけ 201403
恙まみれの日々も自分史冬の雲 北岸邸子 春燈 201404
五百屯クレーンが吊る冬の雲 吉村摂護 201404
冬雲のひねもす低く礼を欠く 小塙眞理 京鹿子 201405
とどのやうな冬雲一つ筑波山 横田晶子 風土 201503
スプーンでしゃくりたくなる冬の雲 鈴木直枝 ろんど 201503
丈六の不動明王冬の雲 沼崎千枝 末黒野 201503
動き出す気配も見えず冬の雲 大島みよし 201504
冬の雲低くたれこめ田に降りぬ 藤波松山 京鹿子 201505
冬の雲東山より離れざる 山田天 雨月 201602
冬雲の層を重ねて流れゆく 蒲田豊彦 雨月 201602
天平の塔の礎石や冬雲雀 渡辺若菜 春燈 201604
冬雲に日のある西院(さい)の河原かな 渡邊孝彦 やぶれ傘 201604
どつかりと山に乗りたる冬の雲 松村光典 やぶれ傘 201604
龍の目のつぶれて淡き冬の雲 木戸渥子 京鹿子 201604
残照を水平線に冬の雲 安斎久英 末黒野 201604
灯台に登れば速し冬の雲 森高武 風土 201604
冬雲に大きく翳る比良比叡 尾崎みつ子 雨月 201604
車窓には冬雲の富士株価安 神田惣介 京鹿子 201605
冬の雲重なり合ひて流れゆく 長憲一 201605
冬雲の去来富士晴れ富士隠れ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201701
冬雲を化粧ふ木花之開耶姫 稲畑廣太郎 ホトトギス 201701
冬雲の天馬の如く駆ける空 稲畑廣太郎 ホトトギス 201701
時計台天に真白き冬の雲 大橋晄 雨月 201702
冬の雲想ひを浮かす余情あり 鈴鹿仁 京鹿子 201702
冬の雲アトム空行く世紀です 平井奇散人 船団 201702
冬雲や消防団が雨降らす 塩貝朱千 京鹿子 201703
冬の雲寄り重なりぬ富士の上 野畑さゆり 201704
病床に大中小の冬の雲 大坪景章 万象 201704
山動くごと冬雲の離れけり 佐藤雄二 万象 201704
比良比叡冬雲重くのしかかり 大橋晄 雨月 201704
老人を説得にゆく冬雲雀 中川句寿夫 ここのもん 201705
冬雲や風のせかする夕間暮れ 秋山文子 末黒野 201803
金粉の降りてきさうな冬の雲 志方章子 六花 201804
冬雲の黄金に染まる稲美かな 延川五十昭 六花 201804
落日の黒雲一朶冬立てり 宮元陽子 末黒野 201804
地球に非ず冬雲被り月蝕果つ 大橋晄 雨月 201806
引つ込みのつかぬ諍ひ冬の雲 吉田悦子 201806
第二トンネル抜けて冬雲近うせり 塩貝朱千 京鹿子 201902
冬の雲記憶の中の人を追ふ 鈴鹿仁 京鹿子 201902
冬の雲たれこめ天と地の近し 近藤喜子 201902
初冬の雲が雲追ふ樫田山 近藤紀子 201902
鳳と凰隠して速き冬の雲 竹中一花 201902
冬雲疾しメタセコイアに終の色 塩貝朱千 京鹿子 201903
議事堂の屋根は三角冬の雲 稲畑廣太郎 ホトトギス 201912
冬雲の増えゆく午後となる家路 稲畑汀子 ホトトギス 202001
瞼めく冬雲富士を閉ざしゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 202001
恐竜の牙剥くに似て冬の雲 長崎桂子 あを 202002
一葉の碑高し冬雲雀 石井美智子 風土 202002
秩父嶺や風のかたちに冬の雲 鈴木愛子 202002
冬の雲テラスに羽が落ちてゐる はしもと風里 202003
白い日がいま冬雲に入るところ 藤井美晴 やぶれ傘 202003
ちぎれたるのが薄れゆく冬の雲 瀬島洒望 やぶれ傘 202003
冬雲の連山に影写しをり 田尻勝子 六花 202004
冬雲に一羽の鳶の消えにけり 永田万年青 六花 202004
冬雲雀空の高みを知らぬまま 藤生不二男 六花 202004
ふんだんに青空のあり冬雲雀 門伝史会 風土 202004
日本列島漂着したる冬の雲 菅谷たけし 202004
冬雲の肩にずしりと乗つかりて 近藤紀子 202005
冬の雲海まで馬柵の伸びてをり 岸洋子 202006
太陽を時に零して冬の雲 稲畑汀子 ホトトギス 202011
冬雲を押し上げ火山灰の静寂かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 202012
冬の雲鱗崩れてゆく仔細 稲畑廣太郎 ホトトギス 202012

 

2020年12月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。