寒雲・凍雲     97句

父逝くや凍雲闇にひそむ夜を   飯田蛇笏

寒雲・凍雲   冬の雲・冬雲

作品
作者
掲載誌
掲載年月
凍雲を剱岳はらへり句碑びらき 水原春郎 馬醉木 199901
凍雲や帆船は帆を固く巻き 密田真理子 199906
凍雲の銀のふちどりみくじ引く 浜麻衣子 六花 200004
凍雲へ賽銭にぶき音かへす 辻井桂子 俳句通信 200004
寒雲に刻める龍の爪の跡 金澤明子 火星 200004
寒雲に隠るきのふの雑木山 小野寺節子 風土 200004
晩年に見る凍雲の血の滲み 能村登四郎 羽化 200110
古書店に入る凍雲を嗅ぐように 守谷茂泰 海程 200112
あかつきや凍雲光りつつ目覚め 長山あや 円虹 200203
夭折の耕二浩一余寒雲 能村研三 200203
凍雲や特急列車走り去る 与川やよい 遠嶺 200204
凍雲の一歩も動ぜざる故郷 宮原みさを 花月亭 200208
凍雲の一ト日居坐り峡部落 宮原みさを 花月亭 200208
凍て雲や青竹の枝落しをる 植木戴子 200303
凍雲の隙間より洩る日矢まぶし 板倉幸子 築港 200304
海指して黒き寒雲急ぎゆく 榎本孤星 築港 200304
ばらばらと寒雲海に消えゆけり 榎本孤星 築港 200304
寒雲の動かず初志を貫けり 鈴木良戈 200307
凍雲のわづかな動き桜島 中元英雄 河鹿 200404
凍雲が葛城の峰押へをり 板倉幸子 築港 200404
凍雲や診察を待つ固き椅子 板倉幸子 築港 200404
凍雲や六本木ヒルズ人人渦 中野英歩 八千草 200407
凍て雲の一枚沼の白びかり 森屋慶基 風土 200411
凍雲の中をジエツト機とどろいて 川口弘子 築港 200503
凍雲をはらひし朝や母を焼く 小澤克己 遠嶺 200503
凍雲やきしきし歩む駅の道 石田邦子 遠嶺 200503
凍雲の割れて日の差す相模灘 宮川迪夫 遠嶺 200504
凍雲の一片崩し鶴翔る 長谷川子 馬醉木 200504
凍雲に虹の消えては生れては 稲畑汀子 ホトトギス 200601
寒雲や足踏み出せば景揺るる 太田佳代子 春潮 200602
凍雲に身を翻す宮の鯉 城尾たか子 火星 200603
凍雲へ切株貌を晒しをり 井上道子 百鳥 200604
凍雲や山は削られつつ無音 服部早苗 200605
凍雲や鉄工場に火花散る 酒井美津 遠嶺 200605
凍雲の去りつつ海を広げけり 内山けい子 200801
天蒼し凍雲抜けし離陸機に 泉田秋硯 200803
凍雲に届けとコール肝被害 楯野正雄 200803
凍雲や川波はまだたゆたひて 猿橋洋子 200903
凍雲の切れ間に夢の欠片かな 岩月優美子 200904
嶺は白磁入日寒雲燃やすなり 沼澤石次 馬醉木 200904
凍雲の居すわる下の石の町 岡本幸代 ぐろっけ 200905
B29去りて凍雲四方に立つ 八田木枯 晩紅 200908
神奈備の挙ぐ日寒雲近づけず 豊田都峰 京鹿子 201003
凍雲や鉄骨赤く立ち上がる 坂場章子 201003
光芒の凍雲黄金で縁取りす 松本鷹根 京鹿子 201004
凍雲の鴇色のまま暮れにけり 川口崇子 万象 201006
凍雲に向ひ車輌の試運転 坊野貴代美 ぐろっけ 201103
凍雲や山膚日ごとあらはなる 川端俊雄 火星 201104
凍雲の黝き縁染め夕茜 小川玉泉 末黒野 201105
凍雲に雷禍のあとの杉尖る 中村翠湖 馬醉木 201202
イルカ風の寒雲染まる落暉まへ 鈴木照子 201203
凍雲や商店街の裏通 三輪慶子 ぐろっけ 201203
凍雲の中に燃え落つ落暉かな 奥村真人 雨月 201203
凍雲や畦の大鷺みじろがず 久保村淑子 万象 201204
寒雲を支ふ仁王の怒髪像 能村研三 201302
点滴をよそに凍雲見てゐたり 柴田昭子 雨月 201303
凍雲の覆ふ湖西に用のあり 藤田素子 火星 201304
凍雲を吐き出してゐる豊後富士 稲畑廣太郎 ホトトギス 201312
凍雲いを逃れ出るかに日の一条 甕秀磨 201503
凍雲の隙間に日矢の差しにけり 塩野谷慎吾 201504
凍雲の軍行橋を圧し来る 青木朋子 201504
凍雲の開けて武蔵国分寺 内藤静 風土 201504
凍雲よりこぼれたるごと偵察機 後藤マツエ 201605
凍雲に虚子山荘の見下され 稲畑廣太郎 ホトトギス 201701
凍雲や幾度も読むヨブの章 井上正子 童女 201701
凍雲の影をかすめて鳩の群 久世孝雄 やぶれ傘 201703
凍雲や裂けて海面へ日矢とどき 加藤静江 末黒野 201705
時化つづく凍雲沖に滞り 佐津のぼる 六花 201803
凍雲や今年の一字「北」となる 田中藤穂 あを 201804
故郷の便り凍雲運び来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201901
凍雲にヘリコプターの音弾け 稲畑廣太郎 ホトトギス 201901
凍雲や駅ビル高く建設中 柿沼盟子 風土 201902
凍雲の一角を鳶開きけり 山田六甲 六花 201902
凍雲に隠れて富士の影のなく 濱野新 やぶれ傘 201904
凍雲の切れ端パッチワークにす 瀬川公馨 201904
凍雲を吹き飛ばしてよ風の神 岩月優美子 201904
凍雲の緩りと西へ鬼房忌 小田嶋野笛 末黒野 201905
凍雲に海は藍いろ失ひし 涌羅由美 ホトトギス 201906
入日いま凍雲沖に燃えたてり 間宮あや子 馬醉木 202004
寒雲がバベルの塔に巻きつきぬ 有松洋子 202004
寒雲を支ふる仁王怒髪像 能村研三 神鵜 202107

 

2021年12月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。