冬初め    97句

太く短かき群衆の影冬はじまる   高島茂   軍鶏

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
青空へ風船か飛ぶ冬初め 別府優 199901  
垂直にかもめは死すか冬初め 信崎和葉 六花 200002  
冬初め造り酒屋の紺のれん 小牧喜美子 遠嶺 200103  
天神の由緒書読む冬初め 木村てる代 雲の峰 200201  
警策のあとの静けし冬初め 木村てる代 雲の峰 200201  
冬初め遊覧船のすべる音 長崎桂子 あを 200301  
鈍色の雨の降りくる冬初め 北吉裕子 雲の峰 200401  
字余りのやうな雨降る冬初め 森美香 風土 200402  
冬初めアメリカ兵の幼な顔 高木武人 百鳥 200402  
冬初めゴムの沓履く椅子の脚 百瀬虚吹 風土 200403  
翔つ鳥の数美しき冬初め 木内憲子 200403  
冬初め自律神経不調かな 安部里子 あを 200501  
カラフルな回転木馬冬初め 景山まり子 百鳥 200502  
冬初め刃のごとく立つろばの耳 七種年男 200502  
水うまし出雲くにはら冬初め 橋添やよひ 風土 200701  
鐘撞いて比叡ふるはす冬初め 久保久子 春燈 200702  
舫ひ綱ぴんと張られし冬初め 吉沢陽子 200901  
負けん気の性格ちらと冬初め 小城綾子 200902  
子供等に下着を買ひぬ冬初め 東芳子 酸漿 200902  
神の木の洞の明るさ冬初め 高橋道子 201002 一言主神社
書を読むにほどよき凹み冬はじめ 宇都宮敦子 201002  
夕ざるる風が包みし冬はじめ 小菅礼子 春燈 201002  
喪中葉書母の天寿や冬初め 舘泰生 風土 201002  
木つ端焚く火の舞に酔ふ冬はじめ 布川直幸 201002  
あらかしの幹の手ざはり冬はじめ 蘭定かず子 火星 201002  
内海を出づる一帆冬初め 熊切光子 末黒野 201003  
賜りし句集繙く冬初め 小島とよ子 遠嶺 201004  
よく喋る人と出くはす冬初め 森岡正作 201101  
鍬の跡畝にとどめて冬初め 堀田順子 馬醉木 201102  
勘次・おつぎの野良着が屈む冬はじめ 鳴下昭 201102  
はるかなるものに目の行く冬はじめ 望月晴美 201103  
竹人形目の一線の冬はじめ 竹貫示虹 京鹿子 201111  
珈琲の封切りし香や冬はじめ 千手和子 馬醉木 201201  
烟るものときに炎を見せ冬はじめ 宮内とし子 201201  
かつしかの風のおろおろ冬はじめ 山崎靖子 201202  
ゆるやかに岬の尖る冬はじめ 矢田涼 201202  
鉛筆を尖らせ並べ冬はじまる 小林清之介 風土 201202  
昨日今日気づかぬ地震や冬はじめ 松田泰子 末黒野 201202  
波に乗る鳥のまなじり冬はじめ 蘭定かず子 火星 201202  
主なき椅子に聖書や冬はじめ 米澤光子 火星 201202  
口開けの味噌の飴色冬はじめ 原友子 201205  
レシートの反りを正して冬はじめ 林昭太郎 あまねく 201210  
冬はじめ船につまれて象が来る 木村和也 船団 201212  
水底に赤き蟹ゐる冬はじめ 広渡敬雄 201212  
ランドマークの灯る山腹冬はじめ 橋本靖子 201301 神戸
乳牛の乳房ももいろ冬はじめ 林昭太郎 201301  
箒目に朝の力や冬はじめ 師岡洋子 ぐろっけ 201302  
神棚の伊勢へ向きたる冬はじめ 中田みなみ 201302  
触診の医師の目を見る冬はじめ 柴田志津子 201302  
芭蕉葉の風の音聞く冬はじめ 黒滝志麻子 末黒野 201303  
鉢物の並ぶ窓辺や冬初め 横山さくら 春燈 201401  
厠より日ざしの退る冬はじめ 岡部玄治 201401  
括る・干す・晒す・吊すや冬初め 渡部節郎 201401  
冬初め雀に元気貰ひけり 早崎泰江 あを 201401  
ぶらさがる物なき棚や冬はじめ 金田けいし ろんど 201402  
砂浜のしんと日を吸ふ冬初め 師岡洋子 ぐろっけ 201402  
拍手の空に吸はるる冬はじめ 久米憲子 春燈 201402  
音立てて青菜を炒む冬はじめ 坂場章子 201402  
訃報また昭和遠のく冬はじめ 川上恵子 雨月 201402  
照りかげる湖の機嫌や冬はじめ 久保久子 湖心 201402  
竹林の息のむモダン冬はじめ 沼田桂子 春燈 201402  
くろぐろと街川よどむ冬はじめ 塩田博久 風土 201402  
うみどりの白の眩しき冬はじめ 林昭太郎 201402  
冬はじめ白樺林発光す 有松洋子 201402  
公園の空つぽの椅子冬初 曽根京子 春燈 201403  
波の消す鳥の足跡冬はじめ 松田明子 201403  
淡々と沖に虹立つ冬はじめ 安斎久英 末黒野 201403  
鶏小屋に日矢の射し入る冬はじめ 宮井知英 201404  
筆ぺんの軸に温みや冬はじめ 井上石動 あを 201412  
冬初め白湯に力のありにけり 篠田純子 あを 201412  
俥夫憩ふ河畔の窪地冬はじめ 森田利和 201501  
木棺の丹の鮮やかや冬はじめ 山本孝夫 201501  
琺瑯鍋にジャムふつふつと冬はじめ 石川かおり 201501  
ジーバンの涸びて乾く冬はじめ 諸岡孝子 春燈 201501  
鉛筆の芯欠けてゆく冬はじめ 藤井杏愛 京鹿子 201501  
ライオンが湯を吐く宿や冬初め 佐用圭子 201502  
石ひとつひとつに影や冬はじめ 永尾春己 201502  
薪荒く割りて會津の冬はじめ 一民江 馬醉木 201502  
座布団に小さく座る冬はじめ 小山陽子 やぶれ傘 201502  
無医村に若き医師来る冬はじめ 延川五十昭 六花 201503  
冬はじめ焼かれて反りぬパンの耳 渡邉俊子 京鹿子 201503  
はや空気読めると言ふ子冬初め 高橋将夫 201503  
冬はじめ土を被するアロエの根 都留百太郎 末黒野 201503  
ほんのりと点る駅の灯冬はじめ 押田裕見子 201504  
橋の名に緑青(ろくしよう)薄き冬はじめ 小山陽子 やぶれ傘 201601  
寺庭の箒目著き冬はじめ 新海英二 春燈 201601  
冬はじめそつぽな方をみやりたる 瀬川公馨 201602  
いきしもの皆輪廻とす冬初め 柴田靖子 201602  
外出着日々きめかぬる冬はじめ 牧はるか 末黒野 201602  
靴下にみぎとひだりと冬初め 中川句寿夫 ここのもん 201705  
渓流の紺を深めて冬初め 蒲田豊彦 雨月 201802  
直筆の文字のくづれや冬初 坂入妙香 春燈 201802 漱石山房
駅伝の小旗かさかさ冬初め 有賀昌子 やぶれ傘 201803  
河馬に逢う三門に逢う冬初め 長沼佐智 船団 201806  
賀茂川に立つ僧形や冬初め 沼田巴字 京鹿子 201812  

 

2019年11月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。