鳳仙花 1     200句

生きて會ふ鳳仙花しきり實を弾く    高島茂

鳳仙花  つまべに

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
時計見ぬ家居の一ト日鳳仙花
稲畑汀子
ホトトギス
199808
鳳仙花わらわら子供達の反乱
能城檀
船団
199903
やうやくに晴れて故郷鳳仙花
稲畑廣太郎
ホトトギス
199908
鳳仙花ペダルの喘が崩したる
稲畑廣太郎
ホトトギス
199908
鳳仙花弾け女にもどろかな
田畑幸子
火星
199910
鳳仙花爆ぜて母屋の昼深し
木下節子
俳句通信
199910
雲一つ遠くに浮きぬ鳳仙花
山田京子
俳句通信
199910
褄丈は鯨の二尺鳳仙花
平橋昌子
199911
まだ母の円周にゐて鳳仙花
奥田筆子
京鹿子
199911
鳳仙花また転勤の荷拵へ
安陪青人
雨月
199911
束の間の日向へ爆ぜて鳳仙花
高橋さえ子
199910
ビルの上より下谷見おろす鳳仙花
石丸弥平
春耕
199912
種はぜぬ冷き雨の鳳仙花
鈴木美枝
酸漿
200001
ペン立てにペンなくなりぬ鳳仙花
宮崎斗士
海程
200002
血流の音の不可思議鳳仙花
葉月ひさ子
船団
199912
鳳仙花はじけて乾く水枕
高橋さえ子
200002
叱られし子に夕闇の鳳仙花
田中藤穂
水瓶座
200002
鳳仙花はじけて鍵盤ハーモニカ
松木知子
ヒッポ千番地
200004
鳳仙花月山講の突きし杖
皆川盤水
春耕
200010
鳳仙花人の気配のたびに爆ぜ
田口千恵子
200012
ままごとの皿山盛に鳳仙花
網野茂子
酸漿
200110
白犬の鼻に弾けし鳳仙花
志水千代子
俳句通信
200110
鳳仙花水中眼鏡高く干し
山西雅子
200110
鳳仙花まだ路地裏に残る井戸
芳賀雅子
航跡
200108
横丁の古板塀の鳳仙花
芝尚子
あを
200110
鳳仙花濡れし地面に種はじく
山口トシ
酸漿
200111
下りくる郵便バイク鳳仙花
永見博子
酸漿
200111
玉砂利に種を飛ばせる鳳仙花
木村てる代
雲の峰
200112
さよならの握手にはじけ鳳仙花
塩貝朱千
京鹿子
200201
セールスのきて風立ちぬ鳳仙花
村上田鶴子
風土
200202
鳳仙花怨みの歌をまだ知らず
小西昭夫
船団
200202
雀ふと来てふと去りぬ鳳仙花
阿部ひろし
酸漿
200209
雨の日は雨にはじけて鳳仙花
鷹羽狩行
200210
鳳仙花むかし庭にはもの乾き
菅谷たけし
200210
鳳仙花けんけんぱあを描く舗道
川野喜代子
雲の峰
200210
鳳仙花爆ぜて子離親離
城田郁子
帆船
200211
思はざる一語飛び出す鳳仙花
佐藤多恵子
銀化
200211
電柱の根に一本の鳳仙花
坂田圭
200210
貝を干す海女の通ひ路鳳仙花
堤京子
馬醉木
200212
さよならを言はない別れ鳳仙花
祐森禰香
遠嶺
200212
鳳仙花顔も名前も忘れけり
大串章
百鳥
200212
秘め事がはじけてしまい鳳仙花
木内美保子
六花
200212
鳳仙花遊びするごとこぼるるよ
岡本眸
200212
鳳仙花目の衰へのすべもなし
水田清子
200212
箱根路や古きパン屋の鳳仙花
水田清子
200212
奥さんは越後言葉に鳳仙花
山田六甲
六花
200309
鳳仙花焼きドーナツは焼いてゐず
山田六甲
六花
200309
泣く子供抱かるる赤児鳳仙花
森理和
あを
200310
横丁のもんじや焼屋の鳳仙花
芝尚子
あを
200310
鳳仙花撮るに己の影もとる
松崎鉄之介
200311
遠出して鶏帰る鳳仙花
有山八洲彦
200312
農具小屋開けたるままや鳳仙花
宮本道子
酸漿
200312
鳳仙花弾け転がるアスフアルト
青木暁子
築港
200312
家出してきてゐるやうや鳳仙花
青山丈
200311
鳳仙花園児の声の戻りけり
谷上佳那
百鳥
200312
鳳仙花はぜしごとくに子ら遠し
藤井昌治
200312
鳳仙花鶏飛んでみせにけり
橋本五月
200312
何もしてゐなくて忙し鳳仙花
岡本眸
200401
鳳仙花はぜしごとくに子ら遠し
藤井昌治
200401
鳳仙花園児の声の戻りけり
谷上佳那
百鳥
200402
人の子を抱き来る妻よ鳳仙花
渡邉友七
あを
200408
街道の書道教室ほうせん花
中島瑞枝
百鳥
200410
触れようとすれば弾けて鳳仙花
青木勝子
200411
鳳仙花ぱつと弾けし寄席帰り
加藤二三子
帆船
200411
ままごとの菜(さい)や化粧や鳳仙花
朝妻力
雲の峰
200411
姉の髪の長かりし頃鳳仙花
施まさ子
風土
200411
鳳仙花はじけて跳んで出家せり
近藤貞子
六花
200411
乾きゐる靴の小さし鳳仙花
武井美代子
万象
200412
喜びの涙腺ゆるむ鳳仙花
村林久子
遠嶺
200412
撚糸の技次男が継ぎし鳳仙花
河村泰子
ぐろっけ
200201
見るもののすべて教材鳳仙花
近藤倫子
ぐろっけ
200212
蝉しぐれ静かさを増す鳳仙花
栢森定男
風よ
200407
鳳仙花「家出のすすめ」立讀みす
竹貫示虹
京鹿子
200508
鳳仙花いざなふ奥に廃家あり
松元末則
酸漿
200509
通院の路地を彩る鳳仙花
先崎きくよ
酸漿
200510
忙しなく居ればほろほろ鳳仙花
岡本眸
200510
鳳仙花分教場への径ふさぐ
疋田華子
万象
200511
鳳仙花化粧はじめし隣の子
門脇なづな
対岸
200511
幸せは声にでにけり鳳仙花
遠野萌
200511
小童の花の名を問ふ鳳仙花
田宮勝代
酸漿
200512
爪染めし幼き日々や鳳仙花
鈴木美鈴
酸漿
200512
手を貸して遠く弾くや鳳仙花
菊地惠子
酸漿
200512
鳳仙花いつも何かに急かれゐる
吉田島江
火星
200512
鳳仙花はじけ鶏駆け出しぬ
西畑敦子
火星
200512
鳳仙花病後の爪の伸びやすし
師岡洋子
ぐろっけ
200512
一触即発の鳳仙花と思ふ
杉良介
200607
またひとつ蜑が家解かれ鳳仙花
荒井千佐代
200610
鳳仙花の種とばさむと引返す
西山美枝子
酸漿
200610
風雅とはこころのまこと鳳仙花
小澤克己
遠嶺
200611
鳳仙花子規の齢を思ひをり
府川房江
遠嶺
200612
前髪を香らせ夜の鳳仙花
津田礼乃
遠嶺
200612
鳳仙花咲かせ待たるる冬扇忌
川口利夫
ホトトギス
200701
ひら仮名の便りの届く鳳仙花
中條今日子
万象
200701
何時しかに訛の失せて鳳仙花
林田江美
馬醉木
200702
爪染めし記憶の中の鳳仙花
清水裕子
200702
じやんけんの癖をよまれて鳳仙花
荻原正三
200703
おさげ髪以来のえにし鳳仙花
上原恒子
雨月
200710
今朝もまたすねる子とゐて鳳仙花
松葉よし江
200711
捨て猫の眼のひかる鳳仙花
中山皓雪
200711
鳳仙花背丈を凌ぐ髪梳きて
服部鹿頭矢
馬醉木
200711
鳳仙花駅のホームに日陰なく
山本康
200711
鍼灸院の路地奥まるに鳳仙花
西形佐太郎
200712
遺影には遺影の月日鳳仙花
高橋邦夫
風土
200712
路地ゆくや触れてもみたき鳳仙花
亀ケ谷照子
遠嶺
200712
鳳仙花はぐれ雀のこぼしけり
飯田明己
遠嶺
200712
子等の声はじけて路地の鳳仙花
原田敦子
酸漿
200712
鳳仙花あつと言ふ間に別れけり
加藤君子
火星
200712
鳳仙花となりのひとはうはさ好き
平佐和子
京鹿子
200801
早口な姑娘言葉鳳仙花
田中敬
200802
土蔵は時を留めて鳳仙花
曷川克
遠嶺
200802
鳳仙花紅より白の目立つ庭
稲畑廣太郎
ホトトギス
200808
媼ふたりの秋耕鳳仙花を残し
藤田宏
200810
花ざかりといへど鳳仙花はさびし
藤田宏
200810
「わたくし」に触らないでよ鳳仙花
宮崎左智子
200811
我が心なほ反抗期鳳仙花
宮田香
200811
ままごとの友も老いたり鳳仙花
鼠津野朝子
馬醉木
200811
鳳仙花エンゲル係数上り坂
笠真木
炎環
200811
庭下駄の軽き音あり鳳仙花
大澤洋子
酸漿
200811
ミサイルのひそむ里山ほうせんくわ
吉村はづき
炎環
200911
鳳仙花勝手口より来る次男
鈴木友寄枝
炎環
200812
鳳仙花夜明けとともに旅に出づ
清水晃子
遠嶺
200812
鳳仙花はじけてをりぬ閻魔堂
関口青稲
万象
200812
母と子に古里ふたつ鳳仙花
前田貴美子
万象
200812
鳳仙花弾けて飛んで母の墓
堀田清江
雨月
200812
濁声の昼の鶏鳴ほうせんくわ
荒井千佐代
200912
耳鼻科医院の本日休診鳳仙花
細川和子
炎環
200901
老人はカタカナ嫌ひ鳳仙花
高倉恵美子
200901
裏木戸の犬顔見知り鳳仙花
竹下陶子
ホトトギス
200904
ちちははに修羅のひところ鳳仙花
藤原照子
200909
無住寺の朽ちたる塀の鳳仙花
中村芳夫
200910
ぽんと手を打てる心地や鳳仙花
稲田和子
200911
故里を捨てし一罪鳳仙花
竹下陶子
ホトトギス
200911
鍵かけてあるうさぎ小屋鳳仙花
壬生きりん
炎環
200911
病む母に方便の嘘鳳仙花
窪田粧子
馬醉木
200911
潮の香の溜まる路地裏鳳仙花
渡邉美保
火星
200911
父母のなき故郷に咲けり鳳仙花
大澤洋子
酸漿
200911
寄り道の多きひと日や鳳仙花
一ノ木文子
炎環
200912
約束のゆびきりを児と鳳仙花
岡田史女
末黒野
200912
出合ふたび微笑み見せて鳳仙花
大西まりゑ
酸漿
200912
寺の子のことに色白鳳仙花
井口光雄
201001
ほろほろと記憶こぼるる鳳仙花
倉科紫光
馬醉木
201001
早暁の旅路となりぬ鳳仙花
稲畑汀子
ホトトギス
201008
落日の彩を色とし鳳仙花
鈴鹿仁
京鹿子
201009
長靴で飛び出す子供鳳仙花
あさなが捷
201010
世界地図ひろげしままや鳳仙花
谷村幸子
201011
鬱々と終る一日か鳳仙花
渋谷ひろ子
酸漿
201011
をさな子の小さき反抗鳳仙花
三川美代子
201012
逢へばすぐ幼なにかへる鳳仙花
北川孝子
京鹿子
201012
門錆びて夜明けの色の鳳仙花
鴨下昭
201012
泣かされし子はもう駆けて鳳仙花
松田泰子
末黒野
201101
今朝の風待ちて弾けし鳳仙花
内藤三男
ぐろっけ
201101
うす紅の茎に合はせて鳳仙花
澤浦緑
ぐろっけ
201101
仮面劇を守り継ぐ村鳳仙花 坂根宏子 201110  
普段着を少し派手目に鳳仙花 石橋公代 春燈 201111  
鳳仙花弾け一歩の距離ひろぐ 間島あきら 風土 201111  
鳳仙花はぜて淋しさふやしけり 鷹崎由未子 花野 201112  
鳳仙花夫との思ひ出弾けとぶ 久永つう 瀬戸の海 201203  
廃校にむかしをとばす鳳仙花 臼杵游児 春燈 201210  
老母に老いを学べり鳳仙花 鈴木セツ 201210  
約束を真に受けとりし鳳仙花 江見巌 六花 201210  
病人はみな仲良しや鳳仙花 高倉恵美子 201210  
児童帽のゑみはじけるや鳳仙花 安田一郎 京鹿子 201211  
言い淀むしがらみ弾く鳳仙花 中岡佐知子 ぐろっけ 201211  
錠前の紋のうす錆鳳仙花 神田恵琳 春燈 201212 子規庵
折鶴のはじめ三角鳳仙花 前田貴美子 万象 201301  
自転車は補助輪のまま鳳仙花 田岡千章 201301  
鳳仙花小樽の街の駐在所 中村則夫 やぶれ傘 201302  
髪切って少し迷って鳳仙花 陽山道子 おーい雲 201304  
泣いて笑って今生きてゐる鳳仙花 斉藤裕子 あを 201311  
路地の土今も昔も鳳仙花 水野範子 ぐろっけ 201311  
訃の家に燥ぎ過ぎです鳳仙花 塩路隆子 201311  
宿帳を綴る紙繕や鳳仙花 割田容子 春燈 201311  
熱くない西日の中に鳳仙花 瀧春一 花石榴 201312  
飴なめて昔が恋し鳳仙花 安田とし子 ぐろっけ 201312  
八十路とて会へば青春鳳仙花 松本恒子 ぐろっけ 201312  
鳳仙花遊び心は衰へず 福島茂 201312  
余震かと一人笑ひの鳳仙花 鴨下昭 201312  
鳳仙花三国湊の思案橋 大森尚子 風土 201402  
鳳仙花うそうそどきの子の名呼ぶ 佐藤喜孝 あを 201408  
鳳仙花兄の遺せし寮歌集 樺山翠 雨月 201411  
鳳仙花幼馴染に文を書く 樺山翠 雨月 201411  
一触即発呵々大笑の鳳仙花 岸本久栄 雨月 201411  
鳳仙花京の町家の奥深き 武生喜玖乃 雨月 201411  
つまらぬ日はじき飛ばそう鳳仙花 山田正子 201412  
踏ん切りは風の一押し鳳仙花 三木千代 201501  
じやんけんで母をはげます鳳仙花 前田貴美子 万象 201501  
鳳仙花爆ぜて佃の船溜り 鈴木鳳来 故山 201505  
鳳仙花美人薄命と笑うてやる 斉藤裕子 あを 201506  
うつちゃりといふ手もあるさ鳳仙花 斉藤裕子 あを 201507  
人の名をするする忘れ鳳仙花 田中藤穂 あを 201510  
弾けたき我のをりけり鳳仙花 土井ゆう子 風土 201511  
昏れてなほ機音の路地鳳仙花 武生喜玖乃 雨月 201511  
歳月を巻き戻したり鳳仙花 中田禎子 201512  
裸婦像の右目の愁ひ鳳仙花 加藤峰子 201512  
誰も住まぬ父母の家鳳仙花 平野みち代 201512  
考へて別の生き方鳳仙花 岡野ひろ子 201512  
にこにこと甘党ばかり鳳仙花 松田泰子 末黒野 201512  
腑に落ちぬことの続きぬ鳳仙花 森清堯 末黒野 201512  
ほろほろと夕日をこぼす鳳仙花 大木清美子 201601  
道問へば添うてくるる子鳳仙花 堀田順子 馬醉木 201610  
鳳仙花はじけて古稀の出来心 栗原公子 201611 鳳仙花 →2

 

2020年9月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。