つまべに (つまくれない)    21句

悼夏目雅子さん

爪紅の雨遠がこみ雅子の死  長谷部朝子  暖流

鳳仙花  つまべに

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
爪紅や母の少女の日の写真 伊蘭重美 俳句通信 200110  
つまくれなゐズックの靴の破れかな 篠田純子 あを 200410  
爪紅を試斬りせし肥後の守 佐藤喜孝 あを 200410  
つまべにをつけて八方美人かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200608  
爪紅の境内外れて弾けたる 瀬川公馨 200611  
つまべにの手触れむとすを種はじく 大橋敦子 雨月 200709  
人拂ひするやつまべに弾けたる 延広禎一 200901  
眥の男気質やつまくれなゐ 鈴木梨枝子 炎環 200911  
触ルナといふ名爪紅種はぜて 定梶じょう あを 201005  
皆触れてつまくれなゐの種とばす 稲畑汀子 ホトトギス 201008  
つまべにの弾ける前に打ち明けよ 風間史子 201011  
つまべにやはなしをすればはじけさう 本多俊子 201101  
石庭のうしろに控へつまくれなゐ 田中貞雄 ろんど 201101  
慰めにつまべに弾く人づかれ 吉村さよ子 春燈 201111  
つまべにを択みて少女めくことも 小林輝子 風土 201112  
爪紅のさねはじかせて心足る 野村鞆枝 京鹿子 201312  
つまべにの咲いてこぼれて百日忌 堀田清江 雨月 201412  
嫁ぎ行くつまくれなゐに見送られ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201708  
嫁ぎ行くつまくれなゐに見送られ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201708  
つまべにの咲けば小さき物語 塩貝朱千 京鹿子 201711  
つまべにに君の心を染め上げて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201808  

 

2018年9月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。