酸 漿     26句  (青酸漿は夏)

鬼灯  ほほづき  酸漿

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
酸漿の滴を青く雨上る 井口初江 酸漿 199909  
苦虫を噛めば酸漿鳴りにけり 鈴木まゆ 馬醉木 200010  
酸漿や戦争知らぬ祖母もゐて 奥田筆子 京鹿子 200201  
花酸漿天眼鏡でながめけり 松崎鉄之介 200209  
酸漿のやうやく鳴りぬ習ひ海女 前田青紀 馬醉木 200210  
降らぬまま酸漿市のにぎはへり 岡光子 酸漿 200310  
青酸漿はじける寸前まで圧すも 岡井省二 省二全句集 200312  
酸漿の眞赤や指のつめたさも 中山純子 万象 200412  
酸漿の寸土の湿りほどの愛 高橋澄子 200510  
酸漿の音出でにけり諸声す 中島陽華 200511  
酸漿の星の嚆矢に開きゐる 禰寝瓶史 京鹿子 200611  
千成酸漿鹿骨育ち誇りけり 生田高子 春燈 200709  
酸漿の肩にさしたる紅の色 阿部ひろし 酸漿 200709  
ふと仰ぐ空の狭しや酸漿市 林翔 200710  
父の墓父の植ゑたる酸漿を 林敬子 酸漿 200711  
酸漿市のご利生鉢の朱を愛づる 佐藤史づ代 雨月 200811  
酸漿を雨やはらかく包みをり 阿部悦子 酸漿 200811  
みちのべの深山酸漿摘んでみやう 吉弘恭子 あを 200909  
綾子忌を呼んで酸漿色づきし 大坪景章 万象 200910  
姉威張りせし酸漿を鳴らす骨 丸井巴水 京鹿子 201011  
酸漿の花の白さや愛宕山 篠田純子 あを 201308  
酸漿もスカイツリーも円きこと 山本久江 201310  
酸漿の笛海峡の藍濃くす 葉山彰 ろんど 201412  
遠山に帰る雲あり海酸漿 戸栗末廣 201609  
朱く朱き酸漿を淡墨で画く 中川句寿夫 あを 201609  
天網や花酸漿の咲きてこそ 竹内悦子 201709  
鳴らしかた教へ酸漿ひとつ売る 橋本榮治 馬醉木 201812  
酸漿売雷門に待つてをり 橋本榮治 馬醉木 201812  

 

2020年8月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。