春の雪 8      200句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
天のあり受くる地のあり春の雪 山根征子 201105  
庭のものみな清浄に春の雪 廣瀬義一 雨月 201105  
もう一度白紙にもどし春の雪 中野京子 201105  
まなうらに灯る笑顔や春の雪 木村傘休 春燈 201105  
追ひ打ちのごと被災地の春の雪 小野口正江 末黒野 201106  
津波跡隠しきれずに春の雪 中田寿子 ぐろっけ 201106  
原子炉も地震も鎮まれ春の雪 近藤きくえ 201106  
世の雑事包み込むやに春の雪 家塚洋子 酸漿 201106  
瑞垣のむかうまさらの春の雪 瀬川公馨 201106  
新刊の蕪村を買ひに春の雪 福田雅子 万象 201106  
春の雪露地の奥まではなやげり 山田正子 201106  
春の雪誰かのせいにしたくなり 倉持梨恵 201106  
春の雪真珠の海に残る秘話 岩永充三 201106  
春の雪高速艇のすべり出す 高木篤子 ぐろっけ 201106  
春の雪降る激震の後の町 菅野蒔子 末黒野 201106  
春の雪光となりし湖面かな 中川すみ子 201106  
春の雪ばさりばさりと杉木立 福田かよ子 ぐろっけ 201106  
春の雪だれかヘメールしたくなり 五十嵐章子 201106  
春の雪すぐに雫となりにけり 蟻蜂 六花 201106  
幼子は厨が好きで春の雪 苑実耶 201106  
野良猫の足跡著し春の雪 金森涼 春燈 201106  
明け方に一と時盛ん春の雪 鈴木とおる 風土 201106  
名園に点景残し春の雪 橋本くに彦 ホトトギス 201106  
病窓の一日飽かず春の雪 山口まつを 雨月 201106  
被災跡被ひつくせぬ春の雪 山田をがたま 京鹿子 201106  
伝言板に群がる人や春の雪 西垣順子 201106  
弟のむかはり修す春の雪 乗鞍三彦 春燈 201106  
ダイヤモンドダストのごとく春の雪 上村葉子 風土 201106  
チェンソーの吃りの中を春の雪 久世孝雄 やぶれ傘 201106  
アカペラの歌声背にし春の雪 西躰いとの ぐろっけ 201107  
春の雪同窓会が馴初めに 苑実耶 201108  
春の雪湯屋まで猿の下り来たる 柳澤宗正 万象 201108  
春の雪待合室の人いきれ 高橋均 やぶれ傘 201108  
ヨセミテの谿谷靄ふ春の雪 竹内悦子 ちちろ虫 201108  
土塊に濡れてをりけり春の雪 根岸善行 風土 201201  
ともかくも山より下りて春の雪 稻畑汀子 ホトトギス 201202  
春の雪帰路に不安のつのる午後 稻畑汀子 ホトトギス 201202  
春の雪つのるばかりの帰路となる 稻畑汀子 ホトトギス 201202  
山降りて来たる安堵の春の雪 稻畑汀子 ホトトギス 201202  
調律師来てゐる家や春の雪 西村節子 火星 201203  
ねぎらはれほどけゆくもの春の雪 篠田純子 あを 201203  
柿葺の八脚門に春の雪 松下八重美 夢見の鐘 201203  
春の雪畑の起伏そのままに 石黒興平 末黒野句集 201203  
春の雪紅茶に落すブランデー 吉岡孝子 末黒野句集 201203  
一分の黙祷ながし春の雪 堀内一郎 あを 201203  
古木の洞埋めるごとくに春の雪 早崎泰江 あを 201204  
谷崎が筆止めし窓春の雪 品川鈴子 ぐろっけ 201204  
洗場の掟仰ぐや春の雪 坂上香菜 201204 郡上八幡
初春の雪踏む若狭一の宮 田中佐知子 風土 201204  
春の雪道路の隅に残りをり 田島昭久 かさね 201204  
春の雪首都一円を制したり 大橋晄 雨月 201204  
春の雪紅少し濃く家を出る 田中藤穂 あを 201204  
春の雪境界線の血糖値 渡辺安酔 201204  
春の雪花見小路に若き僧 杉本薬王子 風土 201204  
春の雪スカイツリーの竣工す 須賀敏子 あを 201204  
野仏のあたま丸く春の雪 大日向幸江 あを 201204  
「和顔愛語」五合庵に降る春の雪 杉本薬王子 風土 201204  
児童画のかがやいてをり春の雪 早崎泰江 あを 201204  
不老水青竹のふた春の雪 田中藤穂 あを 201204  
熱あれば母ひとりじめ春の雪 河崎尚子 火星 201204  
歳月に欠けし狛犬春の雪 田中藤穂 あを 201204  
土手蔽ふ小笹の間に春の雪 森理和 あを 201204  
電車待つはや薄白く春の雪 長崎桂子 あを 201204  
おくれ毛のカールに絡む春の雪 橋本正二 201204  
カフェラテにハートの形春の雪 座古稔子 201204  
湖に落ち水に溶け込む春の雪 坂上じゅん かさね 201205  
ひたすらに秒針ひたむきに春の雪 栗栖恵通子 201205  
あるごとくなきがごとくに春の雪 黒澤登美枝 201205  
喪の明けし三日ばかりを春の雪 奥田順子 火星 201205  
千枚の記憶画一握の春の雪 栗栖恵通子 201205  
絶対はひとひら舞へる春の雪 中野京子 201205  
銀鈴の鳴り出す如く春の雪 柳生千枝子 火星 201205  
西洋医学厭ひて逝けり春の雪 笠井敦子 201205  
とぶやうに若者は行く春の雪 山崎靖子 201205  
眼科医の指やはらかし春の雪 谷田部栄 万象 201205  
掌の中にマウスの火照る春の雪 林昭太郎 201205  
梛の葉の雫となりぬ春の雪 大坪景章 万象選集 201205  
六十四年遂に一人や春の雪 大島翠木 201205  
そろそろと歩む坂道春の雪 町山公孝 201205  
春の雪妣愛用の姫鏡台 松岡和子 201205  
春の雪父の遺影の笑みさみし 井上春子 春燈 201205  
春の雪日がな機織り唄かなし 三谷道子 万象 201205  
春の雪太筆に墨含ませて 杉浦典子 火星 201205  
春の雪積もる名残の寒椿 塩田博久 風土 201205  
春の雪雀は足をすべらしぬ 三輪慶子 ぐろっけ 201205  
春の雪光の中を落ちにけり 森高武 風土 201205  
灰色の空割り春の雪降れり 岡野ひろ子 201205  
その下に小流れをきき春の雪 中山純子 万象選集 201205  
せつかちに溶くる都会の春の雪 川崎真樹子 春燈 201205  
有耶無耶へ返すうやむや春の雪 だいじみどり 201205  
せせらぎの水に戻りし春の雪 山田正子 201205  
宝冠のごと棒杭に春の雪 河口仁志 201205  
百蕾の息潜ませて春の雪 犬塚李里子 201205  
半鐘ある十戸の村です春の雪 浅野吉弘 201205  
音もなくカーテンよぎる春の雪 市橋香 ぐろっけ 201205  
梅が枝の震となりし春の雪 大坪景章 万象 201205  
二十六聖人み足に春の雪しきり 南光翠峰 馬醉木 201205  
豆を煮る焔@細めし春の雪 中野あぐり 春燈 201205  
天つちの呼応は無音春の雪 山崎靖子 201205  
カップ麺曇った窓と春の雪 篠田純子 あを 201205  
わた菓子のやうにふんはり春の雪 吉野夢宙 201205  
鎮魂の大海原や春の雪 上家弘子 ろんど 201206  
町並を白に浄めて春の雪 中野久雄 末黒野 201206  
玄関に女の声や春の雪 大坪景章 万象 201206  
金剛の麓寺巡り春の雪 岡田満喜子 ぐろっけ 201206  
静けさや湯島の坂に春の雪 稲垣佳子 末黒野 201206  
ちりばめる万葉仮名や春の雪 池内結 万華鏡 201206  
松が枝の払ふに惜しき春の雪 塚越弥栄子 末黒野 201206  
小流れの音のふくらみ春の雪 吉田きみえ 末黒野 201206  
初恋の記憶あやふや春の雪 宮井知英 201206  
瓦礫やまやさしく抱く春の雪 古林田鶴子 ぐろっけ 201206  
外つ国を眞白に染めし春の雪 水谷直子 京鹿子 201206  
露座仏の目鼻失ひ春の雪 田村加代 末黒野 201206  
春の雪舞ひきて頬の涙となり 水谷直子 京鹿子 201206  
春の雪真夜隣人の音響く 福田かよ子 ぐろっけ 201206  
春の雪降りたり亡夫の誕生日 野澤あき 火星 201206  
春の雪パソコンしたり猫したり 中原幸子 船団 201206  
春の雪べらんめえ調に消えゆけり 竹田ひろ子 ろんど 201206  
流れたる句会降り積む春の雪 石黒興平 末黒野 201206  
いつまでも娑婆に未練の春の雪 滝沢幸助 春燈 201206  
宗鑑は一間に寝起き春の雪 細川知子 ぐろっけ 201206  
綿菓子のさまや小枝の春の雪 清水和子 末黒野 201206  
夢殿の屋根よりしづる春の雪 山田春生 万象 201206  
捨てきれぬ句のたまりをり春の雪 戸田澄子 末黒野 201206  
本といふ魔物のとりこ春の雪 永塚尚代 ぐろっけ 201206  
しんしんと川面に消ゆる春の雪 石黒興平 末黒野 201206  
梅林の「あらあら」の声春の雪 白石正躬 やぶれ傘 201206  
一生はまばたきに似て春の雪 伊藤7紀子 ろんど 201206  
ポタポタと雫急くなり春の雪 坂上じゅん かさね 201206  
閏日の街しんしんと春の雪 河合とき 末黒野 201206  
あの人も同じ眺めか春の雪 松本アイ ぐろっけ 201207  
春の雪風評害の石積まれ 伊藤希眸 京鹿子 201207  
春の雪八百屋までとて油断せり 児玉有希 京鹿子 201207  
出席と返事出せずに春の雪 児玉有希 京鹿子 201207  
音もなく降り音なく止む春の雪 古川忠利 ろんど 201207  
三尊の二尊は低し春の雪 柴田佐知子 201207  
天帝の瞬かれたる春の雪 竹下陶子 ホトトギス 201208  
松に載り石には消ゆる春の雪 木村享史 ホトトギス 201209  
糶終へて河岸の台車に春の雪 北崎展江 くりから 201209  
猫と犬ゆきし足跡春の雪 神山市実 やぶれ傘 201209  
春の雪握り鋏に熱籠り 林昭太郎 あまねく 201210  
銑鉄は井桁に積まれ春の雪 高橋龍 201212

銑錘脹匁勺

常用漢字表

から除外

とことはに地にはとどかぬ春の雪 佐藤喜孝 あを 201212  
先斗町灯ともし頃を春の雪 尾崎みつ子 雨月 201301  
枝々へ花にならんと春の雪 布川直幸 201301  
一二片やがて無尽に春の雪 布川直幸 201301  
降り積むは常磐木にこそ春の雪 細野恵久 ぐろっけ 201302  
喧噪のMRI抜け春の雪 細川洋子 201303  
蔵街の灯の濡るる春の雪 高橋あさの 201303  
軽井沢には春の雪よく似合ふ 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
折り紙の音の続きぬ春の雪 辻美奈子 201303  
極楽坊あたりはげしき春の雪 山尾玉藻 火星 201303  
杖置いて父は来世へ春の雪 柴田佐知子 201303  
春の雪降るかな知れぬ旅路かな 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
春の雪景色も旅の一部分 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
春の雪より抜け出でし旅路あり 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
集合は軽井沢駅春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
指置けばくもる鍵盤春の雪 林昭太郎 201303  
白無垢と見たてし松の春の雪 安藤虎酔 かさね 201303  
東京にふたたび春の雪の朝 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
印象の去らぬ明るさ春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 201303  
置き去りの水色自転車春の雪 陽山道子 おーい雲 201304  
見下ろせる川面や消ゆる春の雪 石原節子 春燈 201304  
喧噪のMRI抜け春の雪 細川洋子 201304  
蔵街の灯の濡るる春の雪 高橋あさの 201304  
けふの眉歌麿めくや春の雪 西郷慶子 201304  
折り紙の音の続きぬ春の雪 辻美奈子 201304  
あはあはと積りて融けて春の雪 和田郁子 201304  
春の雪カフェラテにはシュガー抜き 杉本薬王子 風土 201304  
春の雪アダモの歌の遠くなり 竹内悦子 201304  
いつせいに壺の花咲く春の雪 戸栗末廣 201304  
指置けばくもる鍵盤春の雪 林昭太郎 201304  
突き出しはのれそれといふ春の雪 杉本薬王子 風土 201304  
黒づくめの人版画めき春の雪 小澤菜美 201304  
行間のゆるみ気になる春の雪 大湊栄子 春燈 201304  
中空のすきますきまに春の雪 大東由美子 火星 201305  
知恵のやうに切株据る春の雪 宇都宮敦子 201305  
大磯の町を一刷毛春の雪 川村文英 ろんど 201305  
薪割りの翁のけぶる春の雪 坂口夫佐子 火星 201305  
神鈴の紐の古りざま春の雪 宮崎紗伎 春燈 201305  
幾たびも春の雪降る別れかな 上山永晃 鶴翼 201305  
新宿の空より来たる春の雪 きくちきみえ やぶれ傘 201305  
焼鳥屋のバーナー赤し春の雪 藤本千鶴子 火星 201305  
街道の六足門や春の雪 藤本秀機 201305 尼子
肋木の片側につく春の雪 竹内弘子 あを 201305  
露天湯の母子のこゑや春の雪 成田美代 201305  
春の雪壁に青児のをんなかな 土井ゆう子 風土 201305  
春の雪舞ふ馬場町交差点 小林成子 火星 201305  
春の雪赤い車に降つてをり すずき巴里 ろんど 201305  
春の雪新幹線に喪服着て 門伝史会 風土 201305  
春の雪消えゆく先の潦 古川夏子 201305  
春の雪志功菩薩の黒ほくろ 高橋照葉 ぐろっけ 201305  
迷ひ猫探す貼紙春の雪 桂敦子 201305  
万霊を鎮めて積もる春の雪 佐藤信子 春燈 201305  
あつといふ間にも町へと春の雪 出口誠 六花 201305  
本堂の和讃の声や春の雪 森清信子 末黒野 201305  
忘却の二・二六事件春の雪 藤田かもめ ぐろっけ 201305  
母の忌のまたひとしきり春の雪 武生喜玖乃 雨月 201305  
家具店の鏡に春の雪頻り 村上倫子 201305  
風止んでふらふらと落つ春の雪 出口誠 六花 201305 春の雪→ 9

 

2020年3月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。