春の雪 5      100句

良寛のひとりあそびに春の雪    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ペンギンの十字に泳ぐ春の雪 松井倫子 火星 200605  
飛び石の形まちまち春の雪 安田とし子 ぐろっけ 200605  
春の雪白鳥句碑の辺より解け 内藤恵子 万象 200605  
唇に触れて消えゆく春の雪 田所洋子 雨月 200605  
灯の映る川面ぞ消ゆる春の雪 青木政江 酸漿 200605  
子に近くをりて孤独や春の雪 川上弥生 200605  
曇天の日が立春の雪降らす 長沼三津夫 200605  
傍らにあたたかき人春の雪 田中藤穂 あを 200605  
お茶の葉のゆつくりひらき春の雪 飯島かほる 対岸 200605  
屋根石の尚磊々と春の雪 瀧春一 常念 200606  
春の雪乗せて始発の電車発つ コ田正樹 河鹿 200606  
お手玉の杵柄古りて春の雪 園田その子 河鹿 200606  
転勤の友を惜しめば春の雪 峰尾秀之 200606  
父恋へば問はず語りに春の雪 市ヶ谷洋子 馬醉木 200606  
葬りの穴に降り込む春の雪 山口素基 万象 200606  
大三輪の神杉に降る春の雪 谷村幸子 200606  
粉砂糖ふるひしほどの春の雪 与川やよい 遠嶺 200606  
春の雪焦げ目程よきマドレーヌ 佐山苑子 遠嶺 200606  
日の当る葉蘭の奥の春の雪 長田曄子 火星 200606  
春の雪全館チヤイムの朝食刻 丸山冬鳳 京鹿子 200606  
春の雪館内傘壽の「誕生会」 丸山冬鳳 京鹿子 200606  
諍ひも母子の仲や春の雪 吉田多美 京鹿子 200606  
春の雪足の跡よりにじみ溶け 丹生をだまき 京鹿子 200606  
東京に陋巷のなし春の雪 瀧春一 瓦礫 200606  
スコアボードきれいに消され春の雪 城間芙美子 対岸 200606  
父母の寄り添ひてゆく春の雪 松谷知子 対岸 200606  
コーヒーにシナモンステイツク春の雪 林いづみ 風土 200606  
春の雪一人で入るロードシヨウ 奥田弦鬼 風土 200606  
おもむろに雪沓運ぶ春の雪 内田和子 酸漿 200606  
しばらくは楽しく見をり春の雪 大野ツネ子 酸漿 200606  
前山を忽ち覆ふ春の雪 大野ツネ子 酸漿 200606  
約束の一つ果せず春の雪 内山巳代子 酸漿 200606  
かつて来し町に迷ひて春の雪 福間須美江 200606  
風の間に浮力捉へて春の雪 湯川雅 ホトトギス 200607  
しろがねの淡きことづて春の雪 佐土井智津子 ホトトギス 200607  
春の雪文束ねればオルゴール 井上菜摘子 京鹿子 200607  
驚きはいつも新鮮春の雪 高安勝三 遠嶺 200607  
春の雪積もりし朝の静けさよ わかやぎすずめ 六花 200607  
忘れたき想い覚ますな春の雪 わかやぎすずめ 六花 200607  
頬伝う涙が春の雪となる わかやぎすずめ 六花 200607  
山焼の残りし阿蘇や春の雪 竹内志げ子 酸漿 200608  
明け鴉春の雪踏みはしゃぎ鳴く 漢隆司 八千草 200608  
漂着のハングル文字に春の雪 井上博 八千草 200608  
春の雪あらもう晴れてしまひけり ことり 六花 200609  
春の雪風鶴居士の肩にかな 林いづみ 風土 200611  
みささぎの杉より春の雪しづり 浅田光代 風土 200611  
春の雪囁くやうに降りにけり 須藤美智子 風土 200701  
嵩なして退職の日の春の雪 小林呼渓 200703  
スリッパのつま先の闇春の雪 山尾玉藻 火星 200703  
その下に小流れをきき春の雪 中山純子 万象 200704  
湖に鴨ゐてけふの春の雪 山尾玉藻 火星 200704  
産月の牛が人恋ふ春の雪 小山香月 酸漿 200704  
若狭から届きし魚と春の雪 竹中一花 200705  
心字池に舞うて入りけり春の雪 谷村幸子 200705  
限りなく零に近づく春の雪 中村恭子 200705  
春の雪湖国に古き駅舎あり 七種年男 200705  
定住の老いし野良猫春の雪 長谷川としゑ ぐろっけ 200705  
焼きたてのパン買ひに行く春の雪 苑実耶 200705  
とある宿出づれば飛騨路春の雪 中島静子 酸漿 200705  
春の雪沁みこむ鍋をかこみゐて 松下幸恵 六花 200705  
安住の地に光秀の墓春の雪 衣斐ちづ子 200705  
日を置いて書かれし葉書春の雪 斉藤裕子 あを 200705  
降り積る茂吉の墓に春の雪 阿部月山子 万象 200706  
春の雪ぜんまい織の筬響 阿部月山子 万象 200706  
稲荷山に春の雪呼ぶ省二かな 竹内悦子 200706  
百年の蔵取り壊す春の雪 山路紀子 風土 200706  
投票に土足を許す春の雪 杉田春雄 風土 200706  
昭和恋し面影橋に春の雪 岩淵彰 遠嶺 200706  
奥日光雨音止みて春の雪 新倉舒子 200706  
若草山の焼けあとしるく春の雪 石垣幸子 雨月 200706  
火入れ待つ素地の匂へり春の雪 荒井千佐代 200706  
放哉に道ならぬ恋春の雪 木田千女 200707  
光陰はのこぎり屋根に春の雪 小林和子 風土 200707  
力強く生きよと春の雪舞へり 安田久太朗 遠嶺 200707  
甲斐駒の雲の乱れや春の雪 永見嘉敏 酸漿 200707  
雪国の面目たちし春の雪 堀前小木菟 ホトトギス 200708  
蛇塚に吹き上げられし春の雪 竹中一花 200708  
喪の旅となりてふるさと春の雪 森ひろ 馬醉木 200710  
日の中に生まれし春の雪なりし 中野京子 翁草 200710  
ト書から荷くづれの音春の雪 井上菜摘子 京鹿子 200801  
日輪のかたちに降れる春の雪 山田六甲 六花 200802  
斜めなる竹に降りつむ春の雪 山田六甲 六花 200802  
春の雪悲の君の便りとも 稲畑廣太郎 ホトトギス 200803  
留守番の犬を包める春の雪 山田六甲 六花 200803  
目を伏せし睫毛を濡らす春の雪 ことり 六花 200803  
張り詰める唇ほどく春の雪 ことり 六花 200803  
二・二六とふ日のありし春の雪 水原春郎 馬醉木 200804  
いつのまに雨に変はりし春の雪 吉沢陽子 200804  
拳玉のすとんと坐る春の雪 浜口高子 火星 200804  
遠見なる橋は丹塗よ春の雪 林翔 200804  
春の雪ボレロ半音づつ上がり 荒井千佐代 200804  
黒服に溶ける間のあり春の雪 甲州千草 200804  
ラジオいま子犬のワルツ春の雪 西山美枝子 酸漿 200804  
いくたびも鵯のくる日や春の雪 根橋宏次 やぶれ傘 200804  
高圧線の下の住宅春の雪 丑久保勲 やぶれ傘 200804  
春の雪コーンフレークさわさわと 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
伊丹には鬼貫ありき春の雪 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
傘赤き舞妓の肩へ春の雪 池田加寿子 200805  
めざめ急くなと枝々へ春の雪 田中春生 200805  
春の雪見つめ遥かを見つめをり 山中宏子 200805

春の雪 6

 

2020年3月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。