春の雪 4      100句

春の雪青菜をゆでてゐたる間も    細見綾子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
すぐ消ゆる水輪を生めり春の雪 福井久生 200504  
寂寞たる若狭に春の雪降れり 福井久生 200504  
書けぬ文字読めぬ文字あり春の雪 須佐薫子 帆船 200504  
階を遥かに隔て春の雪 滝川あい子 雨月 200504  
復元の櫓に春の雪降れる 武本節子 築港 200504  
早春の雪に明るき鞍馬寺 深川知子 雲の峰 200504  
箒目をあらはに春の雪積る 伊藤たいら 雲の峰 200504  
掌を合はせ拝むあいさつ春の雪 辻恵美子 六花 200504  
にぎやかな一日たまはる春の雪 竹内弘子 あを 200504  
橋立に百選の道春の雪 柴野静 200505  
手術の日明日に決りぬ春の雪 大西八洲雄 万象 200505  
光年の天も祝ぐかに春の雪 北川英子 200505

祝 林先生

詩歌文学館賞

春の雪子の片言は琴のごとし 辻直美 200505  
春の雪長き旅路の無事祈り 矢嶋みつ江 遠嶺 200505  
山寺の石の階春の雪 矢嶋みつ江 遠嶺 200505  
石榻に束の間憩ふ春の雪 村田菊子 遠嶺 200505  
春の雪南の島の文開く 小山百合子 遠嶺 200505  
湯の宿に続く鉄路や春の雪 宮川迫夫 遠嶺 200505  
五線譜にをどる音符や春の雪 前田青紀 馬醉木 200505  
湯浴み女の浮世絵よべの春の雪 大島翠木 200505  
春の雪溺れさうなる蓬の芽 五十嵐暢子 対岸 200505  
グラタンのパセリのみどり春の雪 石川貞子 対岸 200505  
仰向けに寝てゐて春の雪の音 古宇田敬子 対岸 200505  
放哉のつぶやきに似て春の雪 浜福恵 風土 200505  
春の雪沈香いて籠りけり 島田和子 風土 200505  
春の雪切支丹灯籠の上に 布施まさ子 風土 200505  
耳たぶにありし母性や春の雪 中嶋陽子 風土 200505  
春の雪一気呵成に句集読む 青山正生 200505  
今日も亦あしたを待てり春の雪 百葉箱 京鹿子 200505  
抽斗の奥の秘めごと春の雪 柴田朱美 京鹿子 200505  
曖昧なことばこぼして春の雪 柴田朱美 京鹿子 200505  
春の雪積みゆく夜の百度石 森洋子 京鹿子 200505  
側室の碑は塀の外春の雪 森洋子 京鹿子 200505  
春の雪だらだら歩き銀座裏 須佐薫子 帆船 200505  
春の雪フオークダンスの連絡網 小池津や子 帆船 200505  
青竹の撓ひに乗りて春の雪 加藤夕陽子 百鳥 200505  
郵袋の口開いてゐる春の雪 浜口高子 火星 200505  
お晨朝終へし白洲の春の雪 高尾豊子 火星 200505  
春の雪文楽座より電話くる 山田美恵子 火星 200505  
記念樹の枝それぞれの春の雪 青木政江 酸漿 200505  
手仕事のひととき春の雪明り 青木陽子 酸漿 200505  
倒れたる人思ひをり春の雪 大里快子 酸漿 200505  
ふみしめてきしみに変はる春の雪 木内徴子 万象 200505  
春の雪にも大雪といふことも 長沼紫紅 200505  
ひとに逢ふ反乱めきし春の雪 尾堂Y 河鹿 200506  
静けさや春の雪積む筆の里 森藤千鶴 馬醉木 200506  
かな書の恋文めきし春の雪 山岡季郷 馬醉木 200506  
かき抱く膝の尖りや春の雪 祐森彌香 遠嶺 200506  
ふつふつと闇の穴より春の雪 市川英一 遠嶺 200506  
西行へつらなる師系春の雪 曷川克 遠嶺 200506  
日の中にうまれし春の雪なりし 中野京子 200506  
忌を遠くちちはは迎ふ春の雪 荒木甫 200506  
投函を夫にたのみし春の雪 杉浦典子 火星 200506  
飛石に凹みのありぬ春の雪 辻田明 200506  
ゆづり受く象牙の撥や春の雪 中里とも子 百鳥 200506  
熊野路に春の雪積む苔仏 宮原利代 ぐろっけ 200506  
分霊の神々の座に春の雪 関根洋子 風土 200506  
病んで子に白湯をもらひぬ春の雪 中嶋陽子 風土 200506  
一事にて袂を分かつ春の雪 工藤ミネ子 風土 200506  
春の雪或るいちにちの余暇余白 山元志津香 八千草 200506  
耳とほきふりする猫よ春の雪 滝沢環 京鹿子 200506  
春の雪触れたる枝の紅兆す 井上春子 春燈 200507  
あんこ屋のべんがら格子春の雪 中島陽華 200507  
世界地図眼移せし春の雪 馬場龍雨 200507  
画展出て激しき春の雪に逢ふ 初瀬啓子 200507  
春の雪土に届かぬうちに消え 荻江寿友 ホトトギス 200508  
春の雪がらんどうなるローカル線 真木早苗 八千草 200509  
春の雪どかんと開き直れたら 桑原泰子 八千草 200509  
ときにある開き直りも春の雪 桑原泰子 八千草 200509  
正座して式服畳む春の雪 高橋あゆみ 200510  
積るより解くる早さも春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 200602  
春の雪予報の出先ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200602  
春の雪より抜け出して来たるかと 稲畑汀子 ホトトギス 200602  
箸に巻く加賀の水あめ春の雪 飯高あい 対岸 200602  
春の雪予報に黙す都心かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200603  
淋しさをぬぐふ術なし春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 200603  
削られてゆく山飾る春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 200603  
春の雪この頃予報よく当る 稲畑汀子 ホトトギス 200603  
春の雪しきりにふりて誰もゐず 久保田万太郎 春燈 200603  
ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎 春燈 200603  
春の雪分譲墓地の見学会 山田六甲 六花 200603  
笠形や障子の穴の春の雪 山田六甲 六花 200603  
春の雪おにぎり山を隠しけり 山田六甲 六花 200603  
さんざめく地中のものや春の雪 天野きく江 200604  
赤き実に鳥の来てゐる春の雪 廣畑忠明 火星 200604  
古九谷の緑いや増す春の雪 堀口希望 200604  
起抜の戸外は春の雪あかり 中川悦子 酸漿 200604  
深々と篁に降る春の雪 河野政恵 酸漿 200604  
出勤に長靴下ろす春の雪 先崎きくよ 酸漿 200604  
シニアーの英語レツスン春の雪 楯野正雄 200605  
盆栽の松をうるほす春の雪 池谷市江 200605  
ちらつきし春の雪追暾が昇る 林翔 200605  
春の雪墨の流麗俳書展 荻野照 遠嶺 200605  
庭隅の猫の足跡春の雪 長瀬恒子 遠嶺 200605  
逝きし師の画帳開くに春の雪 渡邊睦夫 200605  
春の雪深々たりし師の命日 高木智 京鹿子 200605  
押入れに夫の杖ある春の雪 浜口高子 火星 200605  
春の雪菊菜畑を濡らしけり 戸栗末廣 火星 200605  
春の雪地下鉄人夫入れ替る 大山文子 火星 200605  
竹箒もて掃くに足る春の雪 長屋璃子 火星 200605 春の雪 5

 

2020年3月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。