春の雪 3       100句

泣蟲の杉村春子春の雪    久保田万太郎

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
さはさはと竹にあかるき春の雪 島田浩美 200305  
うたがひをほどくほほづゑ春の雪 柳川大亀 銀化 200305  
春の雪おぼろうどんの濁りあり 嵯峨根鈴子 火星 200305  
桐箪笥洗ひに出しぬ春の雪 志方章子 六花 200305  
しばらくは名残を惜しめ春の雪 菊谷潔 六花 200305  
大川をくだる舟影春の雪 水田清子 200305  
傘に透くふたひら三片春の雪 有馬和子 200305  
梅よりも白きものなし春の雪 佐藤喜孝 あを 200305  
誰が辿る轍の跡や春の雪 稲岡長 ホトトギス 200306  
貴婦人号へカメラの放列春の雪 金山藤之助 200306  
期末テスト終了チャイム春の雪 古川利子 200306  
比良山に美白効果や春の雪 白髭美佐子 200306  
頬杖の少女まどろむ春の雪 岩崎真理子 遠嶺 200306  
春の雪ふれて墓標にとどまらず 阿部悦子 酸漿 200306  
競りを待つ木材市場春の雪 田中英子 火星 200306  
飛石をぬらせる程の春の雪 吉田康子 火星 200306  
満願の笠に高野の春の雪 河村岳葉 築港 200306  
密に疎に急また緩に春の雪 大橋麻沙子 雨月 200306  
春の雪やさしき誤解賜はりぬ 滝本香世 百鳥 200306  
本の虫にならむ決意や春の雪 白髭美佐子 200307  
瑠璃光寺塔に降り来る春の雪 上原光代 酸漿 200307  
傘に聴く囁きめぐし春の雪 林翔 200307  
大き一片ありぬまことに春の雪 林翔 200307  
いつ降りて止みしや薄ら春の雪 北川英子 200307  
春の雪大き切手のエアメール 江坂衣代 百鳥 200307  
自転車の視界遮る春の雪 谷泰子 ぐろっけ 200307  
山荘に足止めされて春の雪 陶山泰子 ぐろっけ 200308  
湯殿にはヴィーナスの像春の雪 陶山泰子 ぐろっけ 200308  
念珠編む指しなやかに春の雪 池田光子 風土 200311  
馬柵つづく続きて春の雪けぶり 飯塚雅子 200401  
手で千切る石州半紙春の雪 久保知音 対岸 200402  
振り向けば見送られをり春の雪 中村房枝 六花 200402  
柿の木のかたちに春の雪となる 山尾玉藻 火星 200403  
烏骨鶏の小屋吊しあり春の雪 吉田島江 火星 200403  
春の雪昭和十一年の事 稲畑廣太郎 ホトトギス 200403  
その後のことに集ひぬ春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
春の雪降らす雲又通りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
桜田門半蔵門も春の雪 鷹羽狩行 200403  
春の雪ドア閉ぢてすぐ車発つ 北吉裕子 雲の峰 200404  
きびなごのごつたがへせる春の雪 山尾玉藻 火星 200404  
六根清浄一夜で溶けし春の雪 丸山佳子 京鹿子 200404  
常香を纏ひ陀羅尼や春の雪 安西静 帆船 200404  
城山の城隠るるや春の雪 井之口貢久 対岸 200404  
春の雪本屋に昼の灯のともり 狩野朝子 対岸 200404  
陶狸うつすら春の雪かぶる 加納花子 築港 200404  
稀に着し和服の裾に春の雪 舩越美喜 京鹿子 200405  
山脈の襞に残れる春の雪 永田あき 酸漿 200405  
声高き御忌の法要春の雪 大畠政子 雨月 200405  
春の雪しばしとどまるわが胸に 山田由利枝 雨月 200405  
春の雪春ウララてふ馬馳ける 森山のりこ あを 200405  
楮煮る釜に降り込む春の雪 酒井多加子 雲の峰 200405  
何時永久の旅に発つかも春の雪 泉田秋硯 200405  
春の雪かと見上げしが朴一花 林翔 200405  
反故焚くや雨まじりなる春の雪 河口仁志 200405  
少し濡れて慈愛と思ふ春の雪 子安教子 200405  
春の雪煮くづれしもの旨かりし 福井隆子 つぎつぎと 200405  
一歩に抱かれる猫や春の雪 中村房江 六花 200405  
本丸の礎石まばらに春の雪 古川昭子 栴檀 200405  
群青の川に溶け入る春の雪 角南知子 栴檀 200405  
菜畑を少し隠せる春の雪 石井悦子 風土 200405  
春の雪ときに激しく降つてをり 塩川雄三 築港 200405  
灯台の光の中に春の雪 鎌居千代 築港 200405  
太陽の出番さへぎり春の雪 奥村光子 築港 200405  
春の雪全身に受けペダル踏む 岡村容子 築港 200405  
空も陸もダイヤ乱るる春の雪 吉村初代 築港 200405  
春の雪僧衣に触れて直ぐに消ゆ 柴田咲子 築港 200405  
眼底の術後眩しき春の雪 柴野静 200406  
恍惚と降ってゐるなり春の雪 塩路隆子 200406  
木落としの山肌癒す春の雪 菅谷たけし 200406  
酒買ふて心待ちせる春の雪 江原輝陽子 帆船 200406  
春の雪引っ繰り返す目玉焼 木村みかん 200406  
東京の窓は閉め切り春の雪 玉川梨恵 200406  
捨てやうと木椅子拭きゐる春の雪 浜口高子 火星 200406  
結晶のなほ尖りけり春の雪 深澤鱶 火星 200406  
春の雪遺跡の穴の大きかり 助口弘子 火星 200406  
春の雪句碑の台座の分厚かり 小橋末吉 対岸 200406  
春の雪缶入紅茶温かし 沖増修治 百鳥 200406  
漢詩尋ねるツアーの発つに春の雪 松崎鉄之介 200406  
春の雪被りたる野の暮れそめし 小林優子 酸漿 200406  
水明楼欄干に春の雪積めり 小林優子 酸漿 200406  
春の雪千曲の流曲りたる 小林優子 酸漿 200406  
亡き人の吐息舞ふかに春の雪 小松鈴子 酸漿 200406  
いつの間に春の雪着し高尾山 高橋ふじ 酸漿 200406  
春の雪つもるホームの足湯かな 小松渓水 酸漿 200406  
春の雪小さき姉妹はひとつ傘 柳沢典子 酸漿 200406  
八甲田の嶺々厚き春の雪 田中きよ子 酸漿 200406  
ゆつくりと土の土色春の雪 藤田輝枝 対岸 200406  
北山杉まつ直ぐに降る春の雪 早乙女信 対岸 200406  
春の雪いつか止みたる落暉かな 小松崎緑 対岸 200406  
弘法の温酒たまはる春の雪 長沼冨久子 馬醉木 200407  
遺蹟より「久」の筆文字春の雪 山田怜子 遠嶺 200407  
春の雪遊びつつ空降りてきし 秋千晴 200408  
金箔の残る如来や春の雪 あさなが捷 200408  
まちまちに降つて降りやむ春の雪 八田木枯 夜さり 200409  
豆腐屋の金のラッパや春の雪 清水志 200502  
人の世に舞ひもどりきし春の雪 寺門丈明 あを 200502  
味噌蔵の引き戸のきしみ春の雪 安嶋都峯 対岸 200502  
小松菜と揚げの煮びたし春の雪 竹内弘子 あを 200503  
春の雪ロマンチックに降りやがる 山田六甲 六花 200503  
雨の糸より春の雪見えて来し 稲畑汀子 ホトトギス 200503 春の雪 →4

 

2020年3月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。