春の雪 2       100句

春の雪しきりに降りて止みにけり    白雄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春の雪水族館がにじみだす 竹内弘子 あを 200103  
生も死も書けば一文字春の雪 亀井美奈美 いろり 200104  
木々の影まろやかとなり春の雪 磯田富久子 200104  
御堂建つ空間よぎり春の雪 西澤信生 円虹 200104  
醤油の香りの蔵に春の雪 田村すゝむ 風土 200104  
流しくる竿竹売に春の雪 杉江茂義 俳句通信 200104  
手術受く窓を領して春の雪 木村杏子 雨月 200104  
春の雪傷に痒さの加はりぬ 甲州千草 200104  
牛ほうと追はれて帰る春の雪 甲州千草 200104  
宿坊の草屋根おほふ春の雪 青木政江 酸漿 200104  
沈黙もはつかに香る春の雪 朱間繭生 銀化 200104  
降るよりも舞はむこころに春の雪 林翔 200105  
巳の絵馬に春の雪ふる真昼かな 斉藤美穂子 200105  
日ざし浴び光と溶けし春の雪 小滝奈津江 酸漿 200105  
誕生日火宅をおほふ春の雪 大森美恵 風土 200106  
菰巻の色槌せてゐる春の雪 小島和子 百鳥 200106  
忠兵衛と出逢ひそうなる春の雪 加藤君子 火星 200106  
釘音のまた始まりぬ春の雪 神野祥子 海程 200106  
春の雪死して見開く魚の眼や 中塚龍之介 銀化 200106  
裸婦像の乳につもりし春の雪 石津裕美 200107  
夜はまた春の雪積む奴国あと 伊佐利子 海程 200107  
はたと止みはたと再び春の雪 岩垣子鹿 ホトトギス 200107  
いちめんに屋根光りをり春の雪 熊谷みどり いろり 200107  
春の雪だかれて見たき夢を見る 熊谷みどり いろり 200107  
見覚えの墓の字春の雪払ふ 松田裕子 六花 200107  
春の雪に腰まで埋めてチューリップ 池水雅子 200107  
逝くときも薄化粧して春の雪 稲見光 船団 200107  
美人画の視線の行方春の雪 平居澪子 六花 200107  
春の雪どこで止めやう万華鏡 井上莱摘子 京鹿子 200108  
春の雪冒険が今始まった 田中桜子 船団 200108  
かへるでの細枝雫や春の雪 能村登四郎 羽化 200110  
春の雪こころに降らせ籠りゐる 能村登四郎 羽化 200110  
積るより濡らして終る春の雪 能村登四郎 羽化 200110  
献花ある一机や窓に春の雪 田中武彦 六花 200112  
春の雪とは消えさうに消えさうに 稲畑汀子 ホトトギス 200202  
曳き売りの近江訛や春の雪 古川利子 200202  
犬の鼻ぬれて上向く春の雪 山田六甲 六花 200202  
春の雪小字をつつむ噂溶け 鈴鹿仁 京鹿子 200202  
春の雪いまひとときの滅びいろ 宇都宮滴水 京鹿子 200202  
春の雪天下分け目の山覚ます 村田孝子 京鹿子 200202  
春の雪雲抜けてをり着陸す 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
帰りには傘もさせざる春の雪 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
戦起こすな手をのべて受く春の雪 利根川妙子 200204  
春の雪夫に粥を炊きをれば 宇利和代 雲の峰 200204  
北山へ杉を見にゆく春の雪 坂本俊子 200204  
つぎ足しをしてゐる春の雪なる日 豊田都峰 京鹿子 200204  
曼陀羅に匂ふがごとく春の雪 石原歌織 銀化 200204  
贋物の大きな仏画春の雪 田中藤穂 あを 200204  
心中も不倫劇にも春の雪 小田元 六花 200204  
北へ走る田の面田の面の春の雪 久保晴子 雨月 200205  
御食津国の笥飯けいの大宮春の雪 中島知恵子 雨月 200205  
禰宜と巫女一つ傘なる春の雪 和田一 雨月 200205  
画眉鳥の声うるほへり春の雪 守屋井蛙 酸漿 200205  
紐ゆるく結ぶ畳紙や春の雪 青山岬 銀化 200205  
春の雪とは伝言のごとくふる 春川暖慕 銀化 200205  
眩しみつ糸紡ぐ母春の雪 柳堀喜久江 春耕 200205  
春の雪舞ふ満目の三次元 正木ゆう子 200205  
泉源の湯気しほからき春の雪 山田三江子 200205  
列車待つ旅の余白を春の雪 谷口みちる 200205  
理科室の窓を曇らす春の雪 池谷市江 200206  
石けんの香りを満たし春の雪 山村桂子 遠嶺 200206  
湯の町の猿蓑の句碑春の雪 上田繁 遠嶺 200206  
東尋坊の奈落へ春の雪舞へり 中島知恵子 雨月 200206  
春の雪強羅の宿の明取 松本文一郎 六花 200206  
黒き地に落ちては消ゆる春の雪 恩塚典子 ぐろっけ 200207  
春の雪積るつもりのなかりけり 宮原みさを 花月亭 200208  
落柿舎の今度は春の雪に逢ふ 宮原みさを 花月亭 200208  
子を生さぬ乳房やはらか春の雪 佐々木悦子 帆船 200301  
榛の木の巣箱あらはや春の雪 加古みちよ 冬菜畑 200301  
見る夢と喰ふ夢春の雪つもる 須佐薫子 帆船 200303  
山ながら依怙地に残す春の雪 丸山佳子 京鹿子 200303  
珈琲はネルをくぐりて春の雪 中原道夫 銀化 200303  
すだ椎に大きなうつろ春の雪 須賀敏子 あを 200303  
葦原の萌黄縅や春の雪 小野恵美子 馬醉木 200304  
うかららと僧を待つ間の春の雪 大東由美子 火星 200304  
くりからもんもん背鰭なり春の雪 中島陽華 200304  
相乗りの小銭をさがす春の雪 竹内弘子 あを 200304  
高草山明くれば白き春の雪 増田祐三 帆船 200304  
春の雪竹しなやかに耐へてをり 森脇恵香 雲の峰 200304  
降りしきりはたと止みけり春の雪 城戸愛子 酸漿 200304  
歌舞伎座の開くを待てり春の雪 青木政江 酸漿 200304  
大岳の肩装へる春の雪 東芳子 酸漿 200304  
ゆくりなく機微にも触れし春の雪 佐藤多恵子 銀化 200304  
春の雪浮力を長く維持したる 塩川雄三 築港 200304  
春の雪重なる絵馬を濡らしをり 池原秀子 築港 200304  
なつかしきものなぞりつつ春の雪 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
死はほんの先かも知れず春の雪 高橋道子 200305  
あてのなき恋文散らす春の雪 祐森彌香 遠嶺 200305  
房総の大きな波や春の雪 加古隆男 遠嶺 200305  
採り残す柚子にうつすら春の雪 青木政江 酸漿 200305  
春の雪雨となりつつ残りをり 大内恵 酸漿 200305  
春の雪きりたんぽ句碑残しけり 松崎鉄之介 200305  
春の雪大往生の通夜灯る 恩田甲 百鳥 200305  
地蔵にも序列ありけり春の雪 安西静 帆船 200305  
春の雪明日の検診結果かな 加藤隆平 帆船 200305  
横殴りとふ狼藉に春の雪 尾崎恭子 雨月 200305  
春の雪篩骨兵器となりたる日 吉弘恭子 あを 200305  
蛇塚や吹きあげられし春の雪 竹中一花 200305  
丘幾重生絹すずし仕立てに春の雪 柴田近江 200305  
故郷や等身大の春の雪 菅原健一 200305 春の雪 3

 

2020年3月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。