春の宵 1    100句

眼つむれば若き我あり春の宵   高浜虚子   五百句

春の宵  春宵

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
哺乳瓶かかえる赤ちゃん春の宵 甲田夏湖 船団 199811  
春の宵コピー機の名はコピコなり 朝倉晴美 船団 199811  
春の宵無鍵無錠の尉と姥 小堀寛 京鹿子 199901  
鯱のイルミネーション春の宵 稲畑廣太郎 ホトトギス 199904  
座布団と離れがたくて春の宵 村越化石 199905  
キス行ってキス来るメール春の宵 中原忽胡 船団 199906  
魯の国の礼楽を聞く春の宵 松崎鉄之介 199906  
脱ぎしものよき匂ひして春の宵 田中みちよ 199907  
山車まはす刻ゆるやかに春の宵 島田万紀子 馬醉木 199908  
沐浴のわが一刻も春の宵 栗津松彩子 ホトトギス 199908  
絵らふそく灯し会津の春の宵 辻亨子 六花 199908  
飼犬につながれて居る春の宵 しおやきみこ 船団 199909  
小銭入れかくれてしまいぬ春の宵 岩下恵美子 船団 199912  
心臓も休みたくなる春の宵 わたなべじゅんこ 船団 199912  
春の宵かもめホテルへ二歩三歩 津田このみ 月ひとしずく 199912  
春の宵猫科の人と肩並べ 津田このみ 月ひとしずく 199912  
剥き出しの私を刺す春の宵 尾上有紀子 わがまま 200002  
音もなく夢魔に添い寝の春の宵 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
気強さはあごの線ほど春の宵 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
後始末明日の準備や春の宵 友岡咲子 いろり 200004  
春の宵白面冠者の猫とおる 三宅やよい 玩具帳 200004  
母と娘のもつれもつれて春の宵 福田みさを いろり 200005  
強がりはくちさきばかり春の宵 大平保子 いろり 200005  
缶コーヒー手にミール待つ春の宵 岡田万壽美 俳句通信 200005  
老ぬれば夢を広げて春の宵 大平保子 いろり 200006  
春の宵座敷わらしのゐるやうな 岡和絵 火星 200007  
パントマイムする下町や春の宵 大塚洋子 酸漿 200009  
見下ろせば人みな黒し春の宵 中原幸子 遠くの山 200010  
ふぞろいの皿積み上げる春の宵 中林明美 船団 200010  
千恵子抄に栞を挿む春の宵 甲田夏湖 船団 200010  
編笠の頬うひうひし春の宵 中御門あや 俳句通信 200104 八尾町
まぼろしが背後をよぎる春の宵 芝宮須磨子 あを 200104  
桃割れを結はずじまひに春の宵 品川鈴子 ぐろっけ 200104  
B面のトロンボーンや春の宵 那須淳男 馬醉木 200105  
ふりむきて帯軋みけり春の宵 成重佐伊子 俳句通信 200106  
新生児部屋見まはせり春の宵 富田志げ子 酸漿 200106  
生返事ばかりしてをり春の宵 年森恭子 ぐろっけ 200106  
二人ぐらし二つの孤独春の宵 尾崎省三 ぐろっけ 200106  
春の宵ラーガビーアを解きけり 瀬川公馨 200107  
こつぽりを手に履いてみる春の宵 嵯峨根鈴子 火星 200107  
春の宵フランス料理に箸使ふ 川井政子 風土 200107  
若き日のくり言聞かす春の宵 久保田一豊 いろり 200107  
春の宵誰かの声と入れ替わる 延原ユキエ 船団 200202  
ドーバーソールムニエル春の宵にかな 宮津昭彦 200205  
シャガールの春の宵なり風見鶏 鈴木勢津子 200205  
アルバムの妻と語りぬ春の宵 池尻足穗 雲の峰 200205  
春の宵蔵に開かる演奏会 柳堀喜久江 春耕 200205  
病床にシャンソンを聴く春の宵 松本米子 あを 200205  
来し方を語りつくせぬ春の宵 芝宮須磨子 あを 200205  
屈託の赤べこ揺らす春の宵 白澤よし子 馬醉木 200206  
釣具屋に付き合うてゐる春の宵 山尾玉藻 火星 200206  
嬰児のしきりに語る春の宵 石川元子 酸漿 200206  
トランプの散らばってゐる春の宵 岡淑子 雨月 200206  
耳を籍すショパンのワルツ春の宵 河中透水 雨月 200206  
春の宵遊牧民となりて膝崩す 佐田昭子 ぐろっけ 200206  
花道の役者輝き春の宵 後藤とみ子 ぐろっけ 200206  
運命の手相見せ合ふ春の宵 木暮陶句郎 円虹 200207  
ファックスの着信長し春の宵 永岡セツ 酸漿 200207  
居酒屋の樽椅子が好き春の宵 宮原みさを 花月亭 200208  
春の宵ミツコ仄かに薫るひと 遠藤とも子 ぐろっけ 200208  
在すごとマンションを訪ふ春の宵 稲畑汀子 ホトトギス 200302  
春の宵一合の米研ぎて足る 芝尚子 あを 200304  
教へ子の医師に身委ね春の宵 水原春郎 馬醉木 200305  
男子厨房に入るより春の宵 山田弘子 円虹 200305  
余生てふ言葉諾ふ春の宵 水原春郎 馬醉木 200306  
春の宵人恋しくて恋しくて 上出曙美 築港 200306  
父と子が小まめにメール春の宵 松下君子 築港 200306  
灯りにはさとき水の面春の宵 藤岡紫水 京鹿子 200306  
襲名の拍手拍手の春の宵 谷口ふみ子 雨月 200306  
時来れば点る外灯春の宵 射場智也 六花 200307  
菰かぶりサウナへ入る春の宵 富沢敏子 200307  
礼状は恋文めいて春の宵 石川英利 百鳥 200307  
緞帳のゆっくり上がる春の宵 陶山泰子 ぐろっけ 200307  
あはせたきひとゐるといふ春の宵 田中倫代 ぐろっけ 200307  
客ありて家ぢゆう灯す春の宵 横尾恵子 200308  
夢多き余生といはん春の宵 浅井青陽子 ホトトギス 200309  
春の宵刻告ぐ寺の鐘のびて 田中時子 八千草 200310  
春の宵熟女集えるディナークルーズ 中島英子 八千草 200310  
金箔の裁ち屑買ふも春の宵 館容子 200312  
丸之内倶楽部最後の春の宵 稲畑廣太郎 ホトトギス 200403  
分宿の人を見送る春の宵 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
本復の喜び分かつ春の宵 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
金星を点晴として春の宵 鷹羽狩行 200404  
無事帰国告げし電話や春の宵 稲畑汀子 ホトトギス 200404  
春の宵何時まで続くタイガース 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
春の宵早う宿題せんかいな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
春の宵阪神勝つた又勝つた 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
文楽の太悼でんと春の宵 名取袿子 200405  
懐石料理の程良き運び春の宵 楯野裕子 200405  
春の宵冷たい人と言はれけり 石川英利 百鳥 200405  
湯畑の瑠璃色となる春の宵 水原春郎 馬醉木 200405 草津
箱書の銘は「ほろ酔」春の宵 笠井敦子 200406  
なもと言ふ名古屋訛の春の宵 鵜飼紫生 雨月 200406  
出囃子に口を合はせる春の宵 志水芳秀 雲の峰 200406  
梁上の君子はいづく春の宵 若山実 雲の峰 200406  
都々逸に応ふ都々逸春の宵 中島霞 ぐろっけ 200406  
春の宵鷲羽太鼓は水舞打ち 山田をがたま 京鹿子 200407  
ヴィオロンもヴィオラもチェロも春の宵 稲畑汀子 ホトトギス 200503  
長電話むしろ喜び春の宵 芝尚子 あを 200504  
一滴の言葉賜る春の宵 能村研三 200505 春の宵→ 2

 

2020年4月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。