春の昼 1     100句

何もせぬ我が掌汚るゝ春の昼    右城暮石

春の昼  春昼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
如意輪のからだながらの春の昼 岡井省二 199805  
地下街に方位失ふ春の昼 古屋元 199806  
春の昼鉛筆うかと子をはをれ 川畑良子 199806  
あの世とはくじらのごとき春の昼 あざ蓉子 船団 199811  
掘り出され乾く大石春の昼 萩原記代 199901  
片づきし部屋の明るさ春の昼 稲畑汀子 ホトトギス 199904  
オルゴールは兎のダンス春の昼 大橋敦子 雨月 199904  
なかなかに浮かばぬ一語春の昼 白根純子 円虹 199905  
春の昼道折れて影横に落つ 宮津昭彦 199905  
客一人乗せてバス行く春の昼 木村てる代 俳句通信 199905  
陶土掻く水車の音や春の昼 河合朋子 春耕 199906  
卵とじうどんのやうな春の昼 辻享子 ヒッポ千番地 199908  
おもむろに腰を下して春の晝 中野辰子 いろり 200005  
三十三ケ所の砂踏む春の昼 山口たけし 俳句通信 200005 中山寺
春の昼眠るも動く犬の耳 足利徹 ぐろっけ 200006  
杉の枝に蛇ひつかかる春の昼 大東由美子 火星 200007  
春の昼法事に集ふ世立人 松崎鉄之介 200007  
壊れかけのラジオをたたく春の昼 児玉硝子 ヒッポ千番地 200007  
島ひとつ手の平に乗せ春の昼 赤坂恒子 船団 200009  
赤ちゃんの足と握手を春の昼 中原幸子 遠くの山 200010  
長き釘タイヤにささり春の昼 近藤千雅 船団 200010  
次の世も桶にケロリン春の昼 ゆにえす 船団 200011  
お隣へ十歩の距離や春の昼 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
図書館に詩集繙く春の昼 浦川澄江 雨月 200104  
リュウマチのやをら顔だす春の昼 那須淳男 馬醉木 200105  
泡立ちて行くクリームの春の昼 宮津昭彦 200105  
電子ピアノ奏づマズルカ春の昼 大橋敦子 雨月 200105  
春の晝磧にすこし人の水 佐藤喜孝 あを 200105  
眠たくて浮標ブイの傾く春の昼 伊藤トキノ 200106  
風鐸の鳴りをしづめて春の昼 梶田敬子 200106  
旧道は鎖国のくらさ春の昼 望月周 百鳥 200106  
城山に鐘の音渡る春の昼 山田京子 俳句通信 200106 彦根城
黄金のマスクに酔ひて春の昼 窪田佳津子 雨月 200106  
一合の酒にまかせる春の昼 渡辺知美 銀化 200106  
春の昼水面動かぬ心字池 小林光美 春耕 200107  
ねずこ下駄撰るや馬籠の春の昼 小林成子 200108  
卵とぢうどんのやうな春の昼 辻享子 シャガールの女 200108  
春の昼ここは海底かと問はる 木曽岳風子 六花 200109  
五目並べに浮世を忘ず春の昼 松本まどか 雨月 200109  
猩々に糞投げられし春の晝 岡井省二 200111  
サンダルのハの字さみしい春の昼 南村健治 船団 200111  
人体に手の跡多く春の昼 南村健治 船団 200111  
全身うつる鏡の中の春の昼 島谷征良 風土 200203  
揺り椅子のひとりでに揺れ春の昼 稲畑廣太郎 ホトトギス 200204  
春の昼慌てて飯を炊きにけり 山田六甲 六花 200204  
猫の尾と会話を交す春の昼 金澤明子 火星 200205  
ペダル踏み競ふ少年春の昼 植木緑愁 春耕 200205  
海の底のトンネル歩む春の昼 小阪喜美子 遠嶺 200206  
春の昼交換待ちの二輌かな 山田怜子 遠嶺 200206  
春の昼仰臥の耳に音いろいろ 清水公治 200206  
特攻の戦の跡や春の昼 及川あつ子 築港 200206  
よろず屋と間のびし話春の昼 辻井桂子 雲の峰 200206  
春の昼島にペリカン目をつむる 長山野菊 雲の峰 200206  
穴掘つて庭師のをらず春の昼 野沢しの武 風土 200206  
春の昼飛鳥の石のねむりをり 中野京子 200206  
ロボットと握手しにけり春の昼 田中英子 火星 200206  
時計屋の標準時計春の昼 平田良子 春耕 200206  
鍵かけてノブを確かめ春の昼 鈴木多枝子 あを 200206  
銀行の二階に外科や春の昼 戸田喜久子 200206  
めがね屋のめがねの数の春の昼 仲村青彦 200206  
葬列の黒の怪訝さ春の昼 泉田秋硯 200207  
路地裏に物売りのこゑ春の昼 百田早苗 六花 200207  
じやんけんで遺品分け合ふ春の昼 二瓶洋子 六花 200207  
春の昼車両に座して深寝息 後藤洋子 ぐろっけ 200207  
何ほども家事の運ばぬ春の昼 滝川あい子 雨月 200208  
亡き夫の箸洗ひをり春の昼 加古みちよ 冬菜畑 200301  
春の昼バスに乗りかへシルル紀へ 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
きがつけばとしよりばかり春の昼 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
化粧せぬ妻にもなれて春の昼 豊田博子 築港 200305  
足踏みのミシンカタコト春の昼 豊田博子 築港 200305  
春の昼びんづる撫でて戻りけり 三澤福泉 雲の峰 200305  
座布団を折つて枕に春の昼 渡部義次 雲の峰 200305  
祝福の鐘の音高き春の昼 神原操 雨月 200305  
漏刻や時止めてゐる春の昼 鈴鹿仁 京鹿子 200305  
犬抱いて注射受けさす春の昼 大橋麻沙子 雨月 200306  
春の昼僧形の香具師数珠を売る 八木玲子 百鳥 200306  
銀行の中が近みち春の昼 加藤浩三 200307  
亀の水間遠の琴や春の昼 平松かをる 六花 200307  
鳥の頭を鳥が咬みをり春の昼 加藤みき 200307  
閑散として古書店の春の昼 野村智恵子 八千草 200309  
手を上げてバスを待たせる春の昼 桑原泰子 八千草 200309  
春の昼微睡む御者に声かくる 石井邦子 酸漿 200309  
春の昼からくり時計ひびきけり 山荘慶子 あを 200404  
読めぬ字と闘うてをり春の昼 山田六甲 六花 200404  
重吉のかなしみとをり春の昼 小林優子 酸漿 200405  
郵便夫ひと休みする春の昼 五島富佐子 雨月 200405  
春の昼嫌ひな小皿割れる夢 東亜未 あを 200405  
かさこそと枯芦動く春の昼 早崎泰江 あを 200405  
鳩の尾羽引き摺り歩く春の昼 笹村政子 六花 200405  
注射器の煮沸の長し春の昼 林昭太郎 200406  
春の昼うつらうつらに子の育つ 助口弘子 火星 200406  
理髪師は催眠術師春の昼 和田一 雨月 200406  
飯店の蘇州夜曲や春の昼 和田一 雨月 200406  
春の昼美容師の声遠く聞く 吉成美代子 あを 200406  
劇中の台詞真似ては春の昼 鈴木えり子 百鳥 200407  
雪富士を見て佇めり春の昼 梅田秀子 酸漿 200407  
河馬の目を探してをりぬ春の昼 岩渕彰 遠嶺 200407  
蒼天へ竹の際立つ春の昼 森内利之 遠嶺 200407  
一茶句碑静かに立ちて春の昼 長志げを 遠嶺 200407  
道化貌なる竜燈鬼春の昼 片山喜久子 雨月 200408

春の昼

2→

 

2020年4月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。