春 埃     71句

春塵   春の塵  春埃

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春埃はらへばギター鳴りいづる 田中藤穂 「水瓶座」 200002  
春埃立てず拝見虚子の館 堀恭子 ホトトギス 200007  
二月堂の僧よりもらふ春埃 夏秋明子 ヒッポ千番地 200010  
ペケ描いてマル描いて拭く春埃 中原幸子 「遠くの山」 200010  
手鏡にうすき埃や春浅し 阿部紀子 俳句通信 200104  
撫牛の紅緒に春の埃かな 中川晴美 雲の峰 200205  
盆栽の大鉢の縁春埃 ほりもとちか 円虹 200205  
家事怠けゐしにはあらず春埃 白石峰子 円虹 200206  
戦争に春の埃の堆し 武井清子 銀化 200206  
地球儀の北極圏の春埃 杉浦典子 火星 200206  
喉元に絡みつきたる春埃 鎌田つた枝 築港 200306  
針箱の四隅にありぬ春埃 木野本加寿江 火星 200307  
春埃くたびれて見ゆ馬場の馬 早崎泰江 あを 200406  
遠乗りの新車にけふの春埃 鈴掛穂 200406  
長櫃の家紋の焼印春埃 松本恒子 ぐろっけ 200506  
みどり児の拳中まで春埃 芝生南天 河鹿 200506  
春埃掃きて水拭き蔵の床 細川知子 ぐろっけ 200507  
地球儀の北半球に春埃 次井義泰 200606  
仏壇に埃うつすら春の風邪 八木柊一郎 ぐろっけ 200606  
スライディングジャッジ待つ間の春埃 篠田純子 あを 200606  
旧道にもろに浴びたる春埃 土田芳月 遠嶺 200607  
春埃臍につもりし布袋像 森山八重子 ぐろっけ 200607  
十五代将軍を知る春埃 稲畑廣太郎 ホトトギス 200703  
黄檗の異国めく寺春埃 篠田純子 あをかき 200705  
厘揉の分銅に乗る春埃 小林輝子 風土 200707  
春埃亀の鼻面流れけり 山田六甲 六花 200804  
春深し皮の聖書にうす埃り 神蔵器 風土 200806  
龍之介の嘆きたる坂春埃 赤座典子 あを 200806  
春埃拭うて閑な売子かな 井上浩一郎 ホトトギス 200808  
舞良戸に春埃して門跡寺 上田明子 雨月 200906  
春光や人の動きにたつ埃 KOKIA 六花 200907  
春埃わけても獅子のハーレムに 宇都宮敦子 200909  
癇症は父ゆづりかも春埃 中原敏雄 雨月 201005  
春なれや書棚の埃浮立ちて 大坪景章 万象 201005  
物売りの声のよどみて春埃 中山純子 万象 201007  
年取らぬ羅漢の胡坐春埃 西川みほ 末黒野 201007  
春埃この暴君を倒す可し 篠田純子 あを 201104  
春埃見て見ぬふりの真昼時 年森恭子 ぐろっけ 201105  
嬰の手に握られてゐる春埃 安居正浩 201105  
マイクロかミリかは知らぬ春埃 篠田純子 あを 201105  
春埃未完の遺作「吉祥天」 竹下昭子 ぐろっけ 201106  
剥落の十二神将春埃 藤田かもめ ぐろっけ 201106  
ペン皿のうすき埃や春一番 渡辺つる子 末黒野句集 201203  
春埃拭いて押し出す車椅子 鈴木セツ 201206  
大響き春の埃の耳の中 加藤みき 201207  
返信くるいきさつ包む春埃 上野紫泉 京鹿子 201207  
蛸足の配線にやや春埃 安藤久美子 やぶれ傘 201209  
白川郷に美しき春埃 前田恵美子 青鷹 201210  
坪庭のひと筋の日の春埃 山田美恵子 火星 201305  
逝く人の眼鏡に春の埃かな 福島せいぎ 万象 201305  
常備薬水面一枚春埃 森理和 あを 201305  
病院にバス入りきたる春埃 大島英昭 やぶれ傘 201305  
いにしへの廓格子や春埃 伊藤純子 201306  
春埃米軍ヘリの太き腹 篠田純子 あを 201403  
心電図肌身にひと日春埃 門伝史会 風土 201406  
春埃シュレッダーして退職す 篠田純子 あを 201505  
そつけなく春過ぎゆくや卓埃 佐渡谷秀一 対座 201505  
春埃して沐浴の金盥 辻水音 201506  
春埃聖書に三島全集に 田中藤穂 あを 201506  
春埃金剛力士の力瘤 中谷三干子 船団 201508  
確定申告終へし机上の春埃 田中俊尾 馬醉木 201605  
階段の一段づつに春埃 安藤久美子 やぶれ傘 201606  
春埃仁王の襞を際立たす 大橋晄 雨月 201606  
国家安康の大鐘に積む春埃 岸洋子 201607 方広寺
春日燦つもりてかろき桟埃 井上石動 あを 201703  
琴線にも春の埃の積もるなり 高橋将夫 201705  
春埃電動車椅子自在 篠田純子 あを 201705  
天守への狭き階段春埃 荻野周子 雨月 201707  
春日さす上がり框のうす埃 小沼ゑみ子 末黒野 201708  
踊り場の猫に付きたる春埃 大日向幸江 あを 201802  
黒松の肌の深きへ春埃 ふけとしこ 船団 201809  

 

2020年2月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。