花菖蒲 3       100句   (含む 菖蒲園・菖蒲田)

紫は水に映らず花菖蒲    高浜年尾

白菖蒲  花菖蒲

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
枯尽きて名札が艶の菖蒲園 神蔵器 風土 200601 箱根
鏡池に映る金閣花菖蒲 木暮剛平 万象 200606  
あかときの水平らかに花菖蒲 河口仁志 200607  
庵また高く配して花菖蒲 豊田都峰 京鹿子 200607  
白もとも絢爛たりや花菖蒲 大橋敦子 雨月 200607  
一叢の白さも白し花菖蒲 阿部ひろし 酸漿 200607  
咲くほかはなき一叢や花菖蒲 阿部ひろし 酸漿 200607  
水面より夕暮れの来て花菖蒲 境惇子 200607  
目が先にロビーの外へ花菖蒲 東亜未 あを 200607  
花菖蒲見つつラジオに耳あづけ 長崎桂子 あを 200607  
生臭き土のにほひや花菖蒲 早水秀久 河鹿 200608  
花菖蒲見えて遠くに竹生島 博多永楽 雨月 200608  
菖蒲園日曜画家に晴れにけり 宮津昭彦 200608  
花菖蒲童女のままで母は逝く 末松桃子 四葩 200609  
いさぎよく散るも叶はず花菖蒲 山本浪子 風土 200609  
ウトロ港の海猫つく岩に花菖蒲 大塚初江 200609  
花菖蒲棹差す娘等の絣 松木清川 ぐろっけ 200609  
揺ぎつつ水面に映ゆる花菖蒲 中村昭子 酸漿 200609  
詩のやうな名は声にする菖蒲園 小嶋洋子 200609  
江戸と肥後水路をつなぐ菖蒲園 和田一 雨月 200609  
花菖蒲正座といふは美しき 千坂美津恵 200610  
沼風の誘ふ雨なり花菖蒲 間宮陽夫 馬醉木 200610  
花菖蒲加賀懐石のはじまりぬ 岩淵 彰 遠嶺 200610  
八ツ橋に歩み緩めつ花菖蒲 北村香朗 京鹿子 200610  
殊に大輪「錦の波」てふ花菖蒲 北村香朗 京鹿子 200610  
誇るがに咲く花菖蒲「綾衣」 北村香朗 京鹿子 200610  
花菖蒲の彩の変化に眩暈ふと 北村香朗 京鹿子 200610  
仮縫のままで咲いてる花菖蒲 松田都青 京鹿子 200610  
花菖蒲ことば足らずの雨がいい 滝沢環 京鹿子 200610  
花菖蒲各部屋に活け誕生日 山之井みよ子 ぐろっけ 200610  
七彩の風のさやかに菖蒲園 大橋淳一 雨月 200610  
みの笠が花殻を摘む菖蒲園 北村香朗 京鹿子 200610  
花菖蒲神代の色を今になほ 川口利夫 ホトトギス 200611  
花菖蒲美人といふは首細し 高倉恵美子 200611  
その中にサムライブルー菖蒲園 桑原泰子 八千草 200612  
開花待ち静寂ひろごる菖蒲園 中島英子 八千草 200612  
花菖蒲には紫といふ衿持 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
花菖蒲園の起伏といへぬほど 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
花菖蒲近き紫遠き白 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
花菖蒲園の起伏といへぬほど 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
花菖蒲近き紫遠き白 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
早乙女がゆきゝの畦の花菖蒲 瀧春一 200706  
花菖蒲手桶に浸けしまゝにある 瀧春一 200706  
長雨のあとの日ざしや花菖蒲 鷹羽狩行 200707  
花菖蒲瓦斯灯残る麻問屋 田村すゝむ 風土 200707  
むらさきの白の文目の花菖蒲 大橋敦子 雨月 200707  
花菖蒲一弁解きしあと静止 大橋敦子 雨月 200707  
むらさきの小袖を垂らし花菖蒲 大橋敦子 雨月 200707  
花菖蒲ひらききるまでひととき半 大橋敦子 雨月 200707  
跨ぎ越す溝いまもある菖蒲園 青山丈 200707  
花菖蒲鳥の絵壷の九谷焼 田下宮子 200708  
夫々に船留の川菖蒲園 金澤明子 200708  
人生に満たさるるはなし花菖蒲 鴨下昭 200708  
花菖蒲音立てて来る朝の雨 岡野ひろ子 200708  
石垣に立ちはだかれる花菖蒲 大東由美子 火星 200708  
そのひとつ帯にしてゐる菖蒲園 秋千晴 200708  
雨意あれば秘色を深め花菖蒲 熊岡俊子 雨月 200708  
おだやかにうなづいてをり花菖蒲 吉澤利治 遠嶺 200709  
振袖の濡れゐて重し花菖蒲 川村静子 遠嶺 200709  
菖蒲園の日傘白より黒多し 竹尾志眞子 200709  
一花よし群れてまたよし花菖蒲 竹内喜代子 雨月 200709  
一歩ごとむらさき新た花菖蒲 水谷芳子 雨月 200709  
雨雫朝日に光り花菖蒲 筒井八重子 六花 200709  
紫は雨の日にこそ花菖蒲 三村純也 ホトトギス 200710  
晴れ曇り帰りは雨の花菖蒲 小林正史 200710  
白もまた燃ゆる色なり花菖蒲 山田保寛 200710  
国分寺かこむ流れや花菖蒲 神田一瓢 雨月 200710  
濃きは母情淡きは父情花菖蒲 成瀬櫻桃子 春燈 200801 句集『素心』
脱腸の話を友と菖蒲園 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
突然のウシガエル殿菖蒲園 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
雨といふ一ト色重ね花菖蒲 稲畑廣太郎 ホトトギス 200806  
花菖蒲羽音の紛れやすき白 稲畑廣太郎 ホトトギス 200806  
菖蒲田のかつと照る日を家にゐる 山尾玉藻 火星 200806  
神苑の風と遊べり花菖蒲 前川ユキ子 200808  
流儀なく活けるが極意花菖蒲 山本千里 200808  
花菖蒲丈それぞれに麗しき 伊藤憲子 200808  
菖蒲田をめぐりし後の小糠雨 黒須洋子 遠嶺 200808  
母の手を低く引きけり花菖蒲 城孝子 火星 200808  
止まれば花迫りくる菖蒲園 阿部ひろし 酸漿 200808  
菖蒲園行きつ戻りつ繰返す 阿部ひろし 酸漿 200808  
一色のところ安けし花菖蒲 阿部ひろし 酸漿 200808  
菖蒲園摘み集めたる花の山 阿部ひろし 酸漿 200808  
菖蒲園果つるところに来て憩ふ 阿部ひろし 酸漿 200808  
谷戸深く織りなして咲く花菖蒲 阿部文子 酸漿 200808  
菖蒲田や狭山の丘のふところに 井上幸子 酸漿 200808  
岸突いて舟立て直す花菖蒲 根橋宏次 やぶれ傘 200808  
花菖蒲すっくと立ちて潔し 高直美 200809  
菖蒲田の花にまされる蕾数 矢島久栄 200809  
いづかたも優しき風や花菖蒲 新井田晃 遠嶺 200809  
スイッチを押せば灯ともる花菖蒲 鴨下昭 200809  
暮六つの際立つ白さ花菖蒲 小城綾子 200809  
忌日とて多に賜ばれる花菖蒲 大橋晄 雨月 200809  
花菖蒲一つ一つに格持てり 大橋晄 雨月 200809  
官幣社に適ふ品位の花菖蒲 磯野しをり 雨月 200809  
菖蒲園巡る看取りの暇かな 田所洋子 雨月 200809  
刻忘じゐる夕映えの菖蒲園 田所洋子 雨月 200809  
子育ての終へしをんなや菖蒲園 長谷川いづみ 炎環 200809  
こだはりの深まる齢花菖蒲 長谷川いづみ 炎環 200809  
菖蒲田のどこかに蛇のゐる気配 長谷川智弥子 炎環 200809  
包装紙四角に畳み花菖蒲 細川和子 炎環 200809  
一輌車席にどつかと花菖蒲 佐藤哲 万象 200809 花菖蒲4→

 

2014年6月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。