萩 9         90句

野分あと風遊びをる萩の花  高浜虚子  句日記

  枯萩  山萩

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
立札に恋の古歌あり萩こぼれ 若江千萱 雨月 200609  
萩くくる佳人を囲ふにも似たり 伊藤白潮 200610  
萩蝶に小花の魅せし彩が好し 鈴鹿仁 京鹿子 200611 萩まつり
人の意とせず宮萩の露こぼす 鈴鹿仁 京鹿子 200611 萩まつり
萩に蝶かけがへのなき宮の風 鈴鹿仁 京鹿子 200611 萩まつり
萩すすきもうその頃となりにけり 鷹羽狩行 200611  
萩に吹くかぜや袖口身八口 中山純子 万象 200611  
萩の句を綾子の書きし古扇 塩由造 万象 200611  
走り旅芭蕉ゆかりの萩の寺 塩由造 万象 200611  
こぼれ萩書いてまた消す句読点 小嶋洋子 200611  
狩衣の業平の顕つ乱れ萩 南幸子 春燈 200611  
甲冑の遠き日偲ぶ萩の月 松本静江 遠嶺 200611  
白萩や太閤利休点茶の間 水原春郎 馬醉木 200611  
触れぬことおほき再会萩月夜 山岡季郷 馬醉木 200611  
白萩のこぼれて親し高台寺 山岡季郷 馬醉木 200611  
慎ましく萩の花咲く墓石かな 丹羽敦子 酸漿 200611  
七草の萩の垂れて見せにけり 田中喜久子 酸漿 200611  
とびとびに大鬼瓦萩の径 森山のりこ あを 200611  
古版木読めぬ字もあり萩の寺 森山のりこ あを 200611  
雨粒を飾りて萩のさかりかな 鎌倉喜久恵 あを 200611  
萩咲けり海へまつすぐ下る坂 泉田秋硯 200612  
上州の刺身蒟蒻萩の宿 木暮剛平 万象 200612  
萩泳ぎそれぞれ捌く風の道 狭川青史 馬醉木 200612  
紅萩の喝采神へ近づけり 丸井巴水 京鹿子 200612  
志貴皇子のかをりせめても萩の寺 荻野嘉代子 春燈 200612 白毫寺
白萩や惑星ひとつ外さるる 前川明子 200612  
一切が夢であります萩の露 秋岡朝子 200612  
白萩をよごさぬやうにくぐりけり 岩下芳子 200612  
雨音に女声紛るる夜の萩 小澤克己 遠嶺 200612  
萩寺に佇むひとの帽白し 小山徳夫 遠嶺 200612  
一陣の風に喜ぶ萩の花 三沢蘭 遠嶺 200612  
自画像の山高帽子萩の風 府川房江 遠嶺 200612  
胸中をともに濡らして萩ゆする 横松しげる 遠嶺 200612  
山雨いまたばしる径のみだれ萩 半谷弘子 遠嶺 200612  
二夜庵はたやあん>萩の盛りに来合せる 神蔵器 風土 200612  
再びの勢至菩薩へ萩くぐる 鈴木とおる 風土 200612 白毫寺
萩の咲く新薬師寺に宿を借り 鈴木とおる 風土 200612  
萩咲くや名刺受けあり虚子の墓 山田暢子 風土 200612  
萩の風京へをんなの一人旅 山田暢子 風土 200612  
山の萩尻で揺らすや畝づくり 南うみを 風土 200612  
かろきものばかり着慣れて萩の花 柴田久子 風土 200612  
萩寺の天井に舞ふ天女たち 井出やすはる 酸漿 200612  
山萩や人目も虫も引き付けて 高橋玲水 酸漿 200612  
白萩の咲きそめし朝皇子生るる 坂本幸子 酸漿 200612  
閑庭の径をせばめて萩こぼる 森山のりこ あを 200612  
平らかに母と歩まむ萩の風 斉藤裕子 あを 200612  
萩散りて苗字を変へず住みつづく 蒔田しをん 200701  
本名は破魔子萩咲く汀女の忌 木田千女 200701  
双蝶のもつれあひつつ萩の墓 坊城俊樹 ホトトギス 200701  
虚子の世を偲ぶ御寺の萩の花 安原葉 ホトトギス 200701  
二度くぐる萩のトンネル浄土かな 田原陽子 200701  
萩叢の黄蝶の群の珊瑚礁 小山徳夫 遠嶺 200701  
朝粥に友の笑顔や萩の宿 永田歌子 遠嶺 200701  
観音にひかり宿りて萩の花 竹内文子 遠嶺 200701  
白萩や城をまぢかに波の音 林友次郎 遠嶺 200701  
読経して萩も名残の寺まうで 加藤北天 雨月 200701  
鏡中に胸中あふれこぼれ萩 舩越美喜 京鹿子 200701  
遷都古る御所の宮居を萩が守る 岩崎憲二 京鹿子 200701  
平戸へ来し松陰萩の花終へし 松崎鉄之介 200701  
分け入れば萩のとりまく墓どころ 荒木治代 ぐろっけ 200701  
乱れ萩括り石工は仏彫る 今井忍 ぐろっけ 200701  
野良猫と潜つて居りぬ萩の道 片野光子 ぐろっけ 200701  
萩の風萩の筆選る白毫寺 橋添やよひ 風土 200701  
水音に白萩の散りそめにけり 笹村政子 六花 200701  
この道や咲きたる萩を散らす雨 牧原佳代子 酸漿 200701  
萩伐つて言葉少なき朝ゆふべ 田中藤穂 あを 200701  
きりぎしに萩の乱るる海蔵寺 服部早苗 200701  
萩すすき桔梗なでしこ益子焼 鷹羽狩行 200702

『益子』序句

僧が行き巡査が戻る萩の道 川口襄 遠嶺 200702  
咲き満ちてより紅萩の落着かず 高橋さえ子 200702  
身の丈の萩こぼしつつ径抜くる 内山けい子 200702  
残り萩静かに風を流しけり 斎藤ふき 200702  
萩どさり馬穴にゆらし銀座裏 山元志津香 八千草 200702  
黎明の光とこぼれ萩の花 高橋さえ子 200702  
咲きそめて萩繚乱の日も近し 安原葉 ホトトギス 200703  
枝垂萩車庫にベンツを幽閉す 平野きぬ子 八千草 200703  
萩しだれ地を擦つて花こぼしけり 小山梧雨 200703  
高野道萩に隠るゝ道祖神 秋田直己 ぐろっけ 200703  
手古奈みち萩みだるるもこぼるるも 山下良江 万象合同句集 200703  
萩の風妣の箪笥に加賀手毬 直江由季子 万象合同句集 200703  
群萩や雄岡雌岡の山の坂 松下幸恵 六花 200705  
また一人加はる忌日萩の露 安原葉 ホトトギス 200706  
まのあたり風の過ぎたるこぼれ萩 瀧春一 200706  
燈籠の小障子白し萩の中 瀧春一 200706  
燈籠のほとりに暗し萩の叢 瀧春一 200706  
水打つて萩の病葉ながれ出づ 瀧春一 200706  
茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも 加藤楸邨 ぐろっけ 200708  
萩揺れて狭庭に風の通り道 稲畑汀子 ホトトギス 200709  
又萩に又萩に歩のいざなはれ 稲畑汀子 ホトトギス 200709  
萩の花穂いとけなきかな極楽坊 飛高隆夫 万象 200709  
乱れみせはじめ宮城野萩見ごろ 山仲英子 200709 萩10→

 

2020年9月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。