暖 冬   23句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
暖冬と云へど冬は冬なりに 熊谷みどり いろり 200001
暖冬の淵這ひあがる屍のたぐひ 中原道夫 銀化 200003
暖冬の立つ日なかなか暖かし 林翔 200101
嗚呼嗚呼と暖冬微風流れゆく 金子兜太 海程 200105
暖冬やこはれゆもの野に放つ 宇都宮滴水 京鹿子 200201
予報では暖冬といふ此の日和 大平保子 いろり 200202
暖冬を漁師の嘆く小漁港 増田八重 酸漿 200206
暖冬や淀にて金の生る木買ふ 杉本重雄 200503
暖冬の日射し入りくる部屋半ば 瀬尾幸代 200703
暖冬も一夜の変に油断すな 泉田秋硯 200705
暖冬に白梅の香のうすれけり 池崎るり子 六花 200706
もういいかいまあだだよ暖冬だよ 近藤公子 200802
暖冬にSLOWLIFEの余生あり 浅井青陽子 ホトトギス 200807
暖冬のメタボ果実や四等分 新実貞子 201003
暖冬や日毎伸びゆく庭の草 橋本ふさ子 201004
九十分並び暖冬ルミナリエ 高橋大三 ぐろっけ 201005
暖冬に飾り忘れしクリスマス 後藤克彦 かさね 201202
暖冬や野球部の子の朝練習 岡野安雅 かさね 201301
暖冬に促されゐて梅早し 岡野ひろ子 201603
暖冬晴うかと忘るる地球の禍 渕上千津 201603
暖冬やお下げの分け目zigzagに 森直子 あを 201603
暖冬に越後山々縞模様 七郎衛門吉保 あを 201603
暖冬や菜に青虫の育ちをり 鈴木礼子 末黒野 201603
暖冬といふめりはりのなき日数 大畑善昭 201604
当番は暖冬とやと寺の鐘 佐藤恭子 あを 201701
暖冬や銀杏黄葉の今盛り 外山生子 末黒野 201903
暖冬の予感木々の葉揺らす風 瀬戸薫 風土 201903
暖冬の湖を漁る投網かな 小坂栄治 馬醉木 202003
暖冬や眠らぬ熊の横切りし 岩下芳子 202004

 

2020年12月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。