枇杷の花 1          100句

枇杷の花といひて面を照らしける   川崎展宏

枇杷の花  枇杷

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
たそがれはうしろ淋しと枇杷の花 千代田葛彦 馬醉木 199901  
通るとき窓が灯りぬ枇杷の花 岡本眸 199901  
消えたがる山の日射や枇杷の花 水田清子 199902  
連絡船出てゆく枇杷の花の上 鈴木とおる 風土 199903  
枇杷の花乾きし風の触るるばかり 朝長美智子 199903  
盛んなる時も過ぎたり枇杷の花 斎藤珠子 遠嶺 199904  
枇杷の花焚かむ封書を讀み返す 伊東みのり 遠嶺 199904  
牡蠣殻の崩れる音や枇杷の花 石井大泉 春耕 199904  
燈台は立入禁止枇杷の花 山口たけし 俳句通信 199904 伊豆
遠海鳴り母に与する枇杷の花 武田伸一 海程 199912  
亡びたる国の勲章枇杷の花 田中藤穂 水瓶座 200002  
聖堂に大き没り日や枇杷の花 高村信子 春耕 200002  
幼き日通ひし道ぞ枇杷の花 富田志げ子 酸漿 200003  
女坂行くに目に付く枇杷の花 佐々木孝子 200003  
影長き学生寮の枇杷の花 市川英一 遠嶺 200004  
ふだん着の哲学けふも枇杷の花 三神あすか 船団 200007  
訪ね来し心の底の枇杷の花 阿部ひろし 酸漿 200101  
前尾根の朝の日とどく枇杷の花 阿部ひろし 酸漿 200101  
こんなにも寂しき日々よ枇杷の花 宮本道子 酸漿 200101  
日が射して仏壇ひらく枇杷の花 神蔵器 風土 200102  
樋あるく雀の音や枇杷の花 藤武由美子 春耕 200102  
蔵河岸に醤にほへり枇杷の花 田崎凛 春耕 200102  
無印で父は停年枇杷の花 秋野火耕 船団 200102  
しみじみと見上ぐる今朝の枇杷の花 小牧喜美子 遠嶺 200103  
省略の利かぬは枇杷の花ならむ 伊藤格 200104  
路地ひとつ香り夕ベの枇杷の花 河野美奇 ホトトギス 200105  
枇杷の花又一人去り二人去り 稲畑廣太郎 ホトトギス 200105  
瀬音消す高き風あり枇杷の花 小泉晴露 酸漿 200105  
兄よりも高き処に枇杷の花 星野早苗 船団 200106  
枇杷の花風に毀れてはならぬ ふけとしこ 船団 200106  
枇杷の花烏賊干す縄の張られけり 関口ゆき あを 200111  
じつと見て遠くから見て枇杷の花 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
お茶席の花ともならぬ枇杷の花 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
枇杷の花こんなに落ちてまた落ちて 正木光子 いろり 200112  
彫深き忠魂の碑や枇杷の花 木村てる代 雲の峰 200201  
枇杷の花暦売る子は車椅子 中島徳子 酸漿 200202  
一病もて明日へ託せり枇杷の花 松島不二夫 200202  
枇杷の花寺に赤子の声のあり 伊藤多恵子 火星 200202  
枇杷の花砂金すくうて遊びけり 丸山照子 火星 200202  
ペンキ塗る島の民宿枇杷の花 升本行洋 春耕 200202  
枇杷の花鮨屋に昼のシャンデリア 戸田喜久子 200202  
枇杷の花一・一七の灯文字増え 水谷ひさ江 六花 200202  
枇杷の花逃げ足早き子のあかんべ 信崎和葉 六花 200202  
尾道は坂道ばかり枇杷の花 浜崎良彦 円虹 200203  
気安さの後よりこゑ枇杷の花 近藤きくえ 200203  
枇杷の花母の季寄を繕ひぬ 関薫子 百鳥 200203  
一願の鐘にひしめき枇杷の花 大野英美 風土 200203  
網代垣続く海沿ひ枇杷の花 岡村美恵子 春耕 200203  
枇杷の花見えてゐる間の夕支度 岡本眸 200203  
作務僧の貌より昏れて枇杷の花 加瀬美代子 200203  
煙突の煙南へ枇杷の花 島田三千子 200203  
この家も島を捨てたる枇杷の花 閑田梅月 馬醉木 200204  
深々と葉のぬくもりに枇杷の花 永見博子 酸漿 200204  
町角の火伏せ祠や枇杷の花 川合正男 ぐろっけ 200204  
養生訓ラヂオに学ぶ枇杷の花 高橋英子 ぐろっけ 200204  
行商へ尾を振る犬や枇杷の花 柳堀喜久江 春耕 200206  
枇杷の花けさ歯刷子を取替へて 中谷葉留 風土 200301  
岬鼻や海光受けし枇杷の花 小林美恵子 築港 200301  
あんまりな言ひ方枇杷の花は花 中原道夫 銀化 200301  
けふひとひ詩にとほく居り枇杷の花 亀田憲壱 銀化 200301  
海凪や早咲きそめし枇杷の花 阿部文子 酸漿 200301  
枇杷の花娘覗きに寄りにけり 廣畑忠明 火星 200302  
鳩丸くかたまる社枇杷の花 飯田はるみ 築港 200302  
枇杷の花友の一言さりげなし 内藤順子 酸漿 200302  
齢など考へまいぞ枇杷の花 柴野静 200303  
厳父てふ語は滅びけり枇杷の花 北尾章郎 200303  
母活けし枇杷の花見て仲直る 白井墨絵 遠嶺 200303  
一切の空箱蔵ひ枇杷の花 中野京子 200303  
枇杷の花越えたる橋の名を知らず 林享二 200303  
枇杷の花匂へる日なり小買物 東芳子 酸漿 200303  
線香の香る寺町枇杷の花 三澤福泉 雲の峰 200304  
枇杷の花ひとり遊びは大人にも 鹿野佳子 200304  
人とゐてこの淋しさよ枇杷の花 生方ふよう 200304  
さういへば結婚記念日枇杷の花 吉田明子 200305  
枇杷の花墳は農家の庭つづき 十河波津 200305  
雨粒のひかり溢れて枇杷の花 深田雅敏 200307  
枇杷の花まばたきしたる駱駝の目 美藤智恵子 200312  
夫が耳吾が耳遠し枇杷の花 吉田島江 火星 200402  
築地塀の続く城町枇杷の花 浅村正子 帆船 200402  
枇杷の花読むべき本のたまりつつ 川瀬さとゑ 雲の峰 200402  
取り入れし布団に枇杷の花香る 森本さやか 雲の峰 200402  
はぐれ猿時折戻る枇杷の花 小山香月 酸漿 200402  
日の温み一身にあり枇杷の花 大塚洋子 酸漿 200402  
昼月の出は知らざりし枇杷の花 西屋敷峰水 河鹿 200403  
古き家の大樹にありし枇杷の花 中村廣子 酸漿 200403  
枇杷の花内浦の邑つながりぬ 浜福恵 風土 200403  
海風に明るさもらふ枇杷の花 加藤峰子 200403  
山の日のもぐもぐあたる枇杷の花 柴田佐知子 200403  
曖昧な空曖昧に枇杷の花 本橋墨子 200403  
枇杷の花きづかれもせず盛り過ぐ 中元英雄 河鹿 200404  
枇杷の花舟板塀の浜の路次 皆川盤水 200404  
枇杷の花病院嫌ひの夫なりし 苑実耶 200404  
暮色とは懈怠のいろや枇杷の花 加瀬美代子 200404  
機音のひびく裏庭枇杷の花 木村倫三 遠嶺 200405  
若からぬ夫働きに枇杷の花 生方ふよう 200405  
俳号を変ふる話や枇杷の花 野沢しの武 風土 200408  
療養の馬の嘶く枇杷の花 皆川盤水 雲の峰 200501 句集『山海抄』所収
日射しいま肌着のいろや枇杷の花 岡本眸 200501  
喪中葉書刷りに出す日の枇杷の花 淵脇護 河鹿 200502  
つつましき色に日あたる枇杷の花 青山悠 200502 枇杷の花 2

 

2014年12月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。