枇 杷 1     100句

枇杷黄なり空はあやめの花曇り   素堂   知足斎日々記

枇杷の花  枇杷

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
校舎より見下ろす枇杷の袋掛
植田のぼる
雨月
199807
白昼の川のうすさよ枇杷熟れて
岡本眸
199809
枇杷色となりゆく枇杷を蔑めり
青山丈
199809
落潮の高鳴る渦や枇杷熟るる
長谷川閑乙
馬醉木
199810
犬枇杷や八犬伝の砦あと
藤井圀彦
199812
寺山の枇杷の甘さを夫が知れり
萩原記代
199901
子育ての母のひと世や枇杷実る
斉藤由美子
ぐろっけ
199902
枇杷好きの父と知る人減りにけり
稲畑汀子
ホトトギス
199906
種ころんころん枇杷食べ終りけり
稲畑汀子
ホトトギス
199906
太陽の色を貰ひて枇杷熟るる
稲畑汀子
ホトトギス
199906
茶席てふ作法は言はず枇杷すする
稲畑廣太郎
ホトトギス
199906
磯山の照り降り忽と枇杷の頃
小野恵美子
馬醉木
199907
枇杷啜りをり白雲の進みをり
伊丹さち子
馬醉木
199908
暮れなづむ岬見下ろしに枇杷を捥ぐ
前田青紀
馬醉木
199908
枇杷の種ある朝風の畳かな
米小山森生
199908
枇杷むくや手も汚れなき修道女
中島徳子
酸漿
199908
枇杷の実や開聞岳の直立す
千明武
遠嶺
199908
枇杷熟るる吃水深き伝馬船
堀井より子
春耕
199908
庭枇杷の落ち放題の葬あと
武政礼子
雨月
199908
枇杷の実のたわゝに熟れて人住まず
久保田一豊
いろり
199908
金色の鈴のごとくに枇杷熟るる
広場伝
俳句通信
199908
階の途中に枇杷を剥いてをり
山西雅子
199909
道狭くなるぞと枇杷の実の青き
市場基巳
199909
枇杷の実の小さきが黄を得つつあり
出原博明
円虹
199909
枇杷買つて駅前ぐらし古りにけり
岡本眸
199909
枇杷の皮きれいにむけて一呼吸
八木下巌
199909
枇杷の実は男の子の数だけ揺れて
川島ひとみ
船団
199909
枇杷の実のあおさに重なる空の青
甲田夏湖
船団
199909
枇杷熟れてにじみはじめる指の傷
南村健治
船団
199909
無造作に聞かされしこと枇杷の種
大東由美子
火星
199910
枇杷の実の硬く気持ちの行き止まり
河野志保
海程
199910
枇杷の種磁力隠してゐはせぬか
水内慶太
銀化
199910
枇杷たわわ宇宙ことばの少女かな
小枝恵美子
ポケット
199911
心音を重ねて眠る枇杷の種
小枝恵美子
ポケット
199911
枇杷の実にはにかむ笑い君凹む
廣嶋美恵子
船団
199912
枇杷をむくハーレー・ダビッドソン止まり
須山つとむ
船団
199912
枇杷熟れる我に関心のなき君
田中桜子
船団
199912
この町はみな出払って枇杷熟れて
寺田良治
船団
199912
枇杷食べてその後のこと忘れたり
小西昭夫
船団
199912
枇杷熟れて大きな看板精神科
わたなべじゅんこ
船団
199912
枇杷食べて小さな自分になっている
津田このみ
月ひとしずく
199912
住なれて今年は枇杷の生るらしき
中村七三郎
七三郎句集
200001
凡庸な子を守らんと枇杷の家
星野早苗
空のさえずる
200002
足首のきれいな人へ枇杷熟るる
夏秋明子
ヒッポ千番地
200003
暁光のつつむ仏陀か枇杷の核
本橋怜加
冬牡丹
200003
枇杷熟れて雨のち晴れの天気予報
わたなべじゅんこ
鳥になる
200003
枇杷買うて童貞という潔さ
塩見恵介
虹の種
200005
種を取る仕種それぞれ枇杷食ぶ
松尾緑富
ホトトギス
200006
枇杷に種枇杷男に確と詩種あり
中原道夫
銀化
200006
時化波や半漁の町に枇杷点る
小林和子
風土
200007
はぐれ猿枇杷熟るる日を知りてをり
小山香月
酸漿
200008
枇杷うれて海光まぶし安房の町
佐藤フクエ
春耕
200008
枇杷すでに青からずして日暮なり
山西雅子
200009
枇杷の實に太られてゐる火宅かな
小山森生
200009
朝の日が枇杷の産毛を捉へをり
梶本佳世子
円虹
200009
満月の光あつめて枇杷熟るる
大木あきら
春耕
200009
熟れ枇杷の釣月軒を大方覆ふ
茂里正治
200009
枇杷剥いて忌籠めける爪のいろ
岡本眸
200009
人伝のごとくに枇杷の黄ばむかな
青山丈
200009
たわわなる旧家の枇杷のみな小粒
合川月林子
ぐろっけ
200009
枇杷熟るる丘に出船を見てをりぬ
野口光江
遠嶺
200010
船笛の吠ゆる岬や枇杷熟れて
河口宏子
船団
200010
指濡れしままにて次の枇杷を剥く
阿部寒林
「夢」
200010
枇杷の黄を雨がきれいに拭ひたる
長沼三津夫
200010
枇杷熟れる頃よ鵺塚に参る
中北綾子
海程
200012
さみしさの穴があいてる枇杷熟れる
南村健治
船団
200101
枇杷の種笑いころげて客帰る
須山つとむ
船団
200102
九十九・百・百一と枇杷の家
須山つとむ
船団
200102
枇杷の実を五つラケット水平に
延原ユキエ
船団
200102
枇杷熟れて勉強ぎらいだった頃
今城知子
船団
200105
小さき庭にも枇杷熟るる刻の来て
宮本俊子
雨月
200107
船繰りに布良はてまどり枇杷熟るる
大西桑風
馬酔木
200108
枇杷熟れて遠出戻りに三崎の灯
大西桑風
馬酔木
200108
枇杷の実の袋をはづす日の斑かな
外川玲子
風土
200108
庭の枇杷豊かに生けて客迎ふ
林敬子
酸漿
200108
枇杷黄なり今日もリハビリ変らずに
桑原敏枝
いろり
200108
枇杷食べつ見てをり窓の外の雨
宮津昭彦
200108
枇杷の種子落ちて跳ねたり木の床に
宮津昭彦
200108
光陰を惜しむ二人の前に枇杷
村越化石
200108
生き難く生き来て枇杷を賜りぬ
村越化石
200108
つぶらなる目に見つめられ枇杷をむく
朝妻力
俳句通信
200108
枇杷の実に夕餉のあとの日が余り
桑田眞佐子
火星
200109
初枇杷のほとけ顔する日曜日
木山杳理
京鹿子
200109
頭から何か飛び去る枇杷の種
滝沢環
京鹿子
200109
枇杷の種磨き上げたる艶もてる
西村しげ子
雨月
200109
石橋に副はす木橋や枇杷熟るる
間島あきら
風土
200110
枇杷のもう出しか食べさせ貰ひをり
田所節子
200110
枇杷熟れて径は谿へとなだれをり
木村真魚奈
京鹿子
200111
入母屋に菊間瓦や枇杷熟るる
福盛悦子
雨月
200111
熟れ枇杷に遺書の下書き怠けおり
北原志満子
海程
200111
枇杷を噛むこんな日はキスがしたくて
滝浪貴史
船団
200111
枇杷の木が路地くらくする冬隣
戸田喜久子
200202
枇杷もぐや大荒れの海まなかひに
皆川美恵子
春耕
200206
嘴でもぐ落ちる枇杷あり鴉の目
森理和
あを
200207
塔跡に汁したたらせ枇杷食うぶ
朝妻力
雲の峯
200207
母の忌の近づく枇杷のうすあかり
今村恵子
200208
実の八つ枇杷の一枝貰ひけり
松本文一郎
六花
200208
鈴なりの枇杷の実小さく色づきぬ
小黒加支
酸漿
200208
電線の鴉ぷいつと枇杷の種
赤座典子
あを
200208
野仏の手が屆きさう枇杷熟るる
宮原みさを
花月亭
200208

 

2020年7月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。