ビール 1      100句

ルンペン見つつ透明人間ビール呑む    平畑静塔

麦酒  ビール

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
鼻先に得体あり生ビールかな 岡井省二 199805  
煮干の粉ビール無花果餉三度 岡井省二 199808  
ビール飲むふるさと持たぬ者同志 しおやきみこ 船団 199812  
紙コップのビールの泡です今朝のキス 朝倉晴美 船団 199902  
コロッケとビールと君とペンギンと 尾上有紀子 船団 199902  
チーズ派の真ん前トーフ派黒ビール 須山つとむ 船団 199903  
休日の朝の寝床の缶ビール 平井奇散人 船団 199903  
溪流の底にゆらめくビール瓶 若井新一 199907  
風呂上がりやはりビールや峡の宿 稲畑廣太郎 ホトトギス 199907  
句敵をまづ誉めぐいとビールかな 吉岡純子 199907  
空広きアンダルシアのビールかな 中里信司 酸漿 199908  
波止に立つ男ピシッと缶ビール 辻享子 ヒッポ千番地 199908  
爆ぜるたびビールに映りて揚花火一 藤田寿子 ぐろっけ 199908  
海よりの昏れ引き寄するビールかな 関根洋子 風土 199910  
四十階女二人のビールかな 平田美紀子 風土 199910  
遠野郷の地ビールと聞くホップ棚 佐藤淑子 雨月 199910  
子が揃ひビールごときで酔ひにけり 三井孝子 六花 199911  
星仰ぐ妻との宴の缶ビール 川端実 遠嶺 199911  
歓びを分かつミニミニ缶ビール 池田かよ ぐろっけ 200001  
さつぽろビール工場跡の春の雪 杉浦典子 火星 200005  
二十歳は猛禽ビールごくりの一杯目 塩見恵介 虹の種 200005  
フロントの前通りきし缶ビール 飯塚ゑ子 ヒッポ千番地 200006  
手短に頼むと言ひてビール抜く 辻享子 六花 200008  
窯開けを明日といふ日のビール酌む 藤岡亰子 円虹 200009  
神戸港灯ともし頃の生ビール 梅谷昌弘 俳句通信 200009  
父と子のビール飲む顔似てきたり 林田加杜子 いろり 200009  
いかすみをすすめてビール差す女 朝倉富次 酸漿 200010  
知らぬ間にビールに強くなりし妻 二村蘭秋 雨月 200010  
老いたりと言はせぬビールあふりけり 西川五郎 馬醉木 200011  
ビールつぐことを覚えて孫機嫌 二村蘭秋 雨月 200011  
大船に乗りたくて生ビールのむ 鶴目鯛遊子 六花 200011  
中国のおたけびビール胃に沁みぬ 中里カヨ 酸漿 200101  
山伏が缶ビール買ふ特急車 品川鈴子 船出 200104  
冷しビール膝にこぼして咽せる海辺 中原梓 海程 200106  
指輪にもならずビールのプルトップ ロツキイ 六花 200107  
相席は寡黙な御仁生ビール 篠田純子 あを 200107  
定年を迎える児らとビール乾す 水野弘 ぐろっけ 200107  
神戸ビール苦み走った男なり ロツキイ 六花 200108  
ビール酒断つ癌薬のこの二年 中本柑風 馬酔木 200109  
ビールよく冷え栓抜きの見当らず 神谷瑛子 百鳥 200109  
犯人の目星つきたり生ビール 成澤桂助 百鳥 200109  
喉仏くくと貫くビールかな 宮原秋生 俳句通信 200109  
ビール旨し晩節思慮もなく生きて 宮原秋生 俳句通信 200109  
望遠鏡夕星に向けビール飲む 飯田眞理子 春耕 200109  
つかの間の親子の会話生ビール 林田加杜子 いろり 200109  
地ビールや九官鳥が「ボンジョルノ」 藤田京子 ぐろっけ 200109  
ビール缶女世帯と聞きゐしが 吉田裕志 200110  
完歩して高原の町ビール乾す 高畑信子 遠嶺 200110  
初七日のビール引き上ぐ井戸辺なり 田中英子 火星 200110  
再会を祝しビールを飲み干して 篠田三七子 いろり 200110  
気に入りのグラスにそそぐビールと私 芝宮須磨子 あを 200110  
ビール腹ならぬ術後の泡苦し 岡本幸枝 ぐろっけ 200110  
遁走の音軽やかにビール缶 泉田秋硯 200111  
ビール園ランチ九月の海辺かな 三橋泥太 遠嶺 200112  
一病を押してビールの積み下ろし 八田節子 ぐろっけ 200112  
ビール乾しマルク換算もつれける 大石喜美子 雨月 200201  
流木に男のロマンビール飲む 川副民子 船団 200201  
遠回りして地ビールの扉押す 中林明美 船団 200202  
電話待つビールの苦さかみしめて やのかよこ 船団 200202  
ぼうたんや点字でさけとビール缶 中川晴美 雲の峯 200207  
乾杯のコツプが四つビール注ぐ 小野寺節子 風土 200208  
昼ビール唯一軒の喫茶店 吉田王里 風土 200208  
看板のビール泡飛ぶガード下 広渡紀子 200208  
北欧の旅を語りしビールの夜 本郷桂子 円虹 200209  
天を突くビール倉庫や麦の秋 田中呑舟 火星 200209  
吟行子にビールの試飲ありにけり 堀田こう 雨月 200209  
アルプスの高嶺へビール乾杯す 金森信子 雨月 200209  
ビール造る工場もよく冷えてをり 萩谷幸子 雨月 200209  
地ビールを選ぶ楽しみムール貝 森下康子 200210  
やはらかく応へビールを噛んで呑む 丸山佳子 京鹿子 200210  
幸はほどほどが良しビール飲む 上原光代 酸漿 200210  
冷しあるビールにかくれラムネかな 二村蘭秋 雨月 200210  
ビール乾し夫が露台に星数ふ 指尾直子 雨月 200210  
ビール酌みミュンヘンの夜の更けゆけり 村生翠 雨月 200210  
ビール飲む理屈などみな後まはし 塩川雄三 築港 200210  
生ビール癒えざるこころ透かし飲む 小山田子鬼 200210  
俳諧の話になつて黒ビール 沼田巴字 京鹿子 200211  
三田はわが青春の町ビール酌む 三村純也 ホトトギス 200211  
スカラ座の昂りをもてビール酌む 岩波ふみ子 雲の峯 200306  
こぼしつつビールのジョッキ配り歩く 宮津昭彦 200307  
一口のビールに足のもつれけり 須佐薫子 帆船 200308  
新緑やドイツビールとソーセージ 小川洋子 帆船 200308  
宝石のやうな夜景や生ビール 遠藤米 帆船 200308  
生ビール恋さくさくと打ちあける 玉川梨恵 200308  
夫留守の銀婚の日のビール干す 小林かいう 200309  
約束のビールささげむ父祖の墓 塩谷はつ枝 馬醉木 200309  
とりあへずビール三本不死男の忌 鷹羽狩行 200309  
乾杯のビールを乾してより仲間 江木紀子 雨月 200309  
ビールの泡無口なる子の青髭に 村井久美子 200309  
相席の黒田杏子も黒ビール 堀内千鶴子 帆船 200309  
缶ビール一本で言ふさやうなら 高田令子 200309  
再会や同じ速さに減るビール 宇野友梨 200309  
地ビールや天領日田は杉の国 笠間圭子 京鹿子 200309  
哀愁のボレロよ男ビール酌む 山下佳子 200310  
この頃やをみなもビール豪快に 斉藤陽子 雨月 200310  
缶ビール開演前のささめきて 左官治郎 200310  
桂郎の目とはいかなる生ビール 島谷征良 風土 200311  
自販機のビール飲み干す独り旅 上岡末喜 築港 200311  
句会果て善し悪しは別ビール飲む 木下栄子 築港 200311  
一日の区切りの一つビール飲む 木下栄子 築港 200311

ビール2→

 

2020年6月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。