ばった(飛蝗 バッタ 螇蚸)         199句

街道を横ぎるバッタ最後は跳ね   天野慶子   檣

はたはた   ばった

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
バッタ跳ぶこの世のいろを負びながら 柴田いさを 船団 199812  
片足のバッタ吹かるる形なり 嵯峨根鈴子 火星 199907  
片足をあげて後ろに飛蝗の目 山田六甲 六花 199909  
バッタ飛ぶスペースシャトルの真似をして 小枝恵美子 ポケット 199911  
晴れわたる鉄砲町からバッタ跳ぶ 小枝恵美子 ポケット 199911  
おんぶばったよ荷はかるがると比良山系 若森京子 船団 199912  
白足袋に殿様バッタが居てござる 尾上有紀子 わがまま 200002  
迷いきしバッタ生れしばかりなり 山本潤子 いろり 200008  
ばった跳ぶ播磨灘から北前へ 山田六甲 六花 200010  
ばった飛ぶ旧街道を一と飛びに 小島美智子 風土 200101  
通夜の灯に精霊ばった入り来る 西村操 雨月 200101  
新潟は父郷の米搗きバッタかな 折原あきの 船団 200105  
蝗もやおんぶばったの相見する 大橋敦子 雨月 200111  
一周忌墓地よりばった飛びたちぬ 正木泰子 ぐろっけ 200111  
飛蝗とぶ北緯三十八度線 松山律子 六花 200208  
コズミックブルーの岬ばった跳ぶ 小澤克己 遠嶺 200209  
地下鉄のホーム跳ねてるバッタの子 山荘慶子 あを 200211  
登山靴八方へ散る飛蝗の弧 森理和 あを 200211  
長考の人を乱さず螇蚸とぶ 渡辺昌子 百鳥 200212  
飛蝗飛ぶ音や魚網の乾きゆく 大串章 百鳥 200212  
鉛筆にすがる飛蝗や明治村 石原光徳 酸漿 200312  
墓経や精霊ばった吾が胸に 古田考鵬 雨月 200401  
草葉食べ馬とバッタは面長に 佐藤喜孝 あを 200402  
舊知なる芽ヒバッタ佛の國 佐藤喜孝 あを 200404 ミャンマー
さみどりの飛蝗跳び出す恵方道 大平勝子 栴檀 200405  
透きとほる五大きちきちばったかな 近藤喜子 200501  
渡し舟飛蝗囲へる少年と 山崎靖子 200501  
風の谷きちきちバッタとびにけり 高橋将夫 星の渦 200507  
木曽古道脚に付きたる初螇蚸 辻恵美子 栴檀 200510  
お花畑飛蝗黄色の弧を描く 梅村五月 栴檀 200510  
草の葉に脱ぎしばかりの螇蚸の衣 原口洋子 栴檀 200511  
枯蓮にとびうつりたる飛蝗かな 山田六甲 六花 200511  
牛の背におんぶ螇蚸の身じろがず 吉田明子 200512  
バス来るや螺蛛ばった飛び立つ土手の音 小牧弘治 河鹿 200601  
辛うじて跳びし螇蚸やマフラー欲し 中田みなみ 200601  
掴みたる螇蚸の腹のやはらかし 河井富美子 ぐろっけ 200601  
ついと来て背を見せをる飛蝗かな 半谷弘子 遠嶺 200601  
子に追はれ車道に飛蝗跳び出せる 西村しげ子 雨月 200601  
廃線の錆びしポイント螇蚸とぶ 海野みち子 万象 200602  
遊行柳みちの螇蚸の空へとぶ 三関浩舟 栴檀 200603  
賑やかな集団下校児飛蝗追ふ 長尾和子 200611  
石佛を三段跳の螇蚸越ゆ 石橋萬里 ぐろっけ 200612  
さらばよときちきちばった低く飛ぶ 伊藤稔代 200701  
田の神の烏帽子に遊ぶ螇蚸かな 山内なつみ 万象 200701  
縞粋に空港島の螇蚸かな 山田夏子 雨月 200701  
庭石の片足螇蚸動かざる 吉田和子 ぐろっけ 200702  
飛び込んで飛蝗の滑る捨て茶碗 山田六甲 六花 200704  
わが身より跳びたるごとき螇蚸かな 百瀬七生子 海光 200705  
木道の夏の日バッタゐるゐるゐる 森理和 あを 200708  
蕗の葉におんぶばったが踏ん張って 須賀敏子 あを 200709  
跳んで跳んで子螇蚸に島無限大 杉山瑞恵 雨月 200711  
おんぶ螇蚸見てゐて夫に探さるる 高橋道子 200712  
介助犬じつと待ちゐる背に飛蝗 静寿美子 ぐろっけ 200802  
ばった飛ぶ宙に残りし草の色 東良子 首座星 200804  
菱バッタ紋白蝶におどろきぬ 佐藤喜孝 あを 200805  
飛蝗放ちぬ枯れ初めし葎へと ことり 六花 200811  
人差指逃れ飛蝗の大飛躍 渡邉孝彦 やぶれ傘 200811  
野路ゆくやばった蝗と横っ飛び 安達風越 雨月 200812  
罪も罰もなき空間をばった翔ぶ 泉田秋硯 200901  
吾の行く道の先々バッタ飛ぶ 高橋将夫 200902  
ひやひやとバッタの貌の拡大図 火箱游歩 船団 200903  
昼過ぎの鉄条網にばった居る 宮嵜亀 船団 200903  
枯色になりし飛蝗の日に飛べり 田中喜久子 酸漿 200906  
円墳の空の広さよ螇蚸飛ぶ 徳井節子 馬醉木 200911  
腕に来て止まる螇蚸の面がまへ 大平和男 200911  
螇蚸追ふ猫の目猫の手猫の口 篠田純子 あを 200911  
香草を取らむとするや螇蚸とぶ 竹内弘子 あを 200912  
銀色となりし飛蝗や風の葬 白髭美佐子 200912  
水音を遠くきちきち飛蝗かな 大島英昭 やぶれ傘 201002  
きちきち飛蝗ひっくり返って夜になる 吉弘恭子 あを 201003  
精霊螇蚸かつと日当る方へとぶ 宇都宮敦子 201011  
螇蚸の子跳ねる原つぱ鬼ごつこ 恒成久美子 ぐろっけ 201011  
草の根に日の差すおんぶばったかな 斧田綾子 201011  
ふる里の地名変はれど螇蚸飛ぶ 松嶋一洋 201012  
桃色の螇蚸現れけり南無三宝 延広禎一 201101  
われに捕まるとは育ちよき螇蚸 近藤喜子 201101  
畦道やおんぶ飛蝗に先越さる 谷村幸子 201101  
天は雲脱ぐや螇蚸を追ふ子らに 山﨑靖子 201101  
蔓草の混沌たるへ螇蚸飛ぶ 宇都宮敦子 201101  
摑みたる螇蚸と句帳手放さず 大石よし子 雨月 201101  
高だかと螇蚸とびゆく宮土俵 小林洋子 万象 201104  
子飛蝗へ残して摘めるバジルかな 片岡久美子 201110  
螇蚸飛ぶ日暈大きくなつてきし 水野恒彦 201110  
インターホン鳴らす夜更けの大飛蝗 鈴木照子 201111  
大螇蚸吾がもの顔に朝の浜 長濱順子 201111  
草々にひそむ飛蝗や古戦場 有本惠美子 ろんど 201112  
きちきち飛蝗雄の客のせ飛行かな 笹井康夫 201201  
子を背負ひ逃げる飛蝗や草の上 五十嵐勉 201201  
螇蚸とぶジョギングの列ものかはと 藤沢秀永 201201  
螇蚸とぶ音と思へりまだ見えず 柴田佐知子 201201  
少女期の面影妻の飛蝗追ふ 碇天牛 雨月 201201  
欄干の螇蚸川面へ跳ねにけり 鳳蛮華 201202  
雄を背におんぶ飛蝗の横つ飛び 國保八江 やぶれ傘 201202  
おんぶばったおんぶしていて何してる 火箱ひろ 船団 201203  
氷河址石の色して螇蚸とぶ 須賀充子 パミール越え 201206  
気配などなきところより螇蚸飛ぶ 布川直幸 201209  
崖つぷちへ誘ふやうに螇蚸飛ぶ 布川直幸 201210  
精霊蝗虫魔除けのやうに居着くなり 加藤峰子 201111  
水しぶき子ばった四方八方へ 福島松子 ぐろっけ 201211  
取り込みし洗濯物より螇蚸の子 藤田京子 ぐろっけ 201211  
逆茂木の等間隔を螇蚸とぶ 柴田志津子 201210  
さざれ波ゆるる落葉に飛蝗をり 森理和 あを 201211  
膝に来る螇蚸ガーデンコンサート 師岡洋子 ぐろっけ 201212  
飛蝗生れ早や貫禄の胸を反る 磯田せい子 ぐろっけ 201212  
飛蝗翔ぶ瀬音に負けぬ音立てて 松嶋一洋 201301  
夢殿へ行く日バッタによく出会う 坪内稔典 船団 201301  
畝立ての鍬にきちきちばった来る 小菅美代子 ぐろっけ 201304  
ばつた跳ぶ草の機嫌でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
ばつた跳ぶ高さを競ふことのなく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
波音に倦みてきちきちばつたとぶ 山尾玉藻 火星 201311  
踏跡は駅へ近道飛蝗かな 森理和 あを 201311  
墓碑守の殿様飛蝗に迎へらる 渕上千津 201311  
おんぶばつた如雨露の水に飛びだせり 西岡啓子 春燈 201311  
虚子句碑の上にきちきちばつたかな 大崎紀夫 やぶれ傘 201311  
ランドセルの弾む下校児蝗飛ぶ 和田森早苗 201312  
葉の先のこそと音して飛蝗かな 坂上香菜 201312  
少年の聖地よ螇蚸追ふ野原 近藤喜子 201312  
草漕げば湧き立つやうに螇蚸跳ぶ 原田達夫 201312  
朝露を蹴散らしとべりきちきち飛蝗 早崎泰江 あを 201312  
草揺るる飛蝗飛び込みたるあたり 大島英昭 やぶれ傘 201401  
母の手を払ひバッタを追ふ子かな 高橋将夫 201402  
おんぶばった両手に私は男の子 廣畑育子 六花 201402  
「まだゐたの」秋の飛蝗が小屋の戸に 能勢栄子 201402  
バッタ跳ぶ高機能付体重計 中村あいこ 船団 201403  
ばつた跳ぶ流線形の顔歪め 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
ばつた跳ぶ水惑星を凹ませて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201410  
わが影にきちきちばつたちよつと飛ぶ 上原重一 201411  
飛蝗にも五分の魂命乞ひ 竹内悦子 201411  
芝行けば方々跳べりばったの子 廣畑育子 六花 201411  
田廻りの野良着に縋る螇蚸かな 新谷フクヱ 末黒野 201412  
葉の蔭のおんぶ飛蝗を捕へけり 野村重子 末黒野 201412  
飛蝗とぶまたとぶ風は日のにほひ 安藤久美子 やぶれ傘 201412  
草原と化したる庭や飛蝗跳ぶ 久世孝雄 やぶれ傘 201412  
うちは太鼓の鬼が飛蝗を弾きけり 今澤淑子 火星 201412  
墓参飛蝗追ひゆく子を叱り 志方章子 六花 201412  
草を発ち草に落ち着くばったかな 佐津のぼる 六花 201412  
螺旋階児童駆けきちきちばつた飛ぶ 相沢有理子 風土 201412  
雨粒の残る下草飛蝗とぶ 福永幸子 末黒野 201501  
くすぐつてやれば米搗くばつたかな 笹村政子 六花 201501  
掴まれて大きな貌のばつたかな 比嘉半升 万象 201508  
繩文人の歩いた起伏バッタ飛ぶ 佐藤喜孝 あを 201509  
急雨来る大きな飛蝗部屋の中 森理和 あを 201510  
螇蚸とぶ筋力まざとてのひらに 浅田光代 風土 201511  
故障したやうにきちきちばつた飛ぶ 高橋将夫 201511  
ひとところ草のゆれゐし螇蚸かな 森田尚宏 201511  
若きらと語る憲法ばつた跳ぶ 佐藤博重 春燈 201512  
じやんけんで負けておんぶのばつたかな 甕秀麿 201512  
をみな等に殿様ばった捕へられ 堀田清江 雨月 201512  
童心にかへる一瞬ばつた追ふ 大橋伊佐子 末黒野 201601  
ばつた跳ぶ風まかせなる着地点 斉藤マキ子 末黒野 201601  
ひとり居を出づれぱ野辺に待つばつた 井上浩一郎 ホトトギス 201602  
r陪塚ばいちょうを動かず殿様ばつたかな 廣畑育子 六花 201602  
聖堂の祈りへばつた飛びにけり 竹下陶子 ホトトギス 201604  
抜けてゆく畦道ばつた従へて 稲畑汀子 ホトトギス 201610  
飛蝗の子抓めばよよと折れるかに 荒木甫 201610  
供華に付き来しかばつたの宝前に 宮原悦子 雨月 201611  
飛蝗とぶ空の青さを一気呑み 鈴鹿呂仁 京鹿子 201611  
バツタの子草に抱かれて風となり 赤松鈴江 京鹿子 201611  
螇蚸とぶ墓地にて僧を待つてをり 井上和子 201611  
めんどりのそ知らぬ顔やばつたんこ 吉田葎 201611  
籠のばつた帰心の翅の光りゐる 近藤喜子 201612  
本願は絶対他力ばつたんこ 柳川晋 201612  
空中の利権捕らへる殿様ばつた 鈴鹿呂仁 京鹿子 201612  
水撒くやおんぶばつたの手の甲に 松本文一郎 六花 201612  
螇蚸飛ぶ虫の五輪を夢見ては 相良牧人 201612  
掌の中に螇蚸)充ちたる日のぬくみ 宇都宮敦子 201612  
春雨にいとはん濡れて行かはつた 稲畑廣太郎 ホトトギス 201612  
踏入れば螇蚸きらきら八方へ 水野加代 万象 201612  
子ども用椅子がばたばた螇蚸かな たかはしすなお 201612  
バッタバッタわがもの顔でいいんです 辻水音 201612  
朝日さすエジソン通りバッタ跳ぶ 笹村恵美子 201612  
草見上ぐバッタの腹の黄金色 七郎衛門吉保 あを 201612  
きちきちと跳んでばつたは草の色 中村房子 馬醉木 201701  
あら草や地球はみ出しバツタ飛ぶ 森川絢子 京鹿子 201701  
ビル街にのめつて捕ふ螇蚸かな 鎌田光恵 201701  
静寂を拵へてゐるばつたんこ 箕輪カオル 201702  
昼月や飛蝗の跳ぬる能舞台 井上和子 201702  
先客の飛蝗のすがる手摺りかな 板谷俊武 末黒野 201702  
故障したやうにきちきちばつた飛ぶ 高橋将夫 蜷の道 201704  
太陽の中よりきちきちばつた来る 神蔵器 風土 201708 『能ケ谷』
バッタのお葬式する動物園 つじあきこ 201709  
乱読の時間の外をばつた跳ぶ 鷺山珀眉 京鹿子 201709  
わが家系辿れば庶民バツタ跳ぶ 村田あを衣 京鹿子 201710  
ばつた捕りあの直向きさ甦れ 中西恒弘 201711  
草引くやばつた子ばつた八方に 池田光子 風土 201711  
跳ぶよりも跳ばさるる距離ばつたの野 湯川雅 ホトトギス 201712  
踏み込めばワタワタワタとバッタ跳ぶ たかはしすなお 201712  
おんぶばったはるちゃんからは逃げたがる つじあきこ 201712  
殿様ばつた体育館の正面に 高田令子 201712  
手の螇蚸縁は異なものあやしをり 石田きよし 201712  
記録など意識のそとに#x8787;蚸とぶ 寺田すず江 201712  
飛蝗跳ぶ草の闇より音立てて 赤松有馬守破天龍正美 六花 201801  
鎌の刃におんぶばつたの飛び来る 山田健太 風土 201801  
ひらひらと飛蝗は宙に透きとほり 大島英昭 やぶれ傘 201711  
大阿蘇や歩めば飛蝗とび散りて あさなが捷 201712  
ばつた跳ぶ音の引張る行方かな 湯川雅 ホトトギス 201802  
目の前の未来信じてばつた跳ぶ 木暮陶句郎 ホトトギス 201803  
地滑りの闇よりきちきちばつたかな 笹村政子 六花 201803  
悪霊もバッタも跛扈雲は秋 坪内稔典 船団 201812  
生きている一日一錠バッタ飛ぶ 陽山道子 船団 201812  
このところカレーばっかり飛蝗とぶ 粟津さくら 201901  
飛ぶたびに色の褪せゆく飛蝗かな 笹村政子 六花 201902  
精霊ばった籠牢獄と思ひをり 大橋晄 雨月 201902  
精霊#x8787;蚸地震に傾く墓一基 山田夏子 雨月 201902  
日矢はねてはねてきちきちばつたの野 今橋眞理子 ホトトギス 201903  
薬草園猫と飛蝗の絡み合ひ 飯塚トシ子 201907  
袖に入るばつた可愛や惣五郎 山田六甲 六花 201909  
縄張のある筈もなし螇蚸跳ぶ 大島寛治 雨月 202001  
動かざるばつたの目立つ白き壁 出口誠 六花 202001  
八方に飛蝗ちらして測量士 能美昌二郎 202001  
オンブバッタも育メンですか夕べ来る 片山煕子 京鹿子 202001  
ジャコメッティばりの精霊ばつたかな 中村嵐楓子 春燈 202001  
自惚れの殿様ばった天を蹴る 鈴鹿呂仁 京鹿子 202010  

2020年10月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。