薔 薇 2   200句

薔薇の香の紛々として眠られず   正岡子規

薔薇  バラ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
証券マン薔薇に刺されし指をなめ 浜麻衣子 六花 200109  
薔薇園にゐて薔薇色を問はれをり 中野たけみ 雨月 200109  
薔薇の香の坩堝の中をたもとほる 片山茂登雄 円虹 200109  
ジャズ低音木香薔薇の膨張す ふけとしこ 船団 200109  
木香薔薇越えては風の重くなる ふけとしこ 船団 200109  
木香薔薇溢るる家の人を知らず ふけとしこ 船団 200109  
段々と薔薇増え暗くなる地上 武馬久仁裕 船団 200109  
セロファンに薔薇の移り香明易し 岡本眸 200109  
薔薇垣を紙の飛行機越えゆけり 今井忍 ぐろっけ 200109  
テノールのソロの余韻や今朝の薔薇 千島町子 ぐろっけ 200109  
薔薇アーチくぐり湖辺の美術館 三崎由紀子 遠嶺 200110  
高嶺薔薇霧がかくまふ真紅 渡邊千枝子 馬醉木 200110  
沼の面の岳すぐ翳る高嶺薔薇 手島靖一 馬醉木 200110  
衣更へて薔薇の都に仮寓かな 中川壽子 百鳥 200110  
ゆらりとす蜥蜴全長薔薇にのせ 佐藤京子 百鳥 200110  
亡きひとは無きひとならず白薔薇 加藤翅英 京鹿子 200110  
夕月を水色の薔薇に埋める 金子皆子 海程 200110  
薔薇に雨レイテ戦記を再読す 冨田明子 百鳥 200111  
一輪の薔薇挿して母迎へけり 塚本泰子 酸漿 200111  
紅の薔薇紅の言葉持つ 瀬川照子 船団 200111  
名の薔薇になりて王妃等囲わるる 佐渡美佐子 船団 200111  
冷酷な鏡のちから薔薇咲けり 柴田いさを 船団 200111  
主なき徳利に白き薔薇一輪 片野光子 ぐろっけ 200111  
原種には戻れない薔薇咲き誇る ゆにえす 船団 200112  
露天湯に薔薇を浮べて神無月 富田志げ子 酸漿 200201  
薔薇買うて活けて我が家の薔薇切らず 江木紀子 雨月 200201  
薔薇挿して山気にガレの灯を点す 熊岡俊子 雨月 200201  
アンネの遺品見し眼に薔薇の赤過ぎる 阪上多惠子 雨月 200201  
狭き門入りて薔薇の香修道院 龍神悠紀子 200201  
薔薇満開ガラスの割れる音が好き 小枝恵美子 船団 200201  
診断は早期のがんや薔薇の棘 辰巳比呂史 200202  
さみしさの棘さしだして赤い薔薇 松山順子 船団 200202  
ひっそりとふやすと決めたとき薔薇の棘 松山順子 船団 200202  
名薔薇のくれなゐをふと重しとも 山田弘子 円虹 200202  
棘太き薔薇のアーチや園枯るる 前川みどり 春耕 200203  
祝婚歌弾く半身は薔薇の蔭 荒井千佐代 系図 200203  
薔薇買つて帰る1DKの部屋 中村房枝 六花 200205  
薔薇園の剪定容赦なき漢 安部和子 雨月 200205  
薔薇垣を越えてボールがまた飛び込む 西宮舞 200206  
薔薇の家バレエ新入生募集 鷹羽狩行 200207  
小包は薔薇の苗木の二尺ほど 武井美代子 風土 200207  
高台に洋館聾え薔薇咲けり 平形貞子 200207  
パレットに溶く色乾く薔薇の園 平形貞子 200207  
風薫る薔薇の館のコンサート 平形貞子 200207  
服の色決まりて薔薇の色決まる 山田弘子 円虹 200207  
賜りし薔薇十本を卓上に 長山野菊 雲の峯 200207  
薔薇手入れする花のため人のため 塩川雄三 築港 200207 浜寺公園
紅薔薇思ひ違ひをされてゐし 下村志津子 銀化 200207  
わたくしとふ体面に薔薇あしらへり 水木沙羅 銀化 200207  
余るほど仏滅の薔薇生けませう 山田六甲 六花 200207  
一本の薔薇の置かれし厨口 谷口佳世子 200207  
まつすぐに息する薔薇の風の中 松岡隆子 200207  
口笛を犬のとがめし薔薇の邸 泉田秋硯 200208  
むつかしき顔の園丁薔薇守る 山口速 200208  
薔薇垣にヴィーナスの名の星出づる 山口速 200208  
緋の薔薇を一輪まじへ青嵐 林翔 馬醉木 200208  
珈琲に溶く溜息や薔薇の雨 永井たえこ 馬醉木 200208  
かたくなに人拒みゐる薔薇の門 日浦静代 百鳥 200208  
白薔薇のブーケ笑顔の娘の受くる 羽生節子 200208  
考へてみよと真紅の薔薇届く 小澤克己 遠嶺 200208  
四五人の尼僧に出合ふ薔薇の園 橋本良子 遠嶺 200208  
玉手箱開いて見れば薔薇の園 土岐明子 遠嶺 200208  
みな止まるプレイボーイといふ薔薇に 上田祥子 遠嶺 200208  
バースデーケーキと薔薇とロゼワイン 堀内千鶴子 帆船 200208  
石棺に彫られし薔薇や夏の月 池田冨美 帆船 200208  
薔薇抱いて笑顔を使ひ切つてをり 下材志津子 銀化 200208  
薔薇の前皮靴のふと立ち止まる 房安栄子 築港 200208  
ケネディの悲しみいまも白薔薇 山本喜朗 雨月 200208  
ひと色に咲いて北京の薔薇の園 金森教子 雨月 200208  
膝の児の睡気移り来薔薇の昼 堀田恵美子 雨月 200208  
薔薇育てダンス習ひにゆく夫人 丸尾和子 雨月 200208  
妻に贈りしこと無き薔薇がいま盛り 原教正 200208  
目の芯を透明にする薔薇の雨 長岡新一 200208  
紅薔薇に触れれば熱き掌が 宇野さかゑ 200208  
聖扉かなアンネの薔薇のからみをる 金澤明子 200208  
薔薇大輪あんぱんまんを横に立て 小田元 六花 200208  
薔薇の門少し気取りて潜りけり 小林光美 春耕 200208  
卓に薔薇遅き目覚の電話口 岡本眸 200208  
夕薔薇や船笛ながく旅めきぬ 佐藤佐代子 200208  
白き薔薇覚めをり沖の光りをり 坂田富佐雄 200208  
回覧板手に立語薔薇の昼 宮沢千恵子 200208  
人去りて薔薇の移り香残りけり 稲岡長 ホトトギス 200209  
雲水の足首見ゆる薔薇の垣 大山文子 火星 200209  
散髪をして彼が来る薔薇の垣 大山文子 火星 200209  
マジョリカ展紗の窓掛に薔薇透きて 村上光子 馬醉木 200209  
薔薇溢れテラス歌劇の舞台めく 辰巳比呂史 200209  
とくとくと赤き薔薇酒や江戸切子 島村絹美 200209  
その人に薔薇の香りを遮ぎられ 山田閏子 円虹 200209  
とげ多き薔薇に挫折をしらぬ意地 荻野千枝 京鹿子 200209  
花束は薔薇の花束叩かれし 深澤鱶 火星 200209  
七年の過ぎたる薔薇の垣根かな 平岡千代子 百鳥 200209  
薔薇庭にあまた咲かせて入院す 羽根田和子 百鳥 200209  
目覚むれば白壁ばかり薔薇匂ふ 羽根田和子 百鳥 200209  
薔薇競ひ咲けり五月を送らむと 宮津昭彦 200209  
慰みの言葉は要らぬ紅薔薇 赤羽正行 遠嶺 200209  
雨もよひ際立つ薔薇の紅さかな 堤陽子 遠嶺 200209  
詩人の死杳く悼みて白薔薇 湯浅夏以 遠嶺 200209  
薔薇の名はダビデの妻になりしひと 島すが子 200209  
薔薇垣の切れ間が出口無人駅 宮坂和之 帆船 200209  
白々と早い夜明けや薔薇匂ふ 大浦ヤ 帆船 200209  
一炊の夢だに見ざり薔薇枕 杉山瑞恵 雨月 200209  
薔薇赤し裏側の窓嵌め殺し 杉山瑞恵 雨月 200209  
独り居のやすらぎ薔薇の風透る 吉田眞弓 雨月 200209  
ロクデナシ聞きロクデナシ薔薇真紅 角田信子 六花 200209  
薔薇という文字は書くたび怖いです 松本恵子 六花 200209  
薔薇を手にやさしき孫は男の子 安保信子 六花 200209  
病室へ妊婦の抱く薔薇の束 松本文一郎 六花 200209  
チャペル開け放ち仏滅薔薇の雨 浜麻衣子 六花 200209  
純白に執す漢や薔薇を撮る 浜麻衣子 六花 200209  
聖鐘や某家某家の薔薇の婚 浜麻衣子 六花 200209  
容赦なき視線や薔薇のこはれさう 長井順子 200209  
髪を梳く肘の明るさ薔薇の風 長井順子 200209  
薔薇の窓閉めるひとりの音立てて 長井順子 200209  
薔薇満開影生む隙もなかりけり 奥澤和子 200209  
薔薇を見る心のどこか冷めてをり 奥澤和子 200209  
病むに似て薔薇爛熟の刻の中 奥澤和子 200209  
王女の名掲げし薔薇の一重なる 中根美保 風土 200210  
洋館の出窓をふさぎ薔薇の鉢 吉川智子 200210  
見つつ来て見つつ曲りし薔薇の家 今井千鶴子 ホトトギス 200210  
一市民たり薔薇手入するときは 今井千鶴子 ホトトギス 200210  
薔薇園に雹の狼藉ありし跡 今井千鶴子 ホトトギス 200210  
薔薇剪つて還らぬ人の誕生日 山田弘子 ホトトギス 200210  
日を吸ふも弾くも薔薇の色なりし 稲岡長 ホトトギス 200210  
薔薇に風触れてそよがすほどでなし 稲岡長 ホトトギス 200210  
喪の家の夜をはげしく薔薇にほふ 降矢郊二 百鳥 200210  
薔薇咥へけり一輪をさらに剪る 岡本眸 200210  
薔薇公園近し薔薇垣の家多し 三宅句生 馬醉木 200211  
白薔薇に朝日燦々さしにけり 三宅句生 馬醉木 200211  
白薔薇の一片散りて蝶と飛ぶ 三宅句生 馬醉木 200211  
ラベル名は芳純とこそ匂ひ薔薇 三宅句生 馬醉木 200211  
日盛りにいよいよもえて匂ひ薔薇 三宅句生 馬醉木 200211  
抜けるほど空青くして薔薇祭 三宅句生 馬醉木 200211  
足痛みきし薔薇園の広さあり 三宅句生 馬醉木 200211  
薔薇を見て疲れきし目に小滝あり 三宅句生 馬醉木 200211  
薔薇園の夕日に飛べり赤とんぼ 三宅句生 馬醉木 200211  
薔薇園に今絢爛の夕日なり 三宅句生 馬醉木 200211  
隣人とまだなじめずに薔薇手入れ 池谷市江 200211  
聾吾に眼だけが頼り薔薇を見る 伊田和風 円虹 200211  
薔薇園に船首かむさり来るごとし 岡本眸 200211 横浜港
人生を変へたる薔薇の香りかな 須藤常央 ホトトギス 200212  
外国の窓辺を飾る薔薇赤し 川島澄子 酸漿 200212  
薔薇匂ふ傘を低めにさしにけり 梅村達子 帆船 200301  
薔薇一輪見つめて受ける麻酔針 小田知人 ぐろっけ 200301  
紙の音して薔薇の花凍てにけり 宮川みね子 風土 200303  
人の名を戴く薔薇や四旬節 秋田谷明美 帆船 200304  
点滴の一滴二滴薔薇匂ふ 小野寺節子 風土 200304  
薔薇を剪る女医の手にある花鋏 小野寺節子 風土 200304  
つくづくと病みて今更薔薇愛す 小野寺節子 風土 200304  
霜焦げの薔薇なほ紅し久女の忌 川勝春 馬醉木 200305  
刺のなき薔薇さすバレンタインの日 井上あい 風土 200305  
明日は雨てふ薔薇園に誘はるる 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
今心軽し薔薇園抜けて来し 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
思ひつきてふ買物の薔薇を抱き 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
薔薇咲かせ棚田の中のレストラン 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
薔薇赤し風もろともに剪りにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
風の薔薇雨の薔薇とて三日目に 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
薔薇を剪る君も棘持つ女かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200305  
薔薇の門ブロンズ像の肌かな 中田禎子 200305  
犬は犬語薔薇は何語がわかります 松山律子 六花 200305  
棘憚らず祝婚の薔薇の束 小林呼溪 200306  
白薔薇の咲きつぐアーチ精神科 須佐薫子 帆船 200306  
薔薇の香を出て薔薇の香の路地に入る 朝妻力 雲の峯 200306  
百万本いいえ一本の薔薇でいい 須賀敏子 あを 200306  
試写会の女優の抱く紅き薔薇 中野たけみ 雨月 200307  
さう言へばかの日の薔薇は真紅 山田天 雨月 200307  
薔薇アーチ三とせとなりて咲き誇る 渡辺君恵 帆船 200307  
薔薇を選る顔に絆創膏のあと 木村みかん 200307  
庭手入れ薔薇の辺りよりはじめたり 吉成美代子 あを 200307  
太陽の集まつてくる薔薇の園 塩川雄三 築港 200307  
人為では出せぬ色合薔薇の花 塩川雄三 築港 200307  
薔薇赤し心に棘を隠しゐて 塩川雄三 築港 200307  
薔薇屋敷過ぎてこちらは猫屋敷 高千夏子 200307  
薔薇園に来て車椅子よく動き 米倉よしお 雲の峯 200307  
薔薇垣に川波の照る中之島 米倉よしお 雲の峯 200307  
やや冷えて薔薇の五月のはじまりぬ 岡本眸 200307  
たつぷりとミルク注がれし薔薇の風 岡部名保子 馬醉木 200308  
純白の薔薇一輪を娶るかな 小澤克己 遠嶺 200308  
夜の薔薇の花芯の蜜に溺れけり 小澤克己 遠嶺 200308  
朗報をあきらめつつも薔薇を買ふ 井上みち子 帆船 200308  
子の心見えぬ日のあり薔薇匂ふ 陣野今日子 風土 200308  
大輪の薔薇這ふ虫よなぜ急ぐ 片山タケ子 200308  
家までを回り道して薔薇の昼 押尾弘子 対岸 200308  
ワイン樽ひんやり眠り薔薇の昼 斉藤利枝子 対岸 200308  
刃こぼれの如くひとひら薔薇散りし 上澤邦彦 対岸 200308  
薔薇匂ひまぶしき朝の顔洗ふ 石川貞子 対岸 200308  
嬰の耳も爪ももも色薔薇の昼 石川貞子 対岸 200308  
同窓会余韻を胸に薔薇手入 竹内紫翠 築港 200308  
薔薇挿して贈恵句集読みふける 中島一管 築港 200308  
撮られゐしモデルくつろぐ薔薇の昼 大柳篤子 雲の峯 200308  
薔薇ずつと抱かれて居たい顔をする 射場智也 六花 200308  
幸せの一と日や庭の薔薇剪りて 高橋照子 雨月 200308  
薔薇薫るダウニング街十番地 山本喜朗 雨月 200308  
ケネディとふ白薔薇咲く日矛をさむ 山本喜朗 雨月 200308  
花襞の色を深むる薔薇夕べ 落合由季女 雨月 200308  
薔薇園に薔薇見て若き日の還る 斉藤陽子 雨月 200308  
あてがうてみる手に重き薔薇大輪 山田天 雨月 200308  
白薔薇身に付くるもの軽やかに 山田由利枝 雨月 200308  
薔薇昏れてジャンボ機のいま上昇す 比田誠子 百鳥 200308  
薔薇咲けば窓のかくれる牧師館 西山恵子 200308  
頬に風薔薇の門あるレストラン 牧原和美 200308 薔薇→ 3

 

2020年6月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。