バ ラ   109句

雨宿りしてしばらくはバラの前    山口青邨

薔薇  バラ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
バラの赤バラの黄バラの白 岩田浩明 船団 199811
バラに来て神父のように歩くとは 坪内稔典 船団 199811
超音して真白なバラが傾ぐ昼 中林明美 船団 199811
蔓バラや少年が為す棒登り 中林明美 船団 199811
バラ園の黄バラの側の猫車 中林明美 船団 199811
バラ園を出て海鳥のこと想う 中林明美 船団 199811
バラ一輪二人の会話セリフめく 大倉郁子 船団 199812
夏が走って来た バラの花の間から私を見ていた メラニー・マギエ 船団 199903
ベランダへ登りしバラよ風に揺れ 大内裕家 酸漿 199908
バラ園の日差し眩しい2人です 朝倉晴美 船団 199908
還暦の鼻に立てたるバラの棘 中谷まもる 火星 199909
バラ園にゐてロシアだのコスボだの 中谷まもる 火星 199909
舟形の島の舳先のバラ満開 中谷まもる 火星 199909
バラに背を向けて釣果を尋ねをり 中谷まもる 火星 199909
バラ咲いて言葉が欲しい日曜日 田中藤穂 水瓶座 200002
バラ剪って深手負ひたる手首かな 田中藤穂 水瓶座 200002
薬がバラ色というのが詩的。 志方桜子 六花 200005
バラの苗町の入口にて買へり 仲村青彦 200006
バラ咲いてつぎつぎ浮かぶ友の顔 篠田三七子 いろり 200007
洋バラのウェディングドレスごと 中野辰子 いろり 200008
天鵞絨のバラを育てし西洋館 稲岡達子 円虹 200010
バラ咲かすついでの風に吹かれおり 中原幸子 遠くの山 200010
青色を全て埋ずめてバラを挿す 北原武巳 船団 200010
パラパラとジャズ聞いているバラは実に 星野早苗 空のさえずる 200002
指先は頭に直結バラ芽立つ 小枝恵美子 ポケット 199911
山頂や雷雲がバラ色に 三池泉 船団 200102
バラ園にかぎろふ二輪在りにけり 金澤明子 火星 200107
バラの香や渡せぬままの恋つなぐ 上條幸子 あを 200106
同じバラ咲かすナースに看取らるる 村越化石 200109
バラ剪つて日の中にわが顎存す 岡井省二 200109
ミニバラの白清清とブーケかな 須賀敏子 あを 200205
水を得て色香もどりし見舞バラ 吉田多美 京鹿子 200208
バラ散つて雨に明るき日ぐれかな 北嶋美都里 200208
バラ園に海昏れてゆくばかりなり 黒田咲子 200208
バラの赤目覚むるほどに昼深し 三宅句生 馬醉木 200211
バラ園のバラ満開の暑さかな 三宅句生 馬醉木 200211
二次会へ新郎バラを持て走る 篠田純子 あを 200305
昨夜の雨支えておりしバラの花 西塚成代 六花 200309
売りし家の今も名残りのバラアーチ 田中時子 八千草 200311
バラの芽のドームの向う麟麟立つ 小田元 六花 200407
バラの花廻つているよきれいな血 寺門武明 あを 200406
白バラの枠飾りする開化ぶり 豊田都峰 京鹿子 200407
バラ飾り山手一〇〇番館通り 豊田都峰 京鹿子 200407
バラ園の裸婦像の腕天へ伸ぶ 田中藤穂 あを 200407
バラの花ゆすればひそと星落ちる 渡邉友七 あを 200407
バラは天に雲は木にあるあしたかな 佐藤喜孝 あを 200407
満開のバラの凝視にある愁ひ 山口奈代 河鹿 200408
台風に耐へし金賞バラ誇る 沼口蓬風 河鹿 200502
自選句の一句決まらずバラを嗅ぐ 筒井圭子朗 ぐろっけ 200308
心電図波形の底のバラの棘 星加克己 ぐろっけ 200409
バラの芽のふくらみ雨に濡れてゐる 栢森定男 風よ 200407
この場所を香りで覚えバラの園 大空純子 ぐろっけ 200508
思ひよせ買ひしバラの名イエスタデイ 大石たか 遠嶺 200509
バラの芽の真実赫し迷ふとき 田原陽子 200606
金のシベ残し透けゆく白きバラ 岡敏恵 ぐろっけ 200608
服薬は一日三度バラ黄色 中原幸子 以上、西陣から 200705
高らかに鐘の音渡るバラの園 佐野静子 遠嶺 200709
バラ園に咲けり友好都市のバラ 鈴木愛子 ぐろっけ 200709
世界との距離か白バラまで数歩 坪内稔典 稔典句集U 200804
バラ眞紅寝ころぶがごと轉びけり 芝尚子 あを 200807
カルメンの唇に真紅のバラの刺 木村茂登子 あを 200807
退院やブラックホールと赤いバラ 中野京子 200808
説得の味は濃い目にバラの棘 松田都青 京鹿子 200809
みそつ滓のんど流るるバラの蜜 瀬川公馨 200909
バラ苑は色の洪水咽喉渇く 丹生をだまき 京鹿子 200909
白バラの白からやってきたか、君 坪内稔典 船団 200909
バラの名はマチルダ君は山田さん 坪内稔典 船団 200909
バラ咲きぬ愛の讃歌を流すべし 苑田ひろまさ 201007
ひとりワルツ夜や眞紅のバラの前 田原陽子 201008
古河は世界のバラをいと目なく 北村香朗 京鹿子 201103
バラの花束数多の棘を知りつくし 堀内一郎 あを 201106
棒のごと立つバラの枝新芽吹き 堀口香代子 ぐろっけ 201107
バラの門くぐり回覧板まはす 大西八洲雄 万象 201108
泣くことをバラ園の人許されよ 和賀俊子 ぐろっけ 201109
名高きにシヤツターの列バラの園 東秋茄子 京鹿子 201111
バラ園を川が囲んで水澄んで 坪内稔典 船団 201201
角々にバラ高く盛り園の午後 豊田都峰 京鹿子 201208
女にもこの世に住処バラアーチ 増本明子 ぐろっけ 201208
大輪のバラ名女優の名がまぶし 東秋茄子 京鹿子 201209
夫婦してバラ園めぐりひと鉢買ふ 東秋茄子 京鹿子 201209
継続は力と個展バラさはぐ 上家弘子 ろんど 201209
バラの名のトーマス氏とは僕である 坪内稔典 船団 201212
バラはバラを誇り花瓣を反らしをり 佐藤喜孝 あを 201305
終電の男の膝にバラの束 井手本恭子 201311
バラの芽を二寸伸ばして雨上る 中西明子 京鹿子 201507
バラの名はアブラカタブラ深紅なる 時田義勝 やぶれ傘 201509
露をおぶバラの洗礼十七歳 久保夢女 201511
夕暮れのバラの孤独かマティーニ 鶴濱節子 船団 201512
朽ちていくバラの匂いの午前二時 鶴濱節子 船団 201512
集合は雨のバラ園前のはず 渡部ひとみ 船団 201602
旅路より帰ればバラの家となり 今井春生 201609
棘の無いバラを咲かせてふと思案 久保夢女 201610
棘バラに出入りするたびとがめらる 松村光典 やぶれ傘 201610
バラ一枝握り生き直せぬものか 直江裕子 京鹿子 201610
一輪の空色のバラ本棚へ 渡部ひとみ 船団 201701
水切れの赤バラ黒くあり尖る 火箱ひろ 船団 201805
高慢なバラを諫めよ雨よ降れ 大日向幸江 あを 201807
咲ききりしバラの翳りを見し夕べ 寺田すず江 201808
赤いバラ指が淋しいのでさわる 火箱ひろ 201809
風青しバラよバラよとマイク真木 辻水音 201910
バラ垣にキューピッドの矢が折れて 波戸辺のばら 201910
人生は黄昏バラ園は真昼 太田沙良 201910
放心てふ心の隙間バラ崩る 安田優歌 京鹿子 201911
入口も出口もバラの香をくぐり 武藤節子 やぶれ傘 202007
花が好きバラ百本のバースデー 中島久生子 202009
紅きバラ捧げ黒人霊歌かな 熊川暁子 202009
赤いバラ甘い言葉に落し穴 植田秀子 京鹿子 202009
バラ一輪牛の流せる血のにほひ 丸井巴水 京鹿子 202104
馥郁たるバラ園にゐて寡黙なる 加倉井たけ子 202107

 

2022年5月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。