泡 盛    27句

泡盛を石川桂郎手で制す    金子蛙次郎

泡盛  焼酎  冷や酒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
泡盛や幽かな淵に呼び出され 村上瑪論 銀化 200010
泡盛や俺は偉いと膝叩く 辻享子 六花 200107
泡盛やほどよき頃に島の唄 春田淳子 俳句通信 200109
大甕に泡盛醸す蔵涼し 近藤暁代 馬醉木 200110
海荒れて泡盛のよく空く日なり 村上瑪論 銀化 200201
車座の女ひとりと泡盛と 須佐薫子 帆船 200209
宮古島泡盛酌むにアロハ着る 安井和子 200308
亀甲墓泡盛の瓶灼けてをり 牧野睦子 200407
泡盛を五腑にそろりと那覇の夜 坪田秀邑 河鹿 200409
大瓶の泡盛冴ゆる古酒古々酒 尾辻のり子 河鹿 200503
泡盛と婚姻色の魚下げて 須佐薫子 帆船 200507
泡盛に今日の記憶を消し去りぬ 松村響子 四葩 200601
生きのびて泡盛なんぞ胃の中に 竹内悦子 200601
泡盛の甕のしづかや父の忌来 栗原完爾 春燈 200706
泡盛にコツと氷の浮き沈み 布川直幸 200710
泡盛や巧言令色鮮矣仁 檜山哲彦 万象 200802
贈られし泡盛に酔ひ君想ふ 小島昭夫 春燈 200807
届きたる甕の泡盛先ず試飲 岸はじめ ぐろっけ 200809
泡盛や切子グラスも海のいろ 益本三知子 馬醉木 201109
泡盛や沖縄びとと夜を更かす 北崎展江 くりから 201209
泡盛を一気に干すや海紅豆 前田美恵子 201210
泡盛は匂ふにとどめたる上布 だいじみどり 201212
泡盛の古酒(クース)ロックや海の碧 丸山酔宵子 かさね 201305
久米仙といふ泡盛に舞ひ落つる 柳川晋 201411
泡盛の馥郁として海紅豆 岡 尚 風土 201708
泡盛をロックで斑蝶の昼 佐久間敏高 201908
泡盛や酔ひしまなこに紫紺の海 川端正紀 春燈 202008

 

2021年7月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。