朝 顔 3  100句

朝顔や濁り初めたる市の空    杉田久女    杉田久女句集

朝顔  あさがほ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
早暁の朝顔市に人気あり 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
朝顔の水色小さし海女の垣 関口ゆき あを 200307  
朝顔の芽生えたる日やミシン来る 野口伸二 帆船 200308  
顔に日の差し朝顔を売る男 今瀬剛一 対岸 200308  
朝顔の百花の裏に蔓からむ 鷹羽狩行 200309  
朝顔や路面軌道に油の香 朝妻力 雲の峰 200309 住吉まんだ池
売り切つて朝顔市の三姉妹 金子つとむ 雲の峰 200309  
朝顔の力貰うて旅に出づ 葛馬房夫 雨月 200309  
朝顔や潮騒とどく路地に住む 櫻井幹郎 百鳥 200309  
入谷発朝顔市の宅急便 池田静枝 帆船 200309  
朝顔の高きをめざすくねり蔓 板倉幸子 築港 200309  
七七忌白朝顔のぽつと咲き 福井隆子 対岸 200309  
朝顔や早々来たる見舞状 岡久枝 酸漿 200309  
よい方へよりよい方へ朝顔市 森理和 あを 200309  
朝顔の数はきのふと変はらねど 鷹羽狩行 200310 同人・湯峯チヨさんを悼み
朝顔の今朝ひらく花しぼむ花 藤井圀彦 200310  
一つ咲く藍朝顔の息吹かな 竹内悦子 200310  
朝顔を数へて一日始まれり 東口博美 酸漿 200310  
朝顔にまだ新しきたたみ皺 岩田登世 雨月 200310  
朝顔の咲く路地を来る往診医 阿波谷和子 雲の峰 200310  
朝顔を咲かせて路上駐車かな 渡辺周子 雲の峰 200310  
ポンプ井戸ありて朝顔萎れずに 堀田政弘 200310  
母逝きて朝顔市を素通りす 小野崎清美 百鳥 200310  
朝顔の咲きのぼりたる虚空かな 南うみを 風土 200310  
初々しく紺の朝顔七七忌 平間裕子 対岸 200310  
朝顔の鬼子母神より届きけり 野村登紀子 帆船 200310  
朝顔の紅き大輪手に受くる 日高久子 築港 200310  
初咲きの朝顔紫紺絞りなり 庄野房女 築港 200310  
朝顔の手にやる雨の晴間かな 川上美穂子 酸漿 200311  
朝顔の一輪紺を極めたる 青木政江 酸漿 200311  
花数をかぞへ水やる朝顔に 亀井香草 築港 200311  
朝顔や腹式呼吸五十回 斎藤和江 帆船 200311  
この年の朝顔の空サキソホン 中島陽華 200311  
朝顔をきれいな膝の過ぎゆけり 徳永真弓 百鳥 200311  
朝顔の筆太ぶとと咲くかまへ 林日圓 京鹿子 200311  
朝顔やどの花となくひるがへり 和田敏子 雨月 200311  
朝顔の亜種とふ花の昼も咲き 久保田雪枝 雨月 200311  
佃島店の朝顔二階まで 芝尚子 あを 200311  
朝顔や白壁ぞひの宿場町 延川五十昭 六花 200311  
朝顔の双葉あるゆへ庭に出ず 延川五十昭 六花 200311  
朝顔の水玉光る昼下り 永田勇 六花 200311  
葉に力入れ朝顔の咲きにけり 今瀬剛一 対岸 200311  
人つれて犬朝顔の朝の藍 道具永吉 対岸 200311  
朝顔や日誌に記す花の数 小林恵子 遠嶺 200311  
朝顔を抱へ全校登校日 長沼三津夫 200311  
朝顔の明日咲く色とみていとし 谷ナミ子 200311  
朝顔の鉢を残して転校す 中田寿子 ぐろっけ 200311  
日に透いて朝顔の藍極まれる 大関とし子 築港 200312  
朝顔の地べたに咲けり涼新た 城孝子 火星 200312  
朝顔の種色づける朝かな 中谷喜美子 六花 200312  
朝顔や練習曲の聞えくる 谷上佳那 百鳥 200312  
世も変り紅き花咲く朝顔も 長谷川登美 ぐろっけ 200312  
朝顔の鉢入口に理髪店 花房敏 ぐろっけ 200312  
朝顔見るための早起き内緒めく 川村紫陽 200401  
糸瓜忌の晴れて朝顔ひと盛り 飯塚雅子 200401  
朝顔の種採り午後はものを書き 青砥真貴子 200401  
朝顔の棚片付けぬ昼下がり 仲谷兼子 草の花 200401  
朝顔の咲くさみしさの十一月 早崎泰江 あを 200402  
まづ土を買ふ朝顔を蒔く支度 伊藤早苗 200406  
朝顔の紺一輪のアリアかな 星加克己 ぐろっけ 200409  
朝顔市この一鉢に決めにけり 太田佳代子 春燈 200410  
暮れ残る朝顔市の露店かな 石塚ゆみ子 遠嶺 200410  
身を捩りひらく朝顔風の撫づ 柴田雪路 200410  
薄明の朝顔星と交歓す 今瀬一博 200410  
香煙の朝顔市でありにけり 落合絹代 雨月 200410  
選ぶなら朝顔の江戸むらさきを 落合絹代 雨月 200410  
飛ぶやうに売れ朝顔の団十郎 落合絹代 雨月 200410  
朝顔に声かけてきて旨寝せり 折原烈子 帆船 200410  
朝顔の藍連続ドラマ十五分 坂本フジ 帆船 200410  
朝顔や水に始まる豆腐店 貝森光大 六花 200410  
打水と朝顔の朝のとほくとほく 里中章子 200410  
朝顔の開いてをりぬ処暑の午後 赤座典子 あを 200410  
赤朝顔写楽の色のはじけたる 田代ヨシ 河鹿 200411  
朝顔の藍こそよけれ江戸育ち 高根照子 200411  
朝顔の行方を探る蔓の先 森野俊子 遠嶺 200411  
初七日や朝顔の紺引き締まり 野上智恵子 万象 200411  
朝顔の鉢を持ち出すぼやの家 名和政代 万象 200411  
朝顔や終の一花と思ひしに 長谷川千枝子 200411  
朝顔の終の一花は葉を持たず 林昭太郎 200411  
朝顔の路地に始まる機械音 永嶋みね子 火星 200411  
朝顔の紺の気負ひし木曾の天 荻野嘉代子 春燈 200411  
朝顔や夜会結びの黒き髪 大森道生 春燈 200411  
朝顔や昭和佳きころ懐しき 村岡春夫 春燈 200411  
うへ向いて朝顔のはや終るらむ 伊藤早苗 200411  
朝顔を巻かせて隠したきことも 伊藤早苗 200411  
朝顔や映ゆる二輪の茶会かな 栗山恭子 帆船 200411  
朝顔の咲いて園児を欺かず 渡邉春生 百鳥 200411  
朝顔や一刷けの雲遥かなる 鈴木實 百鳥 200411  
朝顔の色濃く咲けり山の宿 藤森万里子 百鳥 200411  
掛籠に朝顔終の一花かな 神蔵器 風土 200411  
朝顔のつひの一輪ひらききる 竹内弘子 あを 200411  
朝顔の蕾にひそむ眠り姫 品川鈴子 ぐろっけ 200411  
嚢中を朝顔市に見透かさる 栗田武三 ぐろっけ 200411  
朝顔や児童十人如露五つ 三嶋隆英 馬醉木 200412  
亡き夫や日日朝顔の小振がち 島すが子 200412  
朝顔の種採り素十の忌とおもふ 鈴木智子 草の花 200412  
台風のあと朝顔の地に咲けり 後藤和朗 200412  
朝顔に瑠璃濃き色の日毎増え 吉田眞弓 雨月 200412  
水色の朝顔咲けり夢二の忌 高橋としを 酸漿 200412  
朝顔の種採る母の顔優し 梅原美子 200412 朝顔 →4

 

2014年8月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。