朝 顔 1  100句

朝顔を薯蕷と見るまで秋闌けぬ    成美

朝顔  あさがほ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
一稿は朝顔の紺萎えぬ間に 山田弘子 春節 199503  
口開けに買ふ朝顔の「団十郎」 神蔵器 風土 199809  
絵日記や双葉となりぬ芽朝顔 飯塚ゑ子 火星 199810  
朝顔へ寝起の貌を近づける 皆川盤水 春耕 199810  
朝顔や取り澄したる少女過ぐ 三崎由紀子 遠嶺 199811  
朝顔大輪おれは図抜けて大俳人 雲閑亭只今 船団 199811  
色別に採り朝顔の種の黒 杉浦典子 火星 199812  
稿に倦き朝顔の実を採りにでる 皆川盤水 春耕 199812  
朝顔やエコロジ顔なる花泥棒 葉月ひさ子 船団 199812  
朝顔の種指先で揉みほぐす 若月瑞峰 春耕 199901  
朝顔の種採る父の大きな掌 皆川盤水 春耕 199903  
朝顔や舌出している隣の子 中林明美 ヒッポ千番地 199905  
朝顔の蔓の自由のはじまりし 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
朝顔の萎えて朝の心失せ 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
今日二つ三つ朝顔の通り道 稲畑廣太郎 ホトトギス 199908  
朝顔の根本に魚の鱗かな 田畑幸子 火星 199908  
玄関に朝顔咲かせホテルかな 保坂加津夫 いろり 199908  
塀ごしに咲く朝顔のこむらさき 尾形不二子 遠嶺 199909  
朝顔へ水ふんだんに忌日来る 明田和子 199909  
朝顔の立つ這ふ反るも嵯峨流か 丸山佳子 京鹿子 199909  
朝顔や短きいのち惜むかに 久保田一豊 いろり 199909  
朝顔市はぐれぬやうに従いてゆく 大平保子 いろり 199909  
朝顔のかたき莟を買ってくる 大平保子 いろり 199909  
朝顔に見入れる人のうなじかな 林翔 馬醉木 199910  
色なだれ朝顔市の追ひ荷着く 岡田貞峰 馬醉木 199910  
朝顔のひらきはじめてとどまらず 鷹羽狩行 199910  
朝より朝顔市の人いきれ 片山由美子 199910  
はぐれたる朝顔市の一人かな 片山由美子 199910  
朝顔市裏に聖学院高校 片山由美子 199910  
鈴の音の朝顔市を帰りくる 小澤克己 遠嶺 199910  
おほかたは裏側淋し朝顔市 斎藤珠子 遠嶺 199910  
朝顔の入谷の市や傘の列 金子八重子 酸漿 199910  
朝顔のおぼえなき紺咲きにけり 中島徳子 酸漿 199910  
朝顔の喇叭に耳を近づける 金子つとむ 俳句通信 199910  
朝顔の色移ろいて暮れにけり 久保田一豊 いろり 199910  
朝顔に夜明の星の瞬けり 清水志無子 風土 199911  
勤行の終ひに朝顔参りかな 平田紀美子 風土 199911  
売り人の一人は仮眠朝顔市 上田希実 遠嶺 199911  
目覚めよき日や朝顔の白ばかり 長沼三津夫 199911  
這ひ咲きに終り朝顔小さかり 能村登四郎 芒種 199911  
朝顔の八つ咲いてる弁当屋 小枝恵美子 ポケット 199911  
朝顔に団十郎の品のあり 小黒カツ 酸漿 199912  
二階より朝顔の種採りてをり 中根美保 風土 199912  
佃島の朝顔鉢の路地を過ぐ 石丸弥平 春耕 199912  
路地に朝顔アメリカにエノラ・ゲイ 池田澄子 船団 199912  
夢つかむやも朝顔の遊び蔓 鳴海清美 六花 199912  
朝顔の宿題家族巻き込みて 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
朝顔の盃に空ひとしづく しおやきみこ 船団 199912  
朝顔の青のつづきは夢の中 薮ノ内君代 船団 199912  
朝顔は大きく描き観察記 真鍋滝子 ぐろっけ 199912  
朝顔の明日咲く花も子と数え 真鍋滝子 ぐろっけ 199912  
朝顔の蔓のゆくへは風の中 北川とも子 ぐろっけ 199912  
朝顔の咲けば即ち風来たる 嶋田一歩 ホトトギス 200002  
朝顔の蔓の自在に支柱伸ぶ 雨宮照代 風土 200002  
入谷にて紺の朝顔選びをり 雨宮照代 風土 200002  
朝顔の淡くせつなき恋は青 尾上有紀子 わがまま 200002  
きりきりと朝顔も時も右廻り 尾上有紀子 わがまま 200002  
朝顔は留守電再生できません 尾上有紀子 わがまま 200002  
朝顔の森で迷子になっている わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
朝顔の紺の映れるにはたづみ 松本恭昂 火星 200004  
東京や朝顔と食ふ卵飯 塩見恵介 虹の種 200005  
朝顔を売る父娘ともいなせ 杉良介 200007  
朝顔のなほ咲き残るところあり 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
朝顔に水を欠かせぬ旅用意 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
大輪の朝顔にして揺るぎなし 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
朝顔の播かざる種の生えにけり 保坂加津夫 いろり 200008  
朝顔や根岸の里のなつかしく 熊谷みどり いろり 200008  
浅草の朝顔市も久しぶり 熊谷みどり いろり 200008  
土よせて朝顔苗を植ゑにけり 佐藤フクエ 春耕 200008  
橋二つ渡り朝顔市に着く 水原春郎 馬醉木 200009  
朝顔の五本仕立や喜雨亭忌 水原春郎 馬醉木 200009  
朝顔の垣の向うの朝餉かな 家塚洋子 酸漿 200009  
蔓なしの朝顔千代尼驚喜せむ 大橋敦子 雨月 200009  
台風の名残り朝顔市に吹く 小林螢二 春耕 200009 (入谷)
朝顔の佃小橋に蔓伸ばす 柚口満 春耕 200009  
朝顔咲く赤・茶・紫・紺・浅黄 松崎鉄之介 200009  
夕づきて朝顔市の鉢届く 松崎鉄之介 200009  
朝顔や柱の先より戻りけり 中野辰子 いろり 200009  
皺だらけなり朝顔の咲きはじめ 飯塚やす子 200010  
たをやかに朝顔咲いて破れけり 内野修 海程 200010  
家々に暮しそれぞれ朝顔咲き 長尾康子 風土 200010  
朝顔の深き花芯に心寄す 林翔 200010  
病団十郎見得を保てる朝顔ぞ 岡田貞峰 馬醉木 200010  
ベランダに伸びて朝顔紺ばかり 山岸治子 馬醉木 200010  
聖時鐘朝顔凛とひらきけり 山岸治子 馬醉木 200010  
朝顔の昼を見舞ひて友来たる 足立浩一 200011  
島径や草に絡みて野朝顔 山田弘子 円虹 200011 宮古島
朝顔を少し汚して火山灰の庭 小田道知 円虹 200011  
白朝顔町医にすこし子が馴れて 坂本俊子 200011  
朝顔の去年より花をふやしけり 笠原フミ 酸漿 200011  
紺朝顔ひと夜ねかせし胸の底 北川孝子 京鹿子 200011  
素泊の窓に朝顔馳走なる 利根川博 銀化 200011  
遣り水や明日咲くらしき朝顔に 木内美保子 六花 200011  
朝顔の白妖しくて危ふくて 長山あや ホトトギス 200012  
朝顔や蕊の奥には淵を秘め 長山あや ホトトギス 200012  
朝顔や風の囁く円周率 長山あや ホトトギス 200012  
頼るもの無くて朝顔地に開く 林克已 ホトトギス 200012  
朝顔の左に巻くもDNA 林克已 ホトトギス 200012  
朝顔の咲くやいまだに孫持てず 柴原保佳 ホトトギス 200012  
朝顔や気楽な暮し千住路地 柴原保佳 ホトトギス 200012 朝顔 →2

 

2020年8月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。