6     100句

石肌をながるる如く蟻二つ    京極杞陽

  羽蟻

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
雨粒に乱れてゐたる蟻の列 高倉和子 200709  
ただ蹤いてゆくだけもゐる蟻の列 定梶じょう あを 200709  
わが一歩蟻は千歩や雲の峰 水原春郎 馬醉木 200709  
巡礼の坂へ坂へと蟻のぼる 中島久子 馬醉木 200709  
蟻の列働きづめの無位無冠 宮脇ちづる 200710  
緋の袈裟に蟻遊びゐる山陵祭 狭川青史 馬醉木 200710  
一匹の蟻に声かけ床を拭く 四條進 200710  
封切れば私信はらりと羽蟻の夜 佐藤博美 200710  
梅雨明け蟻の右往左往をまたぎ越す 小林清之介 風土 200710  
すんなりと通らぬまこと蟻の道 舩越美喜 京鹿子 200710  
殺す前にようく眺めて春の蟻 中原幸子 船団 200710  
憲法九条わたしの腕を蟻がゆく 中原幸子 船団 200710  
首振つて顔這ふ蟻を守宮拒否 森理和 あを 200710  
蟻どちの修羅のもの曳く神の前 長沼三津夫 200710  
湧き止まぬ蟻や沼照り募りつつ 坪井洋子 200710  
活字より蟻の生まれて走り出す 高野幸次 200711  
いづこより幸せ求め蟻の列 高野幸次 200711  
振り返ることなく進む蟻の列 高瀬桜 200711  
蟻の荷を仔細に見れば稲の花 金井充 百日紅 200711  
山蟻の夢は出稼ぎ熔岩の道 牧野麦芽 京鹿子 200711  
知恵伊豆の墓所に発する蟻の道 内藤呈念 ホトトギス 200712  
園児等に蟻は触角立ててをり 山村桂子 遠嶺 200712  
カーニバル四通八達蟻走る 岡本幸枝 ぐろっけ 200712  
黒蟻の通草の口を出入りす 笹村政子 六花 200801  
蟻穴を背面跳びで出でにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200803  
一ぴきの蟻を見盡す晝の山 佐藤喜孝 あを 200805  
海近き喫泉涸れて蟻這へり 岡本眸 200805  
いつ出来しいつ消えしかと蟻の道 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
蟻の道踏みさうに来しハイヒール 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
蟻の道古木の根方へとつづく 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
山の蟻踏み越えてゆく蟻の道 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
第三の蟻も巻き込み闘へり 鷹羽狩行 200806  
土を掘る幼なに不思議蟻出づる 柳生千枝子 火星 200806  
動くもの運びて蟻は難渋す 小川匠太郎 200807  
穴出でし蟻一列の律儀かな 鈴木撫足 春燈 200807  
放水に隣家解体羽蟻とぶ 岸はじめ ぐろっけ 200807  
蟻の穴探すふたりの媼かな 米山喜久子 200808  
蟻の列古き我家を囲みけり 米山喜久子 200808  
高きより降り来る蟻よ道一筋 林翔 200808  
あら不思議失せものが出て蟻生る 田原陽子 200808  
しゃくやくの深き淵より蟻もどる 南うみを 風土 200808  
雲迅し庭に見なれぬ蟻の列 高木曽精 春燈 200808  
挫折など知らぬ姿の蟻登る 高橋宏行 遠嶺 200809  
蟻の列地鎮の祝詞はや終り 戸田和子 200809  
運慶の仁王と知らず蟻のぼる 渡部磐空 200809  
蟻走るものみな巨き総本山 柿沼盟子 風土 200809 総持寺
尼寺の門守る蟻の巨きかり 田中みのる 火星 200809  
真白な紙を真直ぐ夜の蟻 野崎タミ子 炎環 200809  
頭重くあらば蟻の列ながめむと 近藤公子 200809  
ありありと蟻の道あり遠嶺あり 小山徳夫 遠嶺 200810  
山蟻が畳を這うて在所寺 酒本八重 200810  
道端の毛虫に群れる蟻千匹 福島ゆき子 ぐろっけ 200810  
火葬場の横へと乱れ蟻の道 荒木甫 200810  
雷や地の蟻急ぐことも無く 廣瀬雅男 やぶれ傘 200810  
行き行きて行方わからぬ蟻の列 きくちきみえ やぶれ傘 200810  
上りがまちに蟻一匹や京の寺 勝原文夫 ペン皿 200811 京都行
蟻の列天竺までも行く決意 吉田裕志 200811  
まつすぐに進むものなし蟻の列 若井新一 200811  
夜の蟻泉鏡花を繙けば 鶴岡加苗 200811  
富士を見てをりしが蟻を見ることに 嶋田一歩 ホトトギス 200811  
動員令出しかに忙し蟻の列 北尾章郎 200811  
蟻しんと巣穴へ仲間の屍曳く 布川直幸 200811  
あひ逢はぬこともさだめや蟻の道 久保東海司 200811  
句碑の前蟻の長考さまたげず 中山皓雪 200811  
蟻のぼる彫ふかぶかと特攻碑 米澤光子 火星 200811  
落蝉に蟻一山を築きけり 粟倉昌子 200812  
振りむかずひたすら前を蟻の道 柴田靖子 200812  
落蝉を力づくにて曳ける蟻 藤原春子 六花 200812  
よろこび狂ふ蟻続々と穴を出で 瀧春一 深林 200901  
蟻穴を出でて直ちに曳き来るもの 瀧春一 深林 200901  
蟻の道散らし小さな嘘をつく 岡田満壽美 夢のごとしと 200904  
この蟻に帰る巣のある夕ベかな 岡田満壽美 夢のごとしと 200904  
先頭はモーセに非ず蟻の道 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
ねえあなた私の袖の蟻取つて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
蟻の道昨日と違ふ曲り角 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
潦大海として蟻の道 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
列乱る蟻のフエロモンまだ弱し 伊吹之博 京鹿子 200906  
蟻穴を出づひと粒の土咥へ 布川直幸 200906  
蟻の道シルクロードヘつづくごと 伊藤憲子 200907  
蟻の道庄屋の土間を貫きて 水原春郎 馬醉木 200907  
女王に会うてもみたき蟻の塚 徳田千鶴子 馬醉木 200907  
囁き合ひてうなづき合ひて蟻の列 見田英子 春燈 200907  
山蟻の私語を信じて義経堂 鈴鹿仁 京鹿子 200907  
蟻見ては蟻さんの歌爺婆と 木原今女 ぐろっけ 200907  
蟻登る文字摺草の螺旋階 久保田由布 ぐろっけ 200907  
蟻穴を出でてダンスの輪に入りぬ 近藤倫子 ぐろっけ 200907  
蟻の列人海戦といふがあり 辻直美 200908  
樹にのぼる孤独の蟻のうろうろす 松井のぶ 200908  
山深し蟻一匹の命かな 小林宙太 炎環 200908  
毎日が日曜蟻の穴のぞく 浜口高子 火星 200908  
にぎはしき声なき声や蟻の道 大山妙子 酸漿 200908  
山蟻の住み住む浄土句碑は古り 鈴鹿仁 京鹿子 200908  
石棺の底より登る蟻の列 中村恭子 200908  
蟻の巣の観察続くガラス瓶 鬼頭佳子 200908  
柩には柩の重さ蟻の道 曽根新五郎 炎環 200909  
蟻に這はれ夢二生家の昼下り 豊田都峰 京鹿子 200909  
イソツプの蟻の話に子が寝落つ 佐々木紗知 京鹿子 200909  
子はいつか親の先ゆく蟻の列 渡邊泰子 春燈 200909  
唐丸籠据ゑし三和土を蟻走る 近藤敏子 200909  
曲がらねばならず曲って蟻の列 定梶じょう あを 200909 蟻 →7

 

2019年8月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。