秋の蝶 3  200句

松の木に吹あてられな秋の蝶   舟泉   曠野集

秋の蝶  秋蝶

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
秋の蝶耳朶うすくなりにけり 堀内一郎 あを 200909  
ことぶれのごとくに飛んで秋の蝶 鷹羽狩行 200910  
葉より葉ヘエピローグとも秋の蝶 和田郁子 200911  
句読点ありあり秋の蝶舞へり 小澤克己 遠嶺 200911  
総身に風の感触秋の蝶 小田里己 200911  
寺もまた夢ある国や秋の蝶 沼田巴字 京鹿子 200911  
加齢とは優しき言葉秋の蝶 池村惇子 馬醉木 200912  
秋の蝶舞うて大空無重力 大島みよし 200912  
標本の種類あまたや秋の蝶 中川すみ子 200912  
こぼれ陽に影の漂ふ秋の蝶 川崎光一郎 京鹿子 200912  
よろよろと何を捜すか秋の蝶 坂口三保子 ぐろっけ 200912  
菜園に色鮮やかな秋の蝶 鈴木敬一 200912  
初めての佛事に慣れず秋の蝶 石川かおり 201001  
秋の蝶草のあはひを漂へり 乙坂きみ子 末黒野 201001  
山中に遭へば嬉しき秋の蝶 東良子 遠嶺 201001  
ひともしてゆくかのやうに秋の蝶 沼田巴字 京鹿子 201001  
淡き夢誘ひ上手の秋の蝶 吉岡知香 京鹿子 201001  
藤村の墓前に舞へや秋の蝶 山田春生 万象 201001 大磯
わたくしの忘却曲線秋の蝶 佐藤弘香 ろんど 201001  
秋の蝶立ちつくばひに羽休め 斉藤小夜 風土 201001  
野の花に翅を休めて秋の蝶 橋本ふさ子 201001  
滑走路脇の草叢秋の蝶 小澤昭之 201001  
沖風に逆らふ修羅の秋の蝶 矢田かずこ 201001  
紫の花を伝ひて秋の蝶 後藤とみ子 ぐろっけ 201001  
静けさの糸引くやうに秋の蝶 市村健夫 馬醉木 201001  
秋の蝶雨の鎖に捕はるる 木暮陶句郎 ホトトギス 201002  
晴天の軒より低く秋の蝶 小倉正穂 末黒野 201002  
沢音の高まる方へ秋の蝶 成田美代 201002  
秋の蝶膝にまつはる遺跡原 田中道江 万象 201002  
舞ひ降りる落葉と見紛ふ秋の蝶 加藤慶治 201003  
顔パスで通る改札秋の蝶 中島玉五郎 201010  
いちまいの雲追ふ如し秋の蝶 鈴鹿仁 京鹿子 201010  
動くもの追へばほろほろ秋の蝶 和田郁子 201011  
風立てば風を掴みて秋の蝶 鴨下昭 201011  
秋の蝶東寺の市の砂ぼこり 大山文子 火星 201011  
拭き上げし玻璃に寄りくる秋の蝶 石田きよし 201011  
草花に寄ればつと飛ぶ秋の蝶 長崎桂子 あを 201011  
旅なれや手どりて放つ秋の蝶 佐藤いね子 馬醉木 201012  
草ぐさにはじかれてゐる秋の蝶 市村健夫 馬醉木 201012  
児の見えぬ公園風の秋の蝶 吉田きみえ 末黒野 201012  
五箇山の余情流して秋の蝶 北川孝子 京鹿子 201012  
約束を重ねてをりぬ秋の蝶 井上信子 201012  
しずしずと文台捌き秋の蝶 竹下昭子 ぐろっけ 201012  
老い楽の恋は危うし秋の蝶 貝森光洋 六花 201012  
一輪車の女児にまつはり秋の蝶 三川美代子 201101  
草の上につまみて移す秋の蝶 堀江惠子 201101  
秋の蝶息ととのへて翔ちにけり 宮井知英 201101  
低く舞へど落つることなし秋の蝶 高橋大三 ぐろっけ 201101  
走り根に平たくとまる秋の蝶 垣岡暎子 火星 201102  
そそくさと門を開ければ秋の蝶 中尾廣美 ぐろっけ 201102  
大地いま季節足踏み秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 201109  
目の前を過りたるより秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 201109  
細りたる草と吹かるる秋の蝶 武井美代子 万象 201110  
人を恋ふ人ある佐保路秋の蝶 笠井清佑 201111  
しばらくは猫と戯れ秋の蝶 中西理一郎 201111  
隠沼の精霊に乗る秋の蝶 佐々木紗知 京鹿子 201112  
水嵩増す湖へは出でず秋の蝶 松本三千夫 末黒野 201112  
低空に徹し細かき秋の蝶 坂場章子 201112  
卵生む翅つかひをり秋の蝶 大山文子 火星 201112  
翅立てて動き忘るる秋の蝶 蟻蜂 六花 201112  
秋の蝶朝日に透けてをりにけり 蟻蜂 六花 201112  
作務僧の帚にまとふ秋の蝶 那須淳男 馬醉木 201201  
秋の蝶六十がれの闇を出づ 大村峰子 万象 201112  
神々のうしろに遊ぶ秋の蝶 本多俊子 201201  
異人坂風に彷徨ふ秋の蝶 秋場貞枝 春燈 201201  
音信を待つゆらゆらと秋の蝶 田中藤穂 あを 201112  
秋の蝶三尺落ちて又舞へり 上辻蒼人 風土 201201  
秋の蝶無紋の羽をひるがへす 野口喜久子 ぐろっけ 201201  
片足の鳩にゆらゆら秋の蝶 岡田満喜子 ぐろっけ 201201  
よろよろと上へ下へと秋の蝶 長瀬節子 ぐろっけ 201201  
秋の蝶いまの光を楽しめり 新江たか ろんど 201201  
翅の影石に忘れし秋の蝶 河村啓花 ろんど 201201  
寸劇の途中で秋の蝶になる 山中志津子 京鹿子 201201  
秋の蝶己の影へ重なりぬ 笹村政子 六花 201201  
高空に透けてゆくかよ秋の蝶 吉弘恭子 あを 201112  
トラックの巻き上げる風秋の蝶 篠田純子 あを 201112  
秋の蝶漂ふやうに舞ひゐたる 上辻蒼人 風土 201202  
苔錆の灯籠めぐる秋の蝶 乗光雅子 雨月 201202  
石に影焼きつけて去る秋の蝶 山崎青史 ろんど 201202  
カーテンに巻き込まれたる秋の蝶 志方章子 蟋蟀 201203  
熔岩原の素十の句碑や秋の蝶 有賀昌子 やぶれ傘 201204  
舞ひ落つる色葉と見ゆる秋の蝶 菅原孟 かさね 201209  
刺子さす媼の指へ秋の蝶 伊藤憲子 201211  
人恋ふや前に後ろに秋の蝶 清水元子 末黒野 201211  
秋の蝶ひたすら川を渡りゆく 近藤喜子 201211  
藥草の山医王嶺に秋の蝶 中山純子 万象 201211  
やまとたけるの森の暗きを秋の蝶 安部和子 雨月 201211  
鮮麗なり黄を翻す秋の蝶 赤座典子 あを 201211  
草の丈尺と離れず秋の蝶 松本三千夫 末黒野 201211  
畑に見し今年最後の秋の蝶 青木英林 かさね 201212  
雨上り仲間求めて秋の蝶 後藤克彦 かさね 201212  
いずこへかひらりひらりと秋の蝶 吉田博行 かさね 201212  
秋の蝶木漏日の中ヒラヒラと 菊地崇之 かさね 201212  
草叢の紫花に秋の蝶 田中清秀 かさね 201212  
母を恋ふ波郷の句碑へ秋の蝶 中沢三省 風土 201212  
通院の夫の後先秋の蝶 藤田京子 ぐろっけ 201212  
幔幕の羽団扇紋や秋の蝶 南恵子 万象 201212  
秋の蝶三角点にしがみつく 松尾芳子 万象 201212  
〓(木無)の秀を風と渡りし秋の蝶 玉田瑞穂 万象 201212  
秋の蝶坂につづきし空に消ゆ 竹田ひろ子 ろんど 201212  
寸刻の翅の鎮もり秋の蝶 坂場章子 201301  
日のいろの濃(こまか)きところ秋の蝶 柿沼盟子 風土 201301  
秋の蝶影を濃く引く日差しかな 唐澤よし枝 京鹿子 201301  
草かげに息ととのへて秋の蝶 熊切光子 末黒野 201301  
街筋の寺門に入るや秋の蝶 今泉あさ子 末黒野 201301  
廃村に野仏一基秋の蝶 野畑さゆり 201301  
秋の蝶黒子遣ひが下駄鳴らす 福島せいぎ 万象 201303  
秋の蝶ゆつくり羽をたたみけり 飯塚満里子 万象 201303  
茅葺の萱を繕う秋の蝶 陽山道子 船団 201304  
長岡の秋の蝶とは風任せ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
低く来て色濃かりけり秋の蝶 井上信子 201310  
影連れて吹かれ飛びせる秋の蝶 田中浅子 201311  
友の死を告げて舞ふのか秋の蝶 丸山酔宵子 かさね 201311  
檀那寺より踵き来たる秋の蝶 小林輝子 風土 201311  
辻曲がるをんな振り向く秋の蝶 中野さき江 春燈 201311  
秋の蝶寂しさ見せず戯るる 大口堂遊 春燈 201311  
秋の蝶いのちの果てを睦みあふ 高橋将夫 201311  
秋の蝶紅白帽を越えゆけり 井上静子 201311  
朴の葉に打たれさうなる秋の蝶 山田六甲 六花 201311  
追ふ方も追はるる方も秋の蝶 山田六甲 六花 201311  
秋の蝶訪へる残りの白詰草 赤座典子 あを 201311  
息継ぎの井戸にひと息秋の蝶 藤見佳楠子 201312  
秋の蝶とどまる杜の投句箱 辻知代子 201312  
廃屋に何を求めて秋の蝶 伊東和子 201312  
日向へと羽ばたき急ぐ秋の蝶 伊藤和子 201312  
ゆるやかに小庭を巡り秋の蝶 山本茂子 末黒野 201312  
秋の蝶雨後をひたすら揺蕩ひぬ 今野明子 末黒野 201312  
ゆつたりと翅を開け閉ぢ秋の蝶 久世孝雄 やぶれ傘 201312  
拠りどなきうしろ姿の秋の蝶 水野恒彦 201312  
秋の蝶糸見えねども縫れ合ふ 山田六甲 六花 201312  
秋の蝶赤のまんまに戻り来よ 山田六甲 六花 201312  
秋の蝶返事の返事のはがき来る 杉浦典子 火星 201312  
流行の柄とは言へぬ秋の蝶 久米なるを 201312  
塚に佇ち小督偲べば秋の蝶 水野節子 雨月 201312  
人送るバス停までを秋の蝶 福田葉子 201401  
この庭が好きです秋の蝶がくる つじあきこ 船団 201401  
さつきから胸の高さに秋の蝶 田村すゝむ 風土 201401  
青空市場午後はカフェに秋の蝶 門伝史会 風土 201401 スプリット
消えがての影を籬に秋の蝶 千手和子 馬醉木 201401  
秋の蝶風に吹かれて空に消え 三浦澄江 ぐろっけ 201401  
秋の蝶風のかけらのやうにかな 箕輪カオル 201401  
秋の蝶ローズマリーにまぎれけり 涼野海音 火星 201401  
来賓のリボンに来たり秋の蝶 前田忍 火星 201401  
練塀にまじる貝殻秋の蝶 福島せいぎ 万象 201401  
木洩れ日に紛うて消えぬ秋の蝶 久保多惠子 万象 201401  
花びらのやうに吹かれて秋の蝶 宮井知英 201402  
毛越寺の庭の遣り水秋の蝶 國保八江 やぶれ傘 201402  
蜘蛛の囲に大羽広げ秋の蝶 大野芳久 やぶれ傘 201402  
古代まで行って来たのか秋の蝶 鶴濱節子 船団 201403  
湧水の流れに遊ぶ秋の蝶 川崎利子 201411  
縫れては瀬音弾ます秋の蝶 松本三千夫 末黒野 201411  
止まらうか止まらうよ秋の蝶 和田政子 201411  
妹に母の背とられ秋の蝶 山内碧 201411  
秋の蝶いとしきものを追ふやうに 近藤喜子 201411  
秋の蝶散華のごとく舞ひ落ちる 有松洋子 201411  
高く舞ひ来て明日からは秋の蝶 佐々木紗知 京鹿子 201411  
日溜りの石に瞑想秋の蝶 藤見佳楠子 201412  
次の世へ思ひつなぐか秋の蝶 大口堂遊 春燈 201412  
草叢を即かず離れず秋の蝶 池田節 春燈 201412  
秋の蝶出会ひ別れを熱きもの 柴田靖子 201412  
秋の蝶明日はなきかと今を舞ふ 岡崎柴田靖子 201412  
篁の風にのりたる秋の蝶 吉弘恭子 あを 201412  
抜きん出し一草秋の蝶休む 川村文英 ろんど 201412  
秋の蝶影しまふごと翅たたむ 阪上多恵子 雨月 201412  
送迎の最後のお客秋の蝶 たかはしすなお 201412  
万葉の言霊に触れ秋の蝶 萩庭一幹 馬醉木 201412  
校庭に引く円と線秋の蝶 宮川みね子 風土 201412  
下つ枝に翅たたみけり秋の蝶 大松一枝 201412  
秋の蝶ホース零るる水温し 生田恵美子 風土 201412  
湧くやうに空に地面に秋の蝶 森屋慶基 風土 201412  
秋の蝶湖のさざなみ押し渡る 生田恵美子 風土 201412  
黄は側女白武士か秋の蝶 田丸千種 ホトトギス 201501  
秋の蝶休耕田へ隠れけり 荒木甫 201501  
行く秋の日差しを求め秋の蝶 小川玉泉 末黒野 201501  
秋の蝶だんだんひくく見失ふ 松田泰子 末黒野 201501  
白雲や翅をたたみて秋の蝶 吉田美智子 末黒野 201501  
墓地の供花一巡りして秋の蝶 飛高隆夫 万象 201501  
悪僧の名の崖つぷち秋の蝶 福島せいぎ 万象 201501  
人恋うて肩に触れ来る秋の蝶 吉田順子 201501  
秋の蝶庭にとぐろを巻くホース 丑久保勲 やぶれ傘 201501  
畑道の轍を辿る秋の蝶 廣瀬雅男 やぶれ傘 201501  
呼気吸気深く優しく秋の蝶 中村いく子 ろんど 201502  
一瞬の風に崩るる秋の蝶 宮井知英 201502  
寄る辺なき藻屑筏へ秋の蝶 當間シズ 万象 201502  
秋の蝶ゆるやかに光げ乱さざる 水野恒彦 201502  
松本駅0番ホーム秋の蝶 ふけとしこ 船団 201505  
伏す母に秋の蝶来て舞うて見す 白神知恵子 女坂 201508  
嵐の精日の精秋の蝶包む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201608  
乾きたる風に抗ひ秋の蝶 久留島規子 万象 201608  
過ぎてゆく時間の早し秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
旅心沈めて秋の蝶を見る 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
遠き旅近き旅あり秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
ふとよぎるものあり秋の蝶かとも 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
金色の如来の背より秋の蝶 山田春生 万象 201610  
修道女につかず離れず秋の蝶 高橋照子 雨月 201611  
まつ白な命なりけり秋の蝶 高橋将夫 201611  
こはばりし秋蝶にのる秋の蝶 江島照美 201611  
風生ればかぜの儘むる秋の蝶 鈴鹿仁 京鹿子 201611  
秋の蝶雨の志渡坂越えにけり 山田六甲 六花 201611  
荒波に触れつつ沖へ秋の蝶 宇都宮敦子 201611 秋の蝶→4

 

2020年8月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。