秋の蝶 1      100句

秋の蝶  秋蝶

行く我をひとめぐりして秋の蝶    星野立子    立子句集

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
王廟の墳へ消えたる秋の蝶 皆川盤水 春耕 199811  
勤行の鐘に消えゆく秋の蝶 皆川盤水 春耕 199903  
秋の蝶サイロを囲む樺の薪 皆川盤水 高幡 199905  
秋の蝶いそぐ「印度の父」の墓所 鷹羽狩行 199908  
この庭を去らぬ旬日秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
今よぎりたる秋の蝶返し来し 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
工事場の音抜けて来し秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
こまごまと咲くものに来て秋の蝶 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
秋の蝶砂紋の上に落ちつかず 福間慶子 俳句通信 199910  
風生ればかぜの儘なる秋の蝶 鈴鹿仁 京鹿子 199911  
風のなか草に沈みて秋の蝶 唐沢静男 春耕 199911  
双塚や顔なじみなる秋の蝶 山田六甲 六花 199911  
秋の蝶吾をかすめて子にゆきぬ 斎藤珠子 遠嶺 199912  
秋の蝶羽いささかもそこなはず 中根美保 風土 199912  
休みなく翅を使ひて秋の蝶 及川永心 200001  
萩城の堀渡りゆく秋の蝶 末益冬青 俳句通信 200001  
秋の蝶初心のちからもて翔てり 井上菜摘子 京鹿子 200001  
たよたよとバラ園を飛ぶ秋の蝶 中川濱子 ぐろっけ 200001  
みちのくの草の色なる秋の蝶 唐木和世 200002  
病む師なほ心の支へ秋の蝶 田中藤穂 水瓶座 200002  
山焼いてみたき午後なり秋の蝶 星野早苗 空のさえずる 200002  
墳丘に舞ひ現世の秋の蝶 辻口静夫 ホトトギス 200005  
父は風母は水なり秋の蝶 今城知子 船団 200006  
戒名のよそよそしかり秋の蝶 中原道夫 銀化 200010  
球形の方位磁石や秋の蝶 山田六甲 六花 200010  
時惜しむごとくに睦み秋の蝶 朝妻力 俳句通信 200011  
木の瘤に日の移りたる秋の蝶 石橋翠 いろり 200011  
気持よく風に乗りくる秋の蝶 野口香葉 遠嶺 200012  
湖心より生まれて来たり秋の蝶 三崎由紀子 遠嶺 200012  
舞ふほどに日はおとろへり秋の蝶 蓮尾あきら 風土 200012  
秋の蝶ジャングルジムを抜けにけり 津田経子 火星 200012  
秋の蝶光かそけく漓江越ゆ 千代田葛彦 馬醉木 200101  
吐月峰の屋根より降れり秋の蝶 間島あきら 風土 200101  
よるべなく漂ひてをり秋の蝶 三井公子 酸漿 200101  
木漏れ日の明るき森や秋の蝶 土岐明子 遠嶺 200102  
鉄骨組む男らは秋の蝶々 金子皆子 海程 200102  
秋の蝶棚田一枚づつ越えて 大平保子 いろり 200110  
血圧計握る灯乾く秋の蝶 渡邉友七 あを 200111  
秋の蝶小さき影の濃かりけり 山田閏子 円虹 200111  
秋の蝶田舟の縁に吹かれゐる 寺崎美江女 春耕 200111  
人柱碑に鎮魂のごと秋の蝶 川村紫陽 200112  
東塔の礎に艶秋の蝶 鳴海清美 六花 200112  
自が揺れて風呼ぶ秋の蝶 三井公子 酸漿 200112  
白雲や尾根の風より秋の蝶 山下寿祇子 遠嶺 200112  
もどり来し秋の蝶かと思ひけり 山荘慶子 あを 200112  
倒木をまたげばひらり秋の蝶 鎌倉喜久恵 あを 200112  
鳥葬の丘に彷徨ふ秋の蝶 寺出訓三 ホトトギス 200201  
花びらになつてしまひし秋の蝶 山本静子 200201  
万燈の花をはなれし秋の蝶 片山由美子 200202  
大原路に門院しのぶ秋の蝶 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
俳磚へ金箔散らす秋の蝶 藤田誉子 雨月 200202  
将軍の姫の碑とや秋の蝶 山田耕子 京鹿子 200202  
遊覧船追ひかけて来る秋の蝶 小菅美代子 ぐろっけ 200202  
好き嫌ひありて花替う秋の蝶 北村きみ子 ぐろっけ 200202  
秋の蝶翅を休めてをりにけり 栢森定男 あを 200210  
秋の蝶片道だけはロープウエイ 赤座典子 あを 200210  
秋の蝶先を越したり越されたり 今村文江 帆船 200211  
踏みさうになるほど低し秋の蝶 藤井みち子 200211  
親しめぬ風となりたる秋の蝶 山田六甲 六花 200211  
秋の蝶神出の山へ急ぎけり 山田六甲 六花 200211  
句碑披く秋の蝶来て舞見する 大橋敦子 雨月 200211 虚子先生の句碑除幕
秋の蝶おのが影より生れけり 政木紫野 馬醉木 200212  
熔岩原の石にしばらく秋の蝶 谷和子 200212  
たまゆらや己が影追ふ秋の蝶 永田哲心 遠嶺 200212  
身のほどの小花いとしみ秋の蝶 稲谷妙子 遠嶺 200212  
畦道をすずろに飛べる秋の蝶 西川久美子 遠嶺 200212  
道詮を追ひ越してゆく秋の蝶 塩川雄三 築港 200212 平群道詮忌
言ひおほせぬ言の葉のあり秋の蝶 佐竹美保子 円虹 200212  
スクリーンの君に焦がれし秋の蝶 林裕美子 六花 200212  
句碑除幕ひらりひらりと秋の蝶 古田考鵬 雨月 200212  
秋の蝶櫛屋の前に見失ふ 浜和佳子 百鳥 200212  
吹かれ来て琴の音色の秋の蝶 松本きみ枝 遠嶺 200212  
地下鉄の何の化身ぞ秋の蝶 関根洋子 風土 200301  
来るものへ黄をたくはへて秋の蝶 矢島久栄 200301  
秋の蝶ほどの寡黙な詩形かな 田村はじめ 銀化 200301  
菜畠に花散るごとく秋の蝶 田澤初枝 遠嶺 200302  
御廟所へきざはし渡る秋の蝶 安永圭子 風土 200302  
走り根の力見てゐる秋の蝶 長井順子 200302  
黄金の茶室をよぎる秋の蝶 林日圓 京鹿子 200302  
その先は墓への小径秋の蝶 山口幸子 200302  
わが夫にいやに親しげ秋の蝶 中村孝子 200303  
葬列のしんがりをゆく秋の蝶 宮川みね子 風土 200311  
秋の蝶翅振るはせて蜜を吸ふ 金森恭子 築港 200311  
オランダ坂息触れて過ぐ秋の蝶 水原春郎 馬醉木 200311  
山間(やまあい)のバス待つ日裏秋の蝶 高野美佐子 雲の峰 200311  
取入れて畑無一物秋の蝶 若山実 雲の峰 200311  
何もなき御所の空から秋の蝶 山田六甲 六花 200311  
海まではまだまだ遠い秋の蝶 斎藤くめお 対岸 200311  
木道のささくれ著く秋の蝶 伊藤宇太子 200312  
そよぎゐる花と思へば秋の蝶 林敬子 酸漿 200312  
夕暮れの庭低く飛ぶ秋の蝶 樋口美津子 築港 200312  
葉から葉へ風計りつつ秋の蝶 三浦永子 京鹿子 200312  
招提の木の間隠れに秋の蝶 仲尾弥栄子 雲の峰 200312  
藩主の間かがやきながら秋の蝶 栗原梅子 対岸 200312  
犬逝きて庭にふえきし秋の蝶 宮川みね子 風土 200312  
木洩れ日に溺れさうなる秋の蝶 佐藤佐代子 200312  
無防備な左や低く秋の蝶 柴田佐知子 200312  
秋の蝶出あひがしらの大男 十河波津 200312  
点鬼簿の一枚めくれ秋の蝶 星加克己 ぐろっけ 200312  
吸ふ蜜の味いかならん秋の蝶 古井公代 ぐろっけ 200312 秋の蝶 2→

 

2019年8月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。