秋暮る   39句

てり葉の岸のおもしろき月 沾圃
立家を買てはいれば秋暮て 里圃

秋暮る  暮の秋  暮秋

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
素龍本拝す秋暮の端座かな 大橋敦子 雨月 199910  
古里に小さき富士あり秋暮るる 大西和子 ぐろっけ 200002  
館に見るくらわんか舟秋暮るる 谷口ふみ子 雨月 200112  
もらい犬の貼り出し見入り秋暮るゝ 森田子月 ぐろっけ 200202  
火を蔵す山へ真つ先秋暮るる 能村研三 200211  
広き水眺めに置けり秋暮るる 宮津昭彦 200212  
山あれば山のかたちに秋暮るる 江本路代 酸漿 200401  
まなうらに天平の丹の秋暮るる 岩田一止 草の花 200401  
秋暮るる苔むす句碑の月日かな 綿谷美那 雨月 200402  
秋暮るる媼の杖を曳ける先 谷村祐治 雨月 200502  
鳩すずめ言葉かはせず秋暮るる 松本安弘 六花 200512  
銅像の両肩に鳩秋暮るる 安室敏江 百鳥 200602  
無為の刻過ごすもよしや秋暮るる 青垣和子 雨月 200701  
秋暮れて船はあかしとなりにけり 山田六甲 六花 200704  
眼科出てまた歯科を出て秋暮るる 渡辺安酔 200811  
後より煮物の匂ひ秋暮るる 井口ふみ緒 風土 200812  
秋暮るる皿まで舐めし肥満犬 石川裕美 ぐろっけ 200902  
ひと幕の影絵見るかに秋暮るる 宮崎左智子 200912  
森の熊ふつくらとして秋暮るる 松本周二 200912  
願掛けの千本鳥居秋暮るる 松田和子 201001  
秋暮るる父青春の田端かな 能村研三 201010  
工事場に裸電球秋暮るる 米山喜久子 201012  
蒸しパンの湯気しっとりと秋暮るる 石川かおり 201101  
早口のカントリーソング秋暮るる 鈴木一広 201102  
城下町角曲がるたび秋暮るる 福島茂 201205  
刈り込まれ樹上の巣ゆれ秋暮るる 明石文子 ぐろっけ 201401  
窯元の煙ひとすぢ秋暮るる 川村欽子 雨月 201502  
秋暮るるなり一語づつ一歩づつ 風間史子 201502  
行く川も来る川も秋暮れにけり 山田六甲 六花 201511  
陶土搗く秋暮に深む水の音 能村研三 201512  
泥の手に渡す釣銭秋暮れて 栗山みどり 201512  
秋暮るゝパンに納豆上げてみる 藤波松山 京鹿子 201602  
バイオリズム掴みきれずに秋暮るる 赤座典子 あを 201612  
玉橋の相合傘に秋暮るる 佐藤恭子 あを 201612  
「アマポーラ」流るる街の秋暮れて 丑久保勲 やぶれ傘 201701  
煩悩の数のきざはし秋暮るる 小林文良 春燈 201801  
秋暮るるメール残して朋逝けり 江口九星 201811  
老人の低き口笛秋暮るる 小原紀香 末黒野 201812  
街路樹の塩害茶色秋暮るる 仁上博恵 201905  

 

2020年10月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。