秋 晴 3    100句

秋晴を担架の上で眩しめり    寺内一砂

秋晴  秋の晴

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
夫忘ることも秋晴陶器市 松本恒司 ぐろっけ 200601  
秋晴の野へ放つ犬走る走る 細川コマヱ 雨月 200601  
たまさかの秋晴一日家事に暮れ 渡辺寿美子 酸漿 200601  
秋晴れを京の土産としたりけり 柿沼盟子 風土 200601  
管一つ一つとれゆく秋晴よ 次井義泰 200602  
秋晴れや思ふ存分歩きたし 道給一恵 遠嶺 200602  
秋晴や一塊の雲富士よぎる 眞榮城常子 酸漿 200602  
秋晴や修道院に餅を搗く 辻恵美子 栴檀 200602  
秋晴の鶴に五六歩したがひぬ 瀧春一 常念 200606 小石川後樂園
何よりも今日秋晴でありしこと 稲畑汀子 ホトトギス 200610  
秋晴を連れたる旅となりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200610  
秋晴やリモコン飛行機宙返り 徳永亜希 馬醉木 200612  
秋晴や嶺の高きに日を残し 大井彌雨 雨月 200612  
鳶の笛大秋晴でありにけり 山田天 雨月 200612  
体操の腕よく伸びて秋晴るる 宮本道子 酸漿 200612  
秋晴れや光る走者の腕時計 伊藤早苗 200701  
秋晴れて独り歩きの出来る身に 山田をがたま 京鹿子 200701  
秋晴の穂高連峰間近にす 鈴木幾子 酸漿 200701  
秋晴や樋に尾の見え何鳥か 坂井和子 酸漿 200701  
秋晴や墨の色澄む筆の跡 天田美保子 酸漿 200701  
大秋晴蝦夷の畑の果てしなし 渡辺玄子 酸漿 200701  
こがれ訪ふ小諸の旅や秋晴るる 井口淳子 200702  
秋晴れや絣模様に木妻積む 工藤ミネ子 風土 200702  
秋晴の庭をにぎはす眼白をり 渋谷ひろ子 酸漿 200702  
秋晴れの魚は影つれ倍となる 品川鈴子 200708  
今日までといふ秋晴の空仰ぐ 稲畑汀子 ホトトギス 200709  
秋晴といへる期待に富士を置く 稲畑汀子 ホトトギス 200709  
秋晴も計画通りなりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 200709  
秋晴に新幹線の突つ込めり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200710  
秋晴を使ひ切つたる噴火かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200710  
秋晴や子に結ひてやる祝ひ帯 吉沢陽子 200711  
閑居して大秋晴れの家に胡座 村越化石 200711  
姪っ娘に男の子さづかり秋晴るる 大橋敦子 雨月 200711  
秋晴や大の字に亀浮きゐたる 山田六甲 六花 200711  
秋晴やかくれんぼの子のもういいかい 高橋照子 雨月 200712  
秋晴の天池の水やエメラルド 西本春水 あを 200712  
秋晴や犬と一緒にカフェテラス 森山のりこ あを 200712  
人垣の大道芸や秋晴れて 泉田秋硯 200801  
秋晴の四角に座敷掃きにけり 内野俊子 春燈 200801  
秋晴れて万物明度一つ上ぐ 大橋晄 雨月 200801  
秋晴や視野の中なる曽孫ふたり 細川コマヱ 雨月 200801  
秋晴れて小さきチヤペルの鐘の音 高橋邦夫 風土 200801  
秋晴を居間に持ち込み居留守せり 村越化石 200801  
秋晴や干されし魚の目のくぼみ 竹内水穂 火星 200802  
人声に大秋晴のありにけり 山田弘子 ホトトギス 200803  
秋晴れや野仏みんな耳を欠く 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
なっちゃんもてっちゃんも河馬秋晴れて 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
秋晴れてごろんと河馬のお尻あり 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
秋晴のただそれだけの誕生日 安田久太朗 遠嶺 200806  
秋晴の少し欠けたるところかな 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
秋晴を今日の心として旅に 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
秋晴の期待ほどほどありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
秋晴や輪郭若き妻の影 片岡宏文 炎環 200811  
秋晴を来る総代の黒羽織 朝妻力 雲の峰 200811 灘けんか祭
秋晴や輿打ち落とす地の響き 朝妻力 雲の峰 200811  
秋晴の井戸覗かるるためだけに 岡本眸 200811  
折敷の八田與一像秋晴るる 廖運藩 春燈 200812  
秋晴れやこの日限りのお姫さま 石川かおり 200812  
秋晴のどこかに帽子忘れけり 曽我美代子 200812  
秋晴の行進しんがり行くは誰 丑山霞外 炎環 200812  
六甲に生駒金剛秋晴れる 松本鷹根 京鹿子 200812  
秋晴や開けし倉庫のがらんどう 伊藤トキノ 200901  
秋晴や組体操の技決まり 廣見知子 200901  
秋晴や時間つぶしの囲碁二段 山田庫夫 炎環 200901  
秋晴れや機影を映す昆陽の池 藏本博美 ぐろっけ 200901  
秋晴れを皆口にして今日の晴 後藤とみ子 ぐろっけ 200901  
日時計の指針くつきり秋晴るる 四葉允子 ぐろっけ 200901  
強運や今日の医学に逢ふ秋晴 高木智 京鹿子 200901  
町騒のなき病窓の秋晴れて 安部和子 雨月 200901  
秋晴にフェリー一便ふえにけり 片山喜久子 雨月 200901  
秋晴や窓にをさなの童唄 能勢栄子 200902  
秋晴や影凸凹に磴を這ふ  湯川雅 ホトトギス 200902  
秋晴の一語にて足る朝の卓  増田善昭 ホトトギス 200902  
立山の見えねば明日も秋晴に 稲畑汀子 ホトトギス 200909  
秋晴の途切れることの無き空路 稲畑廣太郎 ホトトギス 200910  
秋晴や雲の離合のなほつづく 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
天帝の意に秋晴のありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
秋晴の蝶白も黄も黒も舞ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
秋晴や欠伸大きく漢われ 有働亨 馬醉木 200912  
SLの淡き煙や秋晴るる 塩田博久 風土 200912  
秋晴れや陶のからくり時計鳴る 瀬戸雄二 風土 200912  
秋晴の鳴子の湯浴ぶ途中下車 佐藤喜仙 200912  
何処行くの遠くから声秋晴るる 赤座典子 あを 200912  
秋晴や鍋屋横丁二往復 芝宮須磨子 あを 200912  
秋晴や白球追ひし日もありぬ 森山のりこ あを 200912  
秋晴やローカル線に飛び乗りて 北田敏子 201001  
秋晴や自転車で行く旧街道 高倉和子 201001  
見のかぎり池塘百面秋晴るゝ 岡田貞峰 馬醉木 201001  
筑波嶺の襞くつきりと秋晴るる 岡野ひろ子 201001  
秋晴やたしなめられてゐる外出 椋本一子 雨月 201001  
ファッションもアニメの時代秋晴るる 森山のりこ あを 201001  
秋晴や楽しき人とゐて淋し 湯川雅 ホトトギス 201002  
秋晴や父より大き靴サイズ 横内かよこ ぐろっけ 201002  
秋晴の今日を賜るいのちかな 井上浩一郎 ホトトギス 201003  
秋晴や星のきざはしてふ視界 稲畑廣太郎 ホトトギス 201004  
秋晴れて渡り初めゆく神の国 文田多加 201004  
秋晴といふ欠くるなき一日かな 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
秋晴の昨日の延長線上に 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
秋晴の予報の端にある山雨 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
秋晴を今宵の星につなげたく 稲畑汀子 ホトトギス 201010 秋晴→ 4

2015年10月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。