秋の晴   62句

秋晴  秋の晴

作品
作者
掲載誌
掲載年月
スケジュールこなすためにも秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 199808
桑海に三百号の秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 199810
面舵に陸の傾く秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 199909
肩の荷を下ろせし朝の秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 199910
こんぴらは海の祭神秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200010
手を添へて碑文字たしかむ秋の晴 村越化石 200012
旅心ふくらんでゆく秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200110
はいチーズ顔かくす児や秋の晴 渡辺純 京鹿子 200202
予定とはあつてなき日よ秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200210
披きたる句碑にもありし秋の晴 木村淳一郎 雨月 200305
淀む水流るる水も秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200310
湖の端の端まで秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200310
湖平ら山は立体秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200310
鴉攻めとんびの逃げる秋の晴 辻恵美子 栴檀 200411
大津絵の鬼高笑ふ秋の晴 仲尾弥栄子 雲の峰 200411
吊橋の揺るるにまかす秋の晴 稲嶺法子 遠嶺 200602
分度器で秋の晴れ間を計るなり 吉田明子 200602
紙袋舞ひ上がりたる秋の晴 前田美恵子 200712
秋の晴おのころ島を泛きたたせ 東野鈴子 雨月 200801
旅終へてなほ余りたる秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200810
極めるといふこと秋の晴にあり 稲畑汀子 ホトトギス 200810
野は暮れて山まだ暮れず秋の晴  増田善昭 ホトトギス 200902
沈床を敷き替えてる秋の晴 森津三郎 京鹿子 200902
をととひを忘れてしまふ秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 200910
うづ潮の白の深まる秋の晴 数長藤代 200912
父の忌に高野詣や秋の晴 村上昌子 201001
落しもの主へ戻りぬ秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201010
留守多き郵便受けの秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201010
なほ旅のつづきの如く秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201010
夫と吾のタオルに秋の晴れにけり 緒方佳子 火星 201112
口笛や水の底まで秋の晴 大村峰子 万象 201112
急逝の仲間を悼む秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201210
メタセコイア聳ゆる先の秋の晴 大橋晄 雨月 201301
満艦飾手振りを交はす秋の晴 川井素山 かさね 201302
今日よりは長き滞在秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201310
皆心一つに秋の晴称へ 稲畑汀子 ホトトギス 201310
今は昔虚子といふ人秋の晴 今井千鶴子 ホトトギス 201312
風に乗る電車の音や秋の晴 今井肖子 ホトトギス 201407
祝ぎ心通ひ合ひたる秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201508
降りさうに晴れ降りさうに秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201508
雨雲に押し出されたる秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201508
まだ旅のつづきのやうな秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201509
秋の晴昨日のことはもう忘れ 稲畑汀子 ホトトギス 201510
駅頭に天守展くる秋の晴 戸栗末廣 201601
稜線の語る全き秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201610
会場に揃ふ人数秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201610
素人と思へぬ展示秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201710
一服のお茶にくつろぐ秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201710
素人と思へぬ展示秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201710
一服のお茶にくつろぐ秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201710
明日からのことはさておき秋の晴 塙誠一郎 201712
この話題逸らさむ外は秋の晴 有松洋子 201801
改めて日本海の秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 201809
温泉に逼る越後三山秋の晴 七郎衛門吉保 あを 201811
大涌谷の太き噴煙秋の晴 金森信子 雨月 201901
大秋晴少なくなりし秋の晴 大橋晄 雨月 201901
大過なく終りし会の秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 202009
昨日会ひ今日会ふえにし秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 202009
朝より明渡したる秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 202110
客のある日のもてなしの秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 202110
用一つ済ませし安堵秋の晴 稲畑汀子 ホトトギス 202110
軽やかに滑るカーテン秋の晴 長谷川歌子 春燈 202112

2022年10月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。