秋暑し 6     207句

秋暑し草の実につくむら雀  鬼城

秋暑し  残暑

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
古書市の店主高齢秋暑し 笠井清佑 201410  
草叢より蝦夷蝉鳴けり秋暑き 坂上香菜 201410  
秋暑し小さき滝の干上がりぬ 渡部法子 201410  
秋暑し親子わいわい川遊び 上原重一 201410  
袈裟掛に土付く遠藤秋暑し 篠田純子 あを 201410  
ロボットの律義な言葉秋暑し 佐橋敏子 春燈 201411  
海岸へ路地路地抜けて秋暑し 松本三千夫 末黒野 201411  
これもまた大和名物秋暑し 川村文英 ろんど 201411  
置水に気泡のひとつ秋暑し 高橋道子 201411  
秋暑し刻のずれたる路線バス 井上静子 201411  
地卵はすぐに売切れ秋暑し 内海良太 万象 201411  
雲ごとに没日のなごり秋暑し 大島英昭 やぶれ傘 201411  
秋暑し五百羅漢を巡り来て 藤井美晴 やぶれ傘 201411  
時に濃くのぼる噴煙秋暑し 成田美代 201411  
うなぎ屋に団扇の音や秋暑し 山田六甲 六花 201411  
ならまちを守る庚申秋暑き 竹内悦子 201412  
糸を引く牛の垂涎秋暑し 石黒興平 末黒野 201412  
青山を未だ決めかね秋暑し 石黒興平 末黒野 201412  
飴切の音の途切れず秋暑し 太田良一 末黒野 201412  
留守電へ他人行儀に秋暑し 坂場章子 201412  
来ぬ人の話しも尽きて秋暑し 大日向幸江 あを 201412  
秋暑し迂闊に女性専用車 石田きよし 201412  
秋暑し「かしこ」に薄き印をつく 松林依子 201412  
日めくりは昨日の日付秋暑し 松本文一郎 六花 201412  
空缶のカランところげ秋暑し 山田佳乃 ホトトギス 201501  
コッペパン一切れ池へ秋暑し きくちきみえ やぶれ傘 201501  
旅立ちの戸口に地震秋暑し 神田惣介 京鹿子 201503  
秋暑し撫肩すべる布鞄 佐渡谷秀一 対座 201505  
草原に牛を放ちて秋暑し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201508  
陸奥の旅を控へて秋暑し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201508  
御手洗の水吐く竜や秋暑し 丸山允男 春燈 201510  
義歯入れてパズルうやむや秋暑し 仁平則子 201510  
人の世の裏表見て秋暑し 鈴木セツ 201510  
独り言も生くる証や秋暑し 織田喜美子 春燈 201511  
新聞にくるむ干物や秋暑し 平田紀美子 風土 201511  
激辛の海軍カレー秋暑し 太田良一 末黒野 201511  
秋暑しイベント準備進みけり 出口誠 六花 201511  
秋暑し郵便局に下駄履いて 廣瀬雅男 やぶれ傘 201511  
秋暑し畑の隅に屑野菜 瀬島洒望 やぶれ傘 201511  
秋暑しつぎのバス待つ二十分 菊池洋子 やぶれ傘 201512  
秋暑しくるんと豚の尻尾かな 前田美恵子 201512  
移植せる青菜の萎れ秋暑し 小松敏郎 万象 201512  
秋暑し太子の像の眼が光る 上辻蒼人 風土 201512  
呼鈴の故障すべなく秋暑し 水田壽子 雨月 201512  
秋暑し心残りの受け応へ 水田壽子 雨月 201512  
張り紙の上に張り紙秋暑し 畑佳与 京鹿子 201601  
日本語に通す異国や秋暑し 森田節子 風土 201602  
傷跡の上に傷口秋暑し 苑実耶 201602  
猿出づる安房や棚田の秋暑し 田中臥石 末黒野 201602  
一両のローカル電車秋暑し 伊藤紫水 風土 201609  
秋暑し仮面殖やしてゐるやうな 中島あきら 201611  
わが息に眼鏡のくもる秋暑かな 玉置かよ子 雨月 201611  
捨て切れぬものに囲まれ秋暑し 玉置かよ子 雨月 201611  
軍鶏の背の傷跡紅き秋暑かな 下平しづ子 雨月 201611  
身にまとふコルセットの責め秋暑し 川上恵子 雨月 201611  
秋暑し唇重くなりにけり 岩月優美子 201611  
古着屋の色まちまちや秋暑し 前田美恵子 201611  
雑用にひと日を使ふ秋暑かな 一民江 馬酔木 201611  
くろがねの匂へる船渠秋暑し 泉本浩子 馬酔木 201611  
寄せ書に残る余白や秋暑し 田村すゝむ 風土 201611  
したたかに動く酸素器秋暑し 柴田久子 風土 201611  
釈迦堂へ秋暑の階を上りけり 布施まさ子 風土 201611  
基隆(キールン)の出港祝ふ秋暑し 島玲子 風土 201611  
秋暑し隈なく映すCT図 内藤静 風土 201611  
秋暑し寒暖計の赤き玉 石井秀一 風土 201611  
線香の炎払へる秋暑かな 笹村政子 六花 201611  
女坂にをどり場ふたつ秋暑し 箕輪カオル 201611  
秋暑し歪む道路にゆがむバス 山本無蓋 201611  
螺子一つなくし秋暑を不具合に 加藤峰子 201611  
小説を読むにも力秋暑し 岸洋子 201611  
狛犬の口開けてゐる秋暑かな 戸栗末匿 201611  
古びたる蛇口の記憶秋暑し 今井春生 201611  
路地いまは土のなき径秋暑し 樋口みのぶ 201611  
秋暑し手提にいつも水を持つ 長崎桂子 あを 201611  
秋暑し地下鉄銀座一丁目 須賀敏子 あを 201611  
秋暑し逃げて映画のシン・ゴジラ 須賀敏子 あを 201611  
秋暑しハーブを利かすスパゲッティ 坂入妙香 春燈 201611  
農機具の試乗会場秋暑し 瀬島洒望 やぶれ傘 201611  
全身で息をする犬秋暑し 小山陽子 やぶれ傘 201611  
稚抱けば反つて泣かるる秋暑かな 松本三千夫 末黒野 201611  
溶岩原に獣の匂ひ秋暑し 斉藤マキ子 末黒野 201611  
大雨警報出て降らぬ日の秋暑し 戸田澄子 末黒野 201611  
隙間なくジャズの立見や秋暑し 太田良一 末黒野 201611  
ぶり返す秋暑闇抱く藪知らず 菅谷たけし 201612  
秋暑し背開きといふエレベーター 菊地光子 201612  
秋暑しニュースのあとのコマーシャル 塩野谷慎吾 201612  
松ぼっくり蹴りて秋暑を紛らはす 竹内喜代子 雨月 201612  
万国のカレーを語る秋暑し 田中信行 201612  
老いを語る八十路の陛下秋暑し 竪山道助 風土 201612  
任期終へ帰国の友や秋暑し 伊吹之博 京鹿子 201612  
絶え間なく鳴る改札機秋暑し 金子正道 京鹿子 201612  
思ひ出すため顳顬を押す秋暑 田村園子 201612  
秋暑し身を屈め入るさざえ堂 江見悦子 万象 201612  
両腕を投げ出し眠る秋暑かな 高橋ひろ 万象 201612  
全身で息をする犬秋暑し 小山陽子 やぶれ傘 201612  
雲を着る山一つなき秋暑かな 松本三千夫 末黒野 201612  
鳥の寄る妻籠の水場秋暑し 森清信子 末黒野 201612  
頷けるのみの返事や秋暑く 外山節子 末黒野 201612  
秋暑し天皇老いを語らるる 田中藤穂 あを 201610  
仁王像の足の甲高秋暑し 森脇貞子 雨月 201701  
一つ屋に牛舎のありて秋暑し 水谷保子 雨月 201701  
黒々と奥羽山脈秋暑し 山田佳乃 ホトトギス 201701  
東大は近くて遠く秋暑し 安原葉 ホトトギス 201701  
椅子の無き銀座大通り秋暑し 鈴木石花 風土 201701  
秋暑し手帳にメモの読めぬ文字 伊藤希眸 京鹿子 201701  
鳥籠の外に鳥ゐる秋暑かな 笹村政子 六花 201701  
若冲の真紅の鶏冠秋暑し 恒川清爾 万象 201701  
秋暑し駱駝は顎をまはし噛む 富田要 万象 201701  
木のもとに雀しきりや秋暑し 遠山のり子 201612  
うやむやに終る言ひ訳秋暑し 柴田志津子 201701  
秋暑し機影見送る旅心 都築繁子 201701  
秋暑し運河に残る疲れかな 工藤はる子 201701  
秋暑し玉子サンドをもぐもぐと 小山陽子 やぶれ傘 201710  
磔刑のかたちに醒めて秋暑し 田中藤穂 あを 201711  
秋暑しゴーヤ次々太りたる 須賀敏子 あを 201711  
畑のもの手つかずにゐる秋暑かな 水谷文謝子 雨月 201711  
秋暑し区民農地の縄緩び 中嶋陽子 風土 201711  
秋暑し死語となりたる餓鬼大将 上村葉子 風土 201711  
乗馬の子足ぶらぶらと牧秋暑 黒滝志麻子 末黒野 201711  
捨て切れぬ俳書積み上げ秋暑し 玉置かよ子 雨月 201711  
秋暑し墓石に触るる掌 近藤紀子 201711  
秋暑なほ地下錯綜の六本木 大沢美智子 201711  
秋暑し河原を亀ののしのしと 天野美登里 やぶれ傘 201712  
人を吐く自動扉や秋暑し 五十嵐富士子 末黒野 201712  
雑踏に溶くる潮の香秋暑し 布施由岐子 末黒野 201712  
挨拶の愚痴となりたる秋暑かな 小田嶋野笛 末黒野 201712  
すれ違ふ秋暑の小道よそよそし 安斎久苗 末黒野 201712  
じだらくにころもを畳む秋暑かな 福島せいぎ 万象 201712  
秋暑し赤松の肌赤むけに 江見悦子 万象 201712  
山裾を隠す煙や秋暑し 高倉和子 201801  
秋暑し羽化登仙にあくがるる 貞吉直子 馬醉木 201801  
錆罠にばねの威残る秋暑かな 深川淑枝 201802  
一村を川の貫く秋暑かな 荒井千佐代 201803  
湘南の気風に触れて秋暑し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201808  
稿債を抱へ来しこと秋暑し 稲畑汀子 ホトトギス 201808  
ガタンギシン車輌連結秋暑し 篠田純子 あを 201810  
目を細め何を確かむ秋暑し 横山さくら 春燈 201810  
秋暑し眠りをたむる古代壺 宮崎紗伎 春燈 201811  
秋暑し弁天詣での行き帰り 持田信子 春燈 201811  
秋暑しあごに張りつくオブラート 上村葉子 風土 201811  
指先に気だるさ残る秋暑し 鈴木石花 風土 201811  
秋暑しマリオネットの糸数多 吉武美子 201811  
来世も語る二人の秋暑かな 杉原ツタ子 201811  
明らかにお世辞なりけり秋暑し 加藤みき 201811  
大欅そよりともせぬ秋暑かな 田中嘉信 春燈 201812  
キャリーバッグ引き摺る音や秋暑し 大西由美子 春燈 201812  
彫像の時々邪悪秋暑し おーたえつこ 201812  
錆浮かべよどみたる水秋暑し 橋本順子 201812  
秋暑し路面電車の窓掛けに 宮之原隆雄 末黒野 201812  
踏切の長き警報秋暑し 根本公子 末黒野 201812  
椎樫の一葉動かず秋暑し 渡邊千枝子 馬醉木 201812  
人の噛むパクチーの香や秋暑し 火箱ひろ 201901  
秋暑し棚におきたる鉈の錆 白石正躬 やぶれ傘 201901  
秋暑しガードレールの供花古りて 小山よる やぶれ傘 201901  
秋暑しいいえいいえと問診票 兒玉充代 201902  
臥すばかりの園の動物秋暑し 飯田久美子 末黒野 201902  
秋暑かな買い物袋どさと置く 小沢えみ子 201904  
推敲のペン動かして秋暑し 田中藤穂 201904  
秋暑し川の流れを堰き止めて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201908  
秋暑し女性ばかりの喫煙所 稲畑廣太郎 ホトトギス 201909  
後ろ手にホック外しぬ秋暑し 篠田純子 あを 201910  
秋暑し鬼っ子おかきにアップルティ 七郎衛門吉保 あを 201910  
秋暑し群れて水浴ぶ街の鳩 赤座典子 あを 201910  
前略に追伸長なが秋暑し 植村蘇星 京鹿子 201910  
秋暑しどつかと虚子の句碑のある 出牛進 201910  
秋暑し顏にいろんなもの付けて 佐藤喜孝 あを 201910  
滑走路を烏が歩く秋暑し 天野美登里 やぶれ傘 201911  
看板に顔がでかでか秋暑し 瀬島洒望 やぶれ傘 201911  
追うてゐるつもりが追はれ秋暑し 菊池和子 京鹿子 201911  
鉛筆のころがる先や秋暑し 鷺山珀眉 京鹿子 201911  
文机に日差し及べり秋暑し 安斎久英 末黒野 201911  
秋暑し髪の先までからびゆき 安斎久英 末黒野 201911  
高架下の水耕栽培秋暑し 植木戴子 201911  
何枚も切手を貼つて秋暑し 高橋将火 201911  
秋暑しポストに落つる鳥の糞 向井芳子 春燈 201911  
久々の顔のほてりよ秋暑し 出口誠 六花 201911  
秋暑し水陽炎がすだじひに 瀬島洒望 やぶれ傘 201911  
旅の案内書むなしくめくる秋暑かな 水田壽子 雨月 201911  
受診待つ人ら黙せる秋暑かな 水田壽子 雨月 201911  
秋暑し車道に人のはみ出て 石川憲二 六花 201912  
夏雲の様にてありぬ秋暑し 石川憲二 六花 201912  
秋暑し手持ち無沙汰の休刊日 志方章子 六花 201912  
自転車に子を二人乗せ秋暑し 橋本美代 やぶれ傘 201912  
秋暑し大工の眉に鉋屑 山浦紀子 春燈 201912  
山を呑む黄金の穂波秋暑し 近藤真啓 春燈 201912  
鍬先の石を噛みたる秋暑かな 升田ヤス子 六花 201912  
秋暑し遺品の量を目交に 前田美恵子 201912  
くすみたる赤き鉄骨秋暑し 岡村彩里 雨月 201912  
表紙だけ見て書肆を出る秋暑かな 中原敏雄 雨月 201912  
手捻りの湯呑重たし秋暑し 大石よし子 雨月 201912  
熱を持つ携帯電話秋暑し 土井三乙 風土 201912  
半跏思惟すれば秋暑も柔和なる 中川のぼる 201912  
身辺の不協和音や秋暑し 大山夏子 201912  
秋暑かな市場解体眼下にし 大山夏子 201912  
回転扉入るに逡巡秋暑し 篠田純子 201912  
また病追ひかけてきて秋暑し 工藤はる子 201912  
起重機の秋暑の天を領すかに 竹内喜代子 雨月 202001  
老人会のパン食ひ競争秋暑し 中里昌江 末黒野 202001  
秋暑し玄関の鍵かけ忘れ 諸戸せつ子 春燈 202001  
秋暑くとも健やかにつどはれし 安原葉 ホトトギス 202001  
秋暑し独り住まひの殊更に 赤川誓城 ホトトギス 202002  
秋暑しロックンロールドームより 稲畑廣太郎 ホトトギス 202008  
みちのくの旅はや遠し秋暑し 稲畑汀子 ホトトギス 202008  
秋暑し暑しと出掛け来たりけり 稲畑汀子 ホトトギス 202008  
ロビー今子等の遊び場秋暑し 稲畑汀子 ホトトギス 202008  
前に来しことありさうで秋暑し 稲畑汀子 ホトトギス 202008  
芭蕉句碑判読出来ず秋暑し 稲畑廣太郎 ホトトギス 202008 秋暑し→1

 

2020年8月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。