秋暑し 1     100句

秋暑し榎枯れたる一里塚    川端茅舎

秋暑し  残暑

作 品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
秋暑し猛禽羽根のうらの金 遠藤タミ子 京鹿子
199811
 
奥伝の点前秋暑の日なりけり 本城布沙女 雨月
199811
 
襖絵の雪景怪とも秋暑し 亀丸公俊 銀化
199811
臨春閣
秋暑き漢中覇王史三国志 松崎鉄之介
199811
 
コップより泡のあふれて秋暑し 高木伸宜 船団
199812
 
秋暑し女のかこむラフレシア 内田美紗 船団
199903
 
潮満ちて海くろぐろと秋暑し 金國久子 青葉潮
199907
 
雑踏は牛が優先秋暑し 鷹羽狩行
199908
 
秋暑し仕事の枷の中にゐて 稲畑汀子 ホトトギス
199908
 
秋暑し日記の誤字に気のつきて 山田京子 俳句通信
199910
 
秋暑し読めと言はれし本の嵩 岡本明美 俳句通信
199910
 
ことごとく伸びきる梢秋暑し 竪ヤエ子 俳句通信
199910
 
鱗削ぐ包丁の峰秋暑し 浅井勝子
199911
 
秋暑し矮鶏の蹴上ぐる土埃 中田ゑみこ 馬醉木
199912
 
喪の家の秋暑ひそかに箒草 中村祐子
199912
 
秋暑し岸辺かくれの小川雑魚 丸山冬鳳 京鹿子
199912
 
厚底のサンダル渋谷の秋暑し 北村香朗 京鹿子
199912
 
秋暑し軍歌高しと家を出ず 林朋子 船団
199912
 
誤字ふたつ脱字ひとつや秋暑し 及川永心
200001
 
瓦裁つ粉塵に居て秋暑し 河野義海 京鹿子
200002
 
秋暑し工事現場のこぼれ釘 河野義海 京鹿子
200002
 
受胎せし身にいつまでも秋暑し 藤井勢津子
200002
 
好き嫌いうわさばかりで秋暑し 三宅やよい 玩具帳
200004
 
迸る蛇口の力秋暑し 塩見恵介 虹の種
200005
 
秋暑し理髪すませし町夕べ 松尾緑富 ホトトギス
200008
 
絵の虎に見つめられもし秋暑し 稲畑廣太郎 ホトトギス
200009
 
子規の髪鳴雪の髯秋暑し 水原春郎 馬醉木
200010
 
斬られ役水飲みに来て秋暑し 辻享子 ヒッポ千番地
200010
 
秋暑し敗れて生る安堵感 阿部寒林
200010

昭和二十年八月十五日

 伊勢・外宮「憲兵分隊」

にて 日本無条件降伏

秋暑し忍の一字の快復期 水原春郎 馬醉木
200011
 
秋暑しアップルパイにナイフ入れ 宮川みね子 風土
200011
 
ゴンドラの戻りし巌秋暑し 山田禮子 遠嶺
200011
 
大観の「恵可断臂」に秋暑し 水島夜雨 京鹿子
200011
 
瘡の神秋暑の村に古びけり 大橋敦子 雨月
200011
 
厨房に立つや秋暑の刻つづめ 久保晴子 雨月
200011
 
秋暑し魂抜けしごと夫帰宅 堀田清江 雨月
200011
 
秋暑しわが手の中の顔かたち 仲村青彦
200011
 
秋暑しこもりて不義理重ねをり 和田祥子 馬醉木
200012
 
秋暑しまたも掘らるる道路かな 芳賀雅子 遠嶺
200012
 
秋暑し公園通りのジャズバンド 川井政子 風土
200012
 
秋暑し患部斜線で示さるる 辻享子 六花
200012
 
わがままのくらしに慣れて秋暑し 篠田三七子 いろり
200012
 
大津絵の鬼が目をむく秋暑かな 館容子
200101
 
蟹とりの沼の小舟や秋暑し 中里カヨ 酸漿
200101
 
道路・橋・埠頭・桟橋秋暑し 鷹羽狩行
200102
 
牢獄の跡の居酒屋秋暑し 西田もとつぐ 船団
200103
 
秋暑しホ誌未着てふ問ひばかり 稲畑廣太郎 ホトトギス
200108
 
ふたり姫来てにぎはしく秋暑し 阿部ひろし 酸漿
200109
 
食慾がなくて秋暑をもてあます 栢森敏子 あを
200109
 
秋暑し飛鳥の石を幾つ見て 前阪洋子 俳句通信
200110
 
番犬も吠えぬ秋暑の昼下り 大平保子 いろり
200110
 
秋暑し書き継ぐ芯のよく折れて 桑垣信子 いろり
200110
 
秋暑し夫に昼餉の塩むすび 竹川美佐子 いろり
200110
 
頸のしわ映る秋暑の壁鏡 竹内弘子 あを
200110
 
秋暑し新聞にのる足の爪 吉弘恭子 あを
200110
 
Tシャツに踊一文字秋暑かな 田下宮子
200111
 
手のかかる子をあづかりて秋暑し 細野みさを
200111
 
悔ひとつにつきまとはれて秋暑し 斎藤道子 馬醉木
200111
 
秋暑し書肆に積まれし戦記物 成澤桂助 百鳥
200111
 
公園のD51の貌秋暑かな 山城孝子 火星
200111
 
秋暑し骨量計にかかと載せ 吉田島江 火星
200111
 
秋暑し見落とし多くなりにけり 桑垣信子 いろり
200111
 
間に合ひしローカル車輌秋暑し 松村美智子 あを
200111
 
折紙の手順違へて秋暑かな 山田由利枝 雨月
200111
 
血を換へし疲れに臥せて秋暑し 若月瑞峰 春耕
200111
 
ひたすらに秋暑厭はず血を換へに 若月瑞峰 春耕
200111
 
松並木途切れ秋暑の御油の宿 中井久子 雨月
200112
 
秋暑し車塵まみれの松並木 西村しげ子 雨月
200112
 
秋暑し鍍金の小判とは知らず 泉田秋硯
200112
 
重馬場の予想が裏目秋暑し 辰巳比呂史
200112
 
鉄板の油の跳ねや秋暑し 岡谷栄子
200112
 
秋暑しシルバーシートに細く坐し 田辺レイ
200112
 
影の濃きところにいつもある秋暑 田中黎子 円虹
200112
 
湾を出ぬ水上バスにある秋暑 田中黎子 円虹
200112
 
吹き竿のガラスの火玉秋暑し 芦澤一醒
200112
 
秋暑しうどんのすべる箸の先 中村立身 百鳥
200112
 
秋暑し妖怪展に吸ひ込まる 村田美穂子 百鳥
200112
 
秋暑し止まったままは脳細胞 久森知子 船団
200112
 
秋暑しホームページの風はなく 久森知子 船団
200112
 
秋暑し手水のなかの石蛙 松川洋酔 春耕
200112
芭蕉稲荷
秋暑し静かに供華を揃へけり 小澤克己 遠嶺
200112
 
秋暑し弥勒もくずす結跏趺坐 内藤三男 ぐろっけ
200112
 
叱りつゝ手伝ふ絵日記秋暑し 内藤三男 ぐろっけ
200112
 
兜煮の眼玉飛出す秋暑かな 島村絹美
200201
 
秋暑しうはさの中の人に吾 田中武彦 六花
200201
 
潮止まりとは凪のこと秋暑し 佐藤冨士男 ホトトギス
200202
 
無辜の民無差別にテロ秋暑し 角直指 京鹿子
200202
 
トロッコの音の軋める秋暑かな 田中子 円虹
200202
 
十万の人出の夜市秋暑し 田中子 円虹
200202
 
秋暑し嵐の前の静けさに 稲畑廣太郎 ホトトギス
200208
 
秋暑し信仰のごと野菜食べ 中村房枝 六花
200209
 
秋暑し立付掛袴の細き裾 須賀悦子 ぐろっけ
200209
 
蕉翁の膝下に集ひ秋暑し 稲畑廣太郎 ホトトギス
200210
 
秋暑しだらだら坂をのぼる帰路 大橋敦子 雨月
200210
 
秋暑し鴉しふねく鳴きしきり 大橋敦子 雨月
200210
 
釘づけの撮影の足秋暑し 大橋敦子 雨月
200210
万博公園
海峡を臨む砲台秋暑し 鶴田武子 雲の峰
200210
 
秋暑し長生きしてと送り状 守屋正雄 雲の峰
200210
 
松煙に罅を呼びたる秋暑かな 中原道夫 銀化
200210
 
寝広ごる一枚の猫秋暑し 岡崎るり子 銀化
200210

 

2019年8月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。