秋暑し 2    144句

太陽はいつもまんまる秋暑し    三橋敏雄

秋暑し  残暑

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
何騒ぐ鴉秋暑のただならず
斎藤道子
馬醉木
200211
執拗なピアノ調律秋暑し
宮城白路
風土
200211
秋暑し女バイクをやり過ごし
小林清之介
風土
200211
男日傘今日もかざしてああ秋暑
小林清之介
風土
200211
近道の思はぬ迷路秋暑し
福井鳳水
円虹
200211
半身は他人の重さ秋暑し
槻木珠美
銀化
200211
祝詞にも型二つ三つ秋暑し
平野隆志
銀化
200211
限りなき秋暑に弱音もらさるる
青垣和子
雨月
200211
言ひ足らず心あまりて秋暑し
久保田雪枝
雨月
200211
七階の北海道展秋暑し
有田蟻太
200212
腕吊りし身に病廊の秋暑し
村上光子
馬醉木
200212
本の帯はづしてめくる秋暑かな
中谷葉留
風土
200212
少し開く刀箪笥や秋暑し
田村すゝむ
風土
200212
高き枝の鋸屑かぶる秋暑かな
生田恵美子
風土
200212
秋暑し坑馬はもたぬのどぼとけ
角直指
京鹿子
200212
救命の講習会や秋暑し
柿沼利男
帆船
200212
秋暑し手話を交へて通夜の客
谷上佳那
百鳥
200212
秋暑し東屋に嶋密談中
志方章子
六花
200212
木綿糸秋暑の街に買ひに出づ
渡辺初枝
酸漿
200212
湯屋待ちの老女四・五人秋暑し
小林玲子
ぐろっけ
200212
秋暑し今日の憂さ消す舞囃子
松木清川
ぐろっけ
200212
足爪のエナメル剥げて秋暑し
近藤倫子
ぐろっけ
200212
句ができぬと言ふ句を詠んで秋暑し
小林清之介
風土
200301
生かされて八十路も半ば秋暑し
角直指
京鹿子
200302
秋暑し背鰭を出して泳ぎゐる
佐藤喜孝
青寫眞
200304
独逸語とだけは判りて秋暑し
中村房枝
六花
200308
秋暑し蕉像の顔引き攣れり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200310
秋暑し牡鹿老いたる貌を上げ
朝妻力
雲の峰
200310
秋暑し木陰に寄りて家鴨五羽
谷野由紀子
雲の峰
200310
数へあげ子を追ひつめし秋暑かな
あさなが捷
200310
秋暑し庫裡の神将二体欠け
山本浪子
風土
200311
秋暑し同じ高さの六地蔵
平野官爾
風土
200311
秋暑し牛舎に回る扇風機
青木政江
酸漿
200311
秋暑し修業の僧の涼しげに
阿部文子
酸漿
200311
秋暑し古紙回収のおやじの会
井上雅晴
帆船
200311
秋暑くして天界に火星蝕
宮津昭彦
200311
秋暑しサンドバッグの鈍き音
高柳かつを
百鳥
200311
秋暑し河豚の餌つくる出刃捌き
能村研三
200311
秋暑し路面電車に極彩画
仲尾弥栄子
雲の峰
200311
秋暑し桑てらてらと日を返す
江頭文子
雨月
200311
秋暑し草木の影に蝶うごく
長崎桂子
あを
200311
商店街はここでも銀座秋暑し
冨田正吉
200311
魚跳ねて秋暑の川の潮臭し
吉田三保
200311
秋暑し組み体操のミス目立ち
竹内悦子
200312
秋暑し墓地にも甲乙ありしとは
福山広秋
200312
踏切の長き警鐘秋暑し
植木長子
ホトトギス
200312
秋暑し簾織る足を踏鳴らし
西山美枝子
酸漿
200312
煩はし秋暑の髪を洗ふさへ
落合由季女
雨月
200312
口笛吹き秋暑なんぞは吹っとばそ
東野鈴子
雨月
200312
我を通す人とつき合ひ秋暑し
久保田雪枝
雨月
200312
秋暑しノートの余白埋めぬまま
豊田都峰
京鹿子
200312
秋暑し魚臭の渡る交差点
松崎早智子
帆船
200312
秋暑し魚の匂ひの交差点
山崎桂
帆船
200312
ライオンは裏にゐますと秋暑し
佐藤喜孝
あを
200312
タービンのぶ厚きカーヴ秋暑し
篠田純子
あを
200312
秋暑し日影をさがす鯉のむれ
中谷喜美子
六花
200312
テロ多発児の眼くぼみて秋暑し
大場光奈
百鳥
200312
秋暑し電車歪みて入り来たる
谷上佳那
百鳥
200312
大阪の鉦や太鼓や秋暑し
滝本香世
百鳥
200312
両腕のギプス重たき秋暑かな
板橋智恵子
百鳥
200312
ボート屋に何人かゐて秋暑し
青山丈
200312
秋暑し新聞しかと括りゐて
生方ふよう
200312
俯きて上る秋暑の九段坂
十文字慶子
200312
直立の海底の藻や秋暑し
荒井千佐代
200312
釘箱の釘に錆増え秋暑し
田口たつお
ぐろっけ
200312
初つぱなにリス猿を見る園秋暑
角直指
京鹿子
200401
秋暑し佛壇も舟も吊る水屋
山田をがたま
京鹿子
200401
どこにでも座る若者秋暑し
峰尾秀之
200401
秋暑しまだ呑み込めぬことひとつ
中村茂子
築港
200401
つれづれの菓子屋横丁秋暑し
後藤萩
草の花
200401
風の自己嫌悪してゐる秋暑し
橘沙希
月の雫
200404
秋暑し身軽な旅の待つてゐし
稲畑汀子
ホトトギス
200408
秋暑くとも快晴の旅路かな
稲畑汀子
ホトトギス
200408
庫裡の戸の重く軋みて秋暑し
橘澄男
山景
200408
秋暑なほ弛びも見せず川の照
岡本眸
200409
自堕落にひとり暮しや秋暑し
細川知子
ぐろっけ
200409
秋暑し軒借りて入る妻籠宿
阿部ひろし
酸漿
200410
街秋暑木立を傘に独歩の碑
村田さだ子
酸漿
200410
毀(こぼ)ち家の錆びし鉄筋秋暑し
於久昭臣
雲の峰
200410
乳首の上の黒子や秋暑し
堀内一郎
あを
200410
夫の刈る庭のつぺらぼう秋暑し
安部里子
あを
200410
秋暑し化粧ふに何か略しゐて
加瀬美代子
200410
秋暑し雲の流れの速きかな
高橋瑛子
河鹿
200411
秋暑なほ膝にこぼるる粉薬
片田千鶴
馬醉木
200411
陸亀ののつしのつしと秋暑し
青木久子
遠嶺
200411
秋暑し人工島の揺れてをり
菊地光子
200411
謙譲語ばかりの文書秋暑し
片山タケ子
200411
秋暑し鎧戸おろす佛具店
武子都史郎
200411
秋暑しジャズにのりたる木魚かな
谷村幸子
200411
山は噴き地震ふるひ秋暑きかな
大橋敦子
雨月
200411
根治せぬ魚の目疼き秋暑し
大橋敦子
雨月
200411
これしきの坂に一服秋暑し
大橋敦子
雨月
200411
句心を忘るるほどに秋暑し
若江千萱
雨月
200411
夜の二度の地震にをののき秋暑し
落合由季女
雨月
200411
若きらの地面に坐る秋暑し
山荘慶子
あを
200411
呼び止めて走り乗るバス秋暑し
篠田純子
あを
200411
意地悪をされてるやうな秋暑し
須賀敏子
あを
200411
難聴のこんにゃく問答秋暑し
永塚尚代
ぐろっけ
200411
秋暑く友の弔辞の途切れけり
永塚尚代
ぐろっけ
200411
秋暑し路地を塞ぎし集配車
徳田正樹
河鹿
200412
湖の村ひつそりかんと秋暑し
松山佐治彦
河鹿
200412
秋暑し杖を忘れてもどりけり
今井松子
遠嶺
200412
結納の口上つつかえ秋暑し
片岡静子
200412
秋暑し白鳥の湖初演の日
河合佳代子
200412
秋暑し干潟の穴の泡を噴く
岡村葉子
200412
我が家また獺祭書屋秋暑し
大橋麻沙子
雨月
200412
走り書き出来ぬ横書き秋暑し
岡淑子
雨月
200412
辣韮で釣る飯蛸や秋暑し
宮坂幸次郎
帆船
200412
地下道にひよこ追ひをり秋暑し
谷上佳那
百鳥
200412
秋暑なほ葬り帰りを口漱ぎ
生方ふよう
200412
秋暑し墳の祠に刀錆ぶ
高倉恵美子
200501
秋暑し天守に登る梯子段
大山夏子
200501
秋暑し屋上までの鉄梯子
福山至遊
200501
朗読の近松佳境秋暑し
山下升子
八千草
200503
秋暑の雨はらはら紫蘇は憂鬱に
瀧春一
菜園
200509
秋暑日々わが生くるみちの更ふるなし
瀧春一
菜園
200509
秋暑し川の端に浮くまくは瓜
城孝子
火星
200510
声あげて秋暑の大き荷を担ぐ
遠藤真砂明
波太渡し
200510
秋暑し右手で均す畳皺
吉弘恭子
あを
200510
秋暑し飲み屋のドアに蹴りのあと
篠田純子
あを
200510
秋暑し遅刻証明配る駅
坂上香菜
200511
秋暑しロスにて逝きし友の葬
木暮剛平
万象
200511
秋暑し楮蒸し釜青き錆
疋田華子
万象
200511
お台場に小香港ある秋暑かな
長屋璃子
火星
200511
薬袋のあまた遺され秋暑し
うまきいつこ
200511
襤褸裂の水にしづみて秋暑し
八木柊一郎
ぐろっけ
200511
秋暑し空き家にビラのはさまれて
柏本初代
百鳥
200511
娘との会話小言のみなり秋暑し
斉藤陽子
雨月
200511
秋暑し癌も養はねばならず
泉田秋硯
200512
あいまいな相槌打ちて秋暑し
野中啓子
200512
番記者のまくしたて癖秋暑し
高木嘉久
200512
病歴のカルテの嵩や秋暑し
指尾直子
雨月
200512
夏物を今だしまへず秋暑し
舩越美喜
京鹿子
200512
臆病なペツトの犬や秋暑し
川崎光一郎
京鹿子
200512
戦火の絶えぬ地球や秋暑し
三反田輝夫
河鹿
200601
かけ声の走るだんじり秋暑し
大槻球子
遠嶺
200601
手放せぬ日本手拭秋暑し
丹生をだまき
京鹿子
200601
身の芯の抜けさう秋暑長引きて
久保晴子
雨月
200601
突然の選挙の連呼秋暑し
丹羽敦子
酸漿
200601
ラケットを握り直して秋暑し
宮森毅
六花
200602
せせらぎは今U字溝に秋暑し
藤原りくを
八千草
200602
秋暑し演説の声うらがへる
服部早苗
200602
超音波肝をゆさぶり秋暑し
真木早苗
八千草
200603
鹿の臭強きベンチや秋暑し
後藤和朗
栴檀
200603

 

2014年8月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。