うつた姫     15句

佐保姫  竜田姫  うつた姫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
拝殿の裏の九穴にうつた姫 加古みちよ 火星 200004  
うつた姫大梵鐘に潜むもの 岸上道也 京鹿子 200102  
うつた姫風吹峠こえて来し 森景ともね 船団 200112  
うつた姫雲水の頭蓋(はち)砕くべし 小形さとる 200202  
うつた姫波打ち際を歩きをる 植木戴子 200305  
うつた姫の案内のままに小海線 清水佑実子 201002  
寒満月毬とつきませうつた姫 中尾杏子 201003  
モノクロをびしと着こなすうつた姫 池端英子 ろんど 201003  
東北に手かげんせよやうつた姫 山口キミコ 201203  
湖の青さを奪ふうった姫 宮田香 201303  
宇津田姫この世あかるく染めかへる 近藤喜子 201304 宇津田姫=雪の神様
こぼれたる掌中の珠うつ田姫 中田禎子 201603  
白きもの身に纏ひつつうつた姫 犬塚李里子 201604  
炎症といふ一大事うつた姫 木戸渥子 京鹿子 201703  
一番に氏神囲ふうつた姫 森屋慶基 風土 201802  

 

2018年11月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。