うちわ  32句

白うちは雨待ち顔といふもあり  宇佐美魚目  薪水

うちわ  団扇

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
夕風や破れかぶれの大うちわ 樫井賢一 船団 199912  
リリヤンの房重たかり韓うちは 川畑良子 200009  
勉強は脳を素通りうちわ風 長谷川鮎 ぐろっけ 200101  
薬より笑へと老医うちは風 中川和子 馬酔木 200109  
渋うちは浅草に買ひ持ち歩く 岡田弘子 百鳥 200209  
奈良うちは透かせ夢幻の世を見むか 出口賀律子 雨月 200309  
子規庵に腰なき忘れうちはかな 神蔵器 風土 200311  
美濃うちは美濃の風くる思ひかな 林之子 草の花 200411  
渋うちは屋台に停年ありにけり 濱崎恵美子 河鹿 200509  
生きものに絶滅危惧種渋うちわ 齊藤實 200608  
うちはの絵氷室の氷運ぶところ 後藤比奈夫 ホトトギス 200702  
まん中に母在る暮しうちは風 井尻妙子 京鹿子 200901  
瑞光寺深草うちは贈らるる 林日圓 京鹿子 200907  
縦長の深草うちは考案し 林日圓 京鹿子 200907  
焼き印は元政庵のうちはかな 林日圓 京鹿子 200907  
江戸の世に深草うちは人気あり 林日圓 京鹿子 200907  
うちは風遠き日のこと語るすべ 鈴鹿仁 京鹿子 200909  
浮世絵のうちはの動く暑さかな 島玲子 風土 200910  
白うちはかな文字で書く千代女の句 藤野寿子 あを 200910  
うちは手に夕星ひとつさそひけり 豊田都峰 土の唄 201002  
青煮それといふいきほひの渋うちは 東亜未 あを 201007  
ひよいとまた深草うちは現はるる 林日圓 京鹿子 201008  
両親をおおぐうちはのなつめ形 林日圓 京鹿子 201008  
うちはの柄元政庵の焼き印を 林日圓 京鹿子 201008  
江戸後期名所図会にも描くうちは 林日圓 京鹿子 201008  
うちは風送られて坐す至福かな 辰巳あした 雨月 201011  
鵜飼絵の懐かしきかな水うちは 山崎里美 201109  
坪庭の風にうちはの和すひぐれ 豊田都峰 京鹿子 201209  
鉾囃子聞き招きゐるうちはかな 豊田都峰 京鹿子 201210  
沖晴れの一日を煽る安房うちは 小河原清江 201310  
うちわ風昭和の匂ひする茶の間 荒木治代 ぐろっけ 201311  
出迎への芸妓うちはの白い首 奥田筆子 京鹿子 201607  

 

2019年7月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。