牛冷す      16句

馬冷す  牛冷す

作品
作者
掲載誌
掲載年月
冷されし牛くろがねの胴ぶるひ 中村翠湖 馬醉木 200011
冷されて牛の睫の長きこと 早川衛津子 雲の峰 200209
撥ね水を腕で拭ひて牛冷やす 朝妻力 雲の峰 200209
火口湖を浜と名づけて牛冷やす 伊藤白潮 200307
黒牛を冷やしてゐたり四土めぐり 栗栖恵通子 200407
鈴の音や氷河湖出づる冷し牛 菅沢陽子 春燈 200410
寒村の牛冷やされてゐたりけり 浜明史 風土 200509
尻尾だけ生きてゐるかに牛冷す 今井千鶴子 ホトトギス 200512
目をつぶることが表情牛冷す 今井千鶴子 ホトトギス 200512
冷し牛ぴしぴしと尾の喜べり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200607
都内にも残る牛舎や牛冷す 稲畑汀子 ホトトギス 200607
牛冷すここも都心といふはづれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200608
冷さるる水牛の名は大五郎 水谷芳子 雨月 200811
家路への半ばに牛を冷やしやる 山田六甲 六花 200908
牛冷す山の入日をしたたらせ 宮崎洋 春燈 201612
喉太き牛を曳き出し冷すかな 村上美智子 雨月 201910

 

2021年7月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。