うなぎ    44句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
うなぎ屋の中真っ白なシャツの群 仲村青彦 199810
うなぎ屋の卓に丸めし皮ジャンパー 田畑幸子 火星 199903
夏花摘うなぎの魚籠を下げてゆく 中原道夫 銀化 199907
外来のうなぎ災難土用丑 福山和花 京鹿子 199910
簗守にうなぎ弁当届きけり 池元道雄 馬醉木 200009
うなぎ屋のうの字の奥の養生訓 大野里詩 帆船 200210
うなぎ屋のうの字の長き土用かな 立石萌木 雨月 200310
ボラセイゴ潮入池のハゼウナギ 安部里子 築地吟行 200310
うなぎ食ベクロスワードを解きてをり 及川茂登子 対岸 200310
風花や昼の大阪うなぎ焼く 大堀鶴侶 雨月 200405
絵文字なるうなぎのうの字紺のれん 丸山大手門 帆船 200407
杖おきて土用のうなぎ食べにけり 長田曄子 火星 200410
煤逃げの隠しやうなき目出し帽 斎藤棹歌 200502
こだはりは浜名湖うなぎ土用丑 河合佳代子 栴檀 200510
うなぎ屋の界隈善男善女かな 安達実生子 馬酔木 200511
銀座の稲荷うなぎの煙にまかれをり 斉藤裕子 あを 200608
うなぎ食ぶあぐらの中にあぐらの子 柴田久子 風土 200709
ふつくら焼けて霞ヶ浦のうなぎ 布川直幸 200710
焦げめふくふく霞ヶ浦のうなぎ 布川直幸 200710
顎上げて写楽の細目うなぎ食ふ 久津見風牛 200802
母の日のうなぎ屋の暖簾くぐりをり 坂本知子 酸漿 200807
うなぎ屋の煙のとどく七夕笹 坂口夫佐子 火星 200808
うなぎ背片手静かになでてをり 久津見風牛 200810
創業は不詳の店のうなぎかな 丑久保勲 やぶれ傘 200810
文学碑に並びうなぎの供養塚 藤見佳楠子 200908
うなぎ飯女の寿命また伸びる 田中藤穂 あを 200910
文字めきしシラスウナギの眼かな 石脇みはる 201206
うなぎ屋に木遣の衆も暑気払 北崎展江 くりから 201209
うなぎの値すつくと上げて他人顔 北村香朗 京鹿子 201211
浜名湖線うなぎの値段弁当箱 北村香朗 京鹿子 201211
代替はりせし鰻屋のうなぎかな 丑久保勲 やぶれ傘 201309
うかれ坊主うれしいうまいうなぎのう 延広禎一 201310
うなぎ屋の暖簾を分けし洗ひ髪 浜口高子 火星 201310
誰彼に逝かれしけふのうなぎ飯 熊谷ふみを ろんど 201408
いつよりか逆転の子とうなぎ飯 藤原照子 201409
ばてばてやうなぎの文字の泳ぎたる 大坪あきら 万象 201511
かんばせのまだ病み上りうなぎの日 中川句寿夫 ここのもん 201705
何言ふとなく茂吉忌のうなぎめし 内海良太 万象 201705
国産のうなぎの土産息子より 大坪景章 万象 201709
新米の美味しうなぎも又うまし 林いづみ 風土 201901
先づうなぎ頬張つてゐる櫃まぶし 谷口一献 六花 202010
景気よく煙を逃がすうなぎの日 松田明子 202101
うなぎの日に鰻を食べる老夫婦 平佐悦子 202110
土用の丑うなぎ供養で休業す 水谷昭代 202111

 

2022年7月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。