ソーダ水     216句

ソーダ水ものを言はねば恋めきて    本橋愛子

ラムネ  ソーダ水

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ソーダ水未知の視線とぶつかりし 山田弘子 円虹 199810  
若き世を甘くおとろへソーダ水 竹村悦子 銀化 199810  
頬杖をして遠く見てソーダ水 松岡隆子 199810  
一島に一雲の影ソーダ水 小澤克己 遠嶺 199905  
鎌倉や海には海のソーダ水 深澤鱶 ヒッポ千番地 199905  
つんと鼻抜けたる涙ソーダ水 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
誰よりも大きなグラスソーダ水 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
空港に子を待つ母やソーダ水 中沢三省 風土 199908  
本心かと問へば領きソーダ水 辻享子 ヒッポ千番地 199908  
バッハ聴くオープンテラスにソーダ水 吉村春風子 遠嶺 199909  
核心に触れることなくソーダ水 宮倉浅子 遠嶺 199909  
一人居て風聴いてをりソーダ水 小黒カヅ 酸漿 199910  
片付けを後に回してソーダ水 近藤倫子 ぐろっけ 199910  
長身の男と女ソーダ水 長瀬勝 199911  
十両に落ちし力士やソーダ水 岬雪夫 199911  
ソーダ水閉ぢこめられてゐるあくび 野口香葉 遠嶺 199911  
姉は赤弟は青ソーダー水 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
沈黙の間の青きソーダ水 山田禮子 遠嶺 200008  
窓の空コップの空やソーダー水 蔦三郎 円虹 200008  
鎌倉の海を見てゐるソーダ水 中村洋子 風土 200010  
聖女にはならぬなれぬとソーダ水 今西ひろえ 200012  
美しき手の饒舌やソーダ水 関根洋子 風土 200101  
旅半ば精養軒のソーダ水 内田美紗 船団 200101  
ソーダ水いつでも恥ずかしいブルー 池田澄子 船団 200102  
鍋掴少しお酒落なソーダ水 小室澄江 京鹿子 200103  
少年と少女のウソにソーダ水 佐藤喜孝 あを 200105  
ソーダ水捨て来し恋のかりそめで 中西美保 雨月 200108  
蔵街の「大正館」のソーダ水 小山徳夫 遠嶺 200109  
帰る場所残しておくよソーダ水 能城檀 船団 200109  
青白き少女の鎖骨ソーダ水 成澤桂助 百鳥 200110  
夫の意図やうやく解けてソーダ 八田節子 ぐろっけ 200110  
クリスマス季節はづれのソーダ水 山田六甲 六花 200201  
ソーダ水越しに彼の日の夫を見る 志麻茜 銀化 200207  
その頃の痛みふふみぬソーダ水 亀田憲壱 銀化 200208  
ソーダ水しゆわつと人の名を忘る 宮崎直子 200208  
峠氏に倣ひて啜るソーダ水 品川鈴子 ぐろっけ 200208  
生返事繰り返しゐてソーダ水 武本節子 築港 200209  
ソーダ水飲んでる二人ペアルック 松井治美 遠嶺 200209  
ソーダ水隈取役者憩へりき 笹倉さえみ 雨月 200209  
ソーダ水おくびとなりて出る思ひ 渡辺知美 銀化 200209  
ソーダ水黙つてゐても愉しかり 松岡隆子 200209  
一途なるころのときめきソーダ水 土岐明子 遠嶺 200210  
日曜を働き暮れてソーダ水 宮尾直美 200210  
舌の色無気味な青にソーダ水 野澤光代 ぐろっけ 200210  
末っ子も劣らず寡黙ソーダ水 野中啓子 200211  
あの人はきつと来るはづソーダ水 赤羽正行 遠嶺 200211  
君の嘘に免疫になるソーダ水 木村みかん 200301  
二人展出でてふたりのソーダ水 田中美智代 200302  
ソーダ水足組み替へて本音聞く 師岡洋子 ぐろっけ 200302  
ソーダー水縦にせり出すリーゼント 篠田純子 あを 200307  
窓際に並んで座りソーダ水 宮崎千恵子 帆船 200308  
ソーダ水君の言葉の浮力かな 祐森彌香 遠嶺 200309  
ソーダ水むかしの色の安堵かな 三由規童 雨月 200309  
告白すまでの逡巡ソーダ水 萩谷幸子 雨月 200309  
ソーダ水両手伸ばせば届く恋 高田令子 200309  
背の曲り兆すふたりのソーダ水 熊丸淑子 馬醉木 200310  
子供へと返りたがりぬソーダ水 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 200310  
「のらくろ」と恋の思ひ出ソーダ水 古川利子 200311  
父が飲む採血後のソーダ水 大内恵 酸漿 200311  
海見て飲むマリンブルーのソーダ水 出口貴美子 雨月 200311  
ピアノ買ふ約束果たしソーダ水 林美智 ぐろっけ 200311  
ソーダ水芙美子縁りの喫茶店 田中敬 200402  
おしゃべりは楽しひと時ソーダ水 江森香 帆船 200402  
告白にストロー離すソーダ水 中田みなみ 200406  
真つ直ぐな愛に育ちしソーダ水 田嶋洋子 春燈 200409  
未完の絵三枚レモンソーダ水 中村葉子 帆船 200409  
約束の刻過ぐ不安ソーダ水 岡淑子 雨月 200409  
旅の話きかせてもらふソーダ水 佐野布娑 雨月 200409  
これまでの鬱の総量ソーダ水 久米なるを 200409  
評決の多勢に無勢ソーダ水 田中藤穂 あを 200409  
ソーダ水極楽絵見てきたばかり 木下野生 200410  
髪切りし訳などいへずソーダ水 遠藤節子 200411  
ソーダー水眞青の記憶も遠くなり 北川孝子 京鹿子 200411  
いきり立つをさらりと躱しソーダ水 松浦途子 ぐろっけ 200411  
あやふやな胸中のままソーダ水 大橋麻沙子 雨月 200508  
人待つは空白の刻ソーダ水 大橋麻沙子 雨月 200508  
新任の教師の噂ソーダ水 小林朱夏 200508  
ソーダ水女の会話堰を切る 湊一春 築港 200509  
深読みにみづから苦笑ソーダ水 中田みなみ 200509  
まつすぐに生きてきたりしソーダ水 冨松寛子 200510  
地下街にハモニカの曲ソーダ水 清水ミツコ 200510  
同級と云ふだけの仲ソーダ水 浜和佳子 百鳥 200511  
こはれさうな恋と同席ソーダ水 谷口みちる 200607  
お風呂屋の隣は床屋ソーダ水 里中章子 200607  
ソーダ水窓に真昼の町歪む 柴田佐知子 200608  
嫁が気楽と吾を見てをらむソーダ水 太田絵津子 200609  
ソーダ水友達のまま又逢ひて 赤木真理 ぐろっけ 200609  
客どつと入りて窮屈ソーダ水 荒木治代 ぐろっけ 200609  
木洩れ日と対話する午後ソーダ水 浜田はるみ 遠嶺 200610  
花嫁の父の本音やソーダ水 中島知恵子 雨月 200611  
空港のかかる別れのソーダ水 成瀬櫻桃子 春燈 200704  
色恋の齢にあらずよソーダ水 小川匠太郎 200707  
ソーダ水飲んで矢切の渡船待つ 大西八洲雄 万象 200708  
木陰にて二人で一本ソーダ水 谷春菜 万象 200709  
ソーダ水泡の途切れずまだつづく 宮津昭彦 200709  
ソーダ水新車の色を選びつつ 田原陽子 200710  
いささかの異論ありしがソーダ水 久米なるを 200710  
末つ子を甘やかしをりソーダ水 葛西茂美 200710  
枡席の欄干に腕ソーダ水 秋千晴 200710  
ソーダ水はなしの接穂見つからず 浅田光代 風土 200711  
ストローをからませてゐるソーダ水 福島せいぎ 万象 200712  
看取る口の気泡つぎつぎソーダ水 辻美奈子 200806  
掻き回すストローに音ソーダ水 ことり 六花 200808  
癌検査よしと告げられソーダ水 奈佐幸子 200809  
一杯に限界の頃ソーダ水 清水幸治 200809  
待つことに耐へ青春のソーダ水 金子輝 春燈 200809  
松陰の墓へ供へしソーダ水 岸崎華堂 炎環 200809  
ミーハーの仲間入りしてソーダ水 岡谷栄子 200811  
ソーダ水イヤフォン分かち恋のうた 横内かよこ ぐろっけ 200811  
志高きに置きてソーダ水 生田高子 春燈 200908  
「ぐるばい」は横浜ことばソーダ水 佐々木暢 炎環 200909  
青春のはじける泡やソーダ水 渡邊泰子 春燈 200909  
カウンターの高きスツールソーダ水 柿沼盟子 風土 200909  
大男ショコラケーキとソーダ水 佐方敏明 ぐろっけ 200909  
潮の香と淡き島影ソーダ水 櫻木道代 ぐろっけ 200909  
不用意に漏らす本音やソーダ水 川崎真樹子 春燈 200910  
泣くほどの恋もせざりしソーダ水 柴田良二 雨月 200911  
檻つかむ猿に見らるるソーダ水 浜囗高子 火星 201008  
ソーダ水ストロー二本交差して 中山純子 万象 201010  
水兵のコンパス脚やソーダ水 和田照海 京鹿子 201010  
坂にたつ店の水平ソーダ水 柿沼盟子 風土 201101  
樹下一卓笑ひはじけてソーダ水 コ田千鶴子 馬醉木 201108  
ソーダ水飲んで酒席の長かりし 大西八洲雄 万象 201109  
腕白のおもかげふつとソーダ水 清水佑実子 201109  
コップよりストロー短かソーダ水 吉田希望 201110  
思ひ出のふつふつと湧きソーダ水 七田文子 201110  
法要の足のしびれやソーダ水 高尾豊子 火星 201110  
真つ白な雲の造形ソーダ水 矢口笑子 春燈 201110  
スカイツリー望む窓辺のソーダ水 金田けいし ろんど 201110  
そのことはもう諦めてソーダ水 コ田千鶴子 花の翼 201111  
ソーダ水別れ話は手短に 宮井知英 201111  
三つ編みの頃に戻れるソーダ水 中田寿子 ぐろっけ 201111  
海よりの光を粒にソーダ水 福島茂 201205  
放課後の尽きぬ話やソーダ水 石川かおり 201209  
草の名を聞いては忘れソーダ水 齋藤厚子 201210  
ストローが終りを告げしソーダ水 久保東海司 201211  
ソーダ水今もあだ名で呼び合ひぬ 横内かよこ ぐろっけ 201211  
ソーダ水しゅわしゅわ秘密めく音に 堀田恵美子 雨月 201212  
相愛を疑はず生きソーダ水 田嶋洋子 七線譜 201306  
ストローを螺旋に上るソーダ水 大日向幸江 あを 201308  
お姫様のなみだに適ふソーダ水 船山東子 ろんど 201310  
ぶつぶつと呟やいてゐるソーダ水 小林正史 201310  
ゆづられし座席のぬくみソーダ水 垣岡瑛子 火星 201310  
寄り道の茶房に憩ひソーダ水 服部珠子 雨月 201310  
幼馴染のつきせぬ語りソーダ水 辰巳あした 雨月 201310  
一しきり語り終りてソーダ水 辰巳あした 雨月 201310  
かきまぜてばかり二人のソーダ水 青木朋子 201310  
ぷちぷちと五臓をはじくソーダ水 えとう樹里 201310  
蔵造りの茶房にしばしソーダ水 國保八江 やぶれ傘 201310  
カップルの交互に啜るソーダ水 松本文一郎 六花 201311  
とまらない止まらなくてよしソーダー水 池田久恵 ぐろっけ 201311  
市章山指呼に飲み干すソーダ水 磯田せい子 ぐろっけ 201311  
ソーダ水人魚の帰る海の色 栗原京子 201405  
ソーダ水会話弾みし女子高生 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
ソーダ水昔の恋は怖かつた 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
ぶつぶつぶつソーダ水は嘆き水 布川直幸 201407  
一杯で恋は語れずソーダ水 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
方言のやさしさに会ふソーダ水 宮川みね子 風土 201409  
ソーダ水人に狎れるを恐れけり 佐々木紗知 京鹿子 201409  
ソーダ水早口なりし手話の指 鈴木まゆ 馬醉木 201409  
ソーダ水に森の息吹のありにける 橋本順子 201410  
四人して花街かがいを歩くソーダ水 前田美恵子 201410  
ソーダ水の泡見てをる赤ん坊 中島昌子 201410  
ソーダ水貝殻骨を陽に曝し 大川ゆかり 201410  
ラケットを重ねて樹下のソーダ水 斉藤マキ子 末黒野 201411  
巻貝の奥に潮鳴りソーダ水 小河原清江 201411  
その後の長き話やソーダ水 山内洋光 201508  
ソーダ水ちひさき嘘の溢れだす 熊川暁子 201509  
昭和へと話の逸れしソーダ水 藤原照子 201509  
グラスより氷はみ出すソーダ水 きくちきみえ やぶれ傘 201509  
白黒の仏映画恋ふソーダ水 河本由紀子 春燈 201509  
ソーダ水優しい嘘をつかれけり 永淵惠子 201510  
組み上がる鉾をみてゐるソーダ水 橋添やよひ 風土 201510  
愚痴言へる友ゐて共にソーダ水 山本漾子 雨月 201510  
国民の声こそ命ソーダ水 吉澤恵美子 春燈 201511  
口中を暴れて甘きソーダ水 黒川悦子 ホトトギス 201512  
徽宗帝の「雨過天晴」やソーダ水 岡本尚子 風土 201605

 

ソーダ水二の腕太き母となる 永淵惠子 201607  
ソーダ水ギャルソン・ニノの髭細し 井上石動 あを 201608  
子の夢のでかさを語るソーダ水 竹中一花 201608  
久に会ふ孫の背丈やソーダ水 佐藤まさ子 春燈 201609  
気づくまで待つことにするソーダ水 あさなが捷 201609  
あのカフエのあの日のソーダ水二つ 金子正道 京鹿子 201609  
遠回しのことばにごくりソーダ水 森清堯 末黒野 201610  
そばかすの似合ふ少女やソーダ水 竹内慶子 春燈 201610  
ソーダ水そつと媚薬を注ぎけり 天谷翔子 201611  
ソーダ水とげ抜き地蔵詣で来て 原田しずえ 万象 201611  
泣きもせず母を待つ子ヘソーダ水 押田裕見子 201612  
離陸待つしばしの憩いソーダ水 平野無石 201701  
生国も齢も問はずソーダ水 藤沢秀永 201702  
瓜実と成りし円顔ソーダ水 藤沢秀永 201702  
よそゆきの仕草の幼ソーダ水 松井季湖 201709  
ソーダ水音の出るもの皆楽器 平田和代 201709  
大会の後のくつろぎソーダ水 三輪温子 雨月 201710  
骨董品並ぶ茶房やソーダ水 橋場美篶 末黒野 201711  
UFOを見たと言ふ子やソーダ水 植木戴子 201807  
ストローの向き定まるやソーダ水 横山さくら 春燈 201808  
ソーダ水お墓の話などもして 荒井ハルエ 春燈 201809  
ソーダ水昭和もやがて遠くなり 犬嶋テル子 春燈 201809  
赤ちゃんが足りないといふソーダ水 佐藤喜孝 あを 201808  
ソーダ水誰の言ふこと本当か 田中藤穂 あを 201808  
大学をぶらぶら歩きソーダ水 森なほ子 あを 201808  
夢の中手の届かないソーダ水 秋川泉 あを 201808  
空想仮想妄想夢想ソーダ水 笹村恵美子 201809  
習いたて文字の筆圧ソーダ水 本西一代 201809  
ソーダ水一回戦で帰る子に 辻美奈子 201810  
ソーダ水昔の色のままにあり 住田千代子 六花 201810  
ソーダ水しゃらっとしゃべるあねいもと 鈴木みのり 201812  
土産屋の小さき木椅子やソーダ水 小林紫乃 春燈 201812  
コクトーもラディゲも青春ソーダ水 中山惠子 201908  
震度五にひるむ真昼のソーダ水 栗原完爾 春燈 201908  
松本楼テラスに風とソーダ水 片桐紀美子 風土 201908  
モッチリの食後クリームソーダ水 山田六甲 六花 201908  
どの子にも利き腕ありぬソーダ水 今村千年 末黒野 201909  
人生の夏は短かしソーダ水 藤田美耶子 201911  
会へばまた恋してしまふソーダ水 仲里奈央 201912  
ソーダ水小指で氷まはしけり 山田六甲 六花 202006  

 

2020年6月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。