セーター 1    200句

セーター赤く改札口を無事通る    竹内弘子

セーター   カーディガン

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
セーターにかみのリボンを変えてみた 山本楽 円虹 199901  
住む町の空より青きセーター買ふ 村田近子 遠嶺 199905  
お揃ひのセーター姉は嫌がりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 199906  
セーターの毛玉ふやして老懶か 能村登四郎 芒種 199911  
赤ばかり好みし吾娘のセーターよ 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
妻編みしセーター今日も着て外出 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
セーターのカレーの匂いごと抱かれ 津田このみ 月ひとしずく 199912  
古セーターの実存一気にほどきをり 山県總子 銀化 200001  
桂郎の赤きセーター畦を跳ぶ 神蔵器 風土 200001  
セーターに赤色選ぶ五十路かな 中川朋子 円虹 200003  
子に編みしセーターやはり捨てられず 中川朋子 円虹 200003  
早梅やセーター淡き一少女 中川悦子 酸漿 200004  
セーターの豹柄ほつれの玉結び 大森美恵 風土 200005  
セーターの死んでしまへば出せぬ貌 大場佳子 銀化 200102  
編みかけのセーター膝に母眠り 森景ともね 船団 200102  
セーターに残りし嬰の匂ひかな 門脇明子 200103  
セーターの白を贈りて鳩寿祝ぐ 山田由利枝 雨月 200104  
遺りたるセータ着れば恋女房 品川鈴子 船出 200104  
首長のセーター着たるチューリップ 佐渡美佐子 船団 200105  
セーターを干す淡海へ雫して 品川鈴子 ぐろっけ 200105  
とつくりセーターより首出して今日始まる 能村登四郎 羽化 200110  
夜更けて亡夫のセーター羽織けり 浅井千鶴子 いろり 200111  
黒セータ男の自負のあいまいに 北川孝子 京鹿子 200112  
セーターの胸を反らして従はず 鈴木伊都子 200202  
朱のセーター外交官の車より 岡谷栄子 200202  
波の高さにセーターの風なびき 遠藤真砂明 200202  
セーターの白に余生をふくらます 加藤はま子 200202  
木道を初老の赤きセーターかな 田所洋子 雨月 200202  
セーターのトンネル抜ける今朝の冬 大東由美子 火星 200202  
セーターをしまひ忘れて妻偲ぶ 相澤健造 いろり 200203  
庭手入してセーターに葉屑ため 松田欽吾 雨月 200203  
セーターの毛玉を摘みてダルメシアン 大村孝 百鳥 200203  
セーターは赤Tシャツは青好み 稲畑廣太郎 ホトトギス 200212  
セーターにこだはつてゐる古女房 稲畑廣太郎 ホトトギス 200212  
今日一寸セーター派手にしてみよう 稲畑廣太郎 ホトトギス 200212  
夫に会ふ日のセーター白にする 佐々木悦子 帆船 200301  
徳利のセーターと会ひ満腹す 宇垣みきえ 200302  
考への頓挫しセーターの毛玉摘む 大橋敦子 雨月 200302  
父と子は揃ひのアランセーターで 坂口三保子 ぐろっけ 200302  
セーターを一枚増やす旅支度 木村冨美子 遠嶺 200303  
セーターの市長握手で迎へくれ 山田弘子 円虹 200303  
セーターの編目数ふに空返事 川村紫陽 200303  
セーターの胸にフランス風景画 井上雅晴 帆船 200303  
馬跳びの果てセーターの残りゐし 三代川次郎 雲の峰 200303  
セーターのアンパンマンの背のびなり 吉田康子 青山椒 200303  
セーターも帽も真白や十五歳 岡淑子 雨月 200304  
傘寿翁若しセーターかぶり着て 築城百々平 馬醉木 200305  
赤セーターを選る還暦を賜わりて 恩塚典子 ぐろっけ 200306  
歯並びで親娘と知れる夏セーター 横山迪子 六花 200310  
久保田博の赤きセーター着てみたる 池田崇 200401  
朝市へ行くセーターに首突つ込む 土井三乙 風土 200402  
おそろひのセーター夜汽車に仕上がりぬ 井口初江 酸漿 200402  
セーターとジーンズされどヅカジェンヌ 岡谷栄子 200403  
脱皮するかに身を反らしセーター脱ぐ 山田由利枝 雨月 200403  
母のセーター着て読み返す母の文 松村光子 百鳥 200404  
無敗と書くセーター着た子ころびけり 松下幸恵 六花 200406  
背広着し名誉教授の赤セーター 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
足軽しセーターの色赤にして 小柳順子 帆船 200501  
セーターの漁師や酒を匂はせて 祐森省造 雲の峰 200502  
母の誕生日セーターは萌黄色 加藤峰子 200502  
贈られしセーターを着て訪ねけり 小峯雅子 酸漿 200503  
着心地の悪いセーター捨てられず 玉川梨恵 200503  
セーターをかぶり暗中模索せる 大橋敦子 雨月 200504  
心まで老いずセーター赤を選る 池田倶子 雨月 200504  
予後良くて赤きセーター似合ひけり 安室敏江 百鳥 200602  
編みかけのセーター置いてあるソファー 木村みかん 200602  
セーターもマフラーも赤海を見に 渡邉美保 火星 200603  
婿殿へ模様入りなるセーター編む 八代清子 200603  
同士ともおもふセーター被りけり 田村園子 200605  
男物のセーター借りて訃をしきる 直江裕子 京鹿子 200605  
かぶり着るセーター今日を働けり 生方ふよう 200605  
セーターの乳房元より拵へ物 瀧春一 瓦礫 200606  
文化祭朱のセーターの目立ちけり 笹原紀世子 200612  
セーターに美しき獣の記憶立つ 前田貴美子 万象 200701  
首隠すためのセーター誕生日 安居正浩 200702  
セーターの毛糸太らせ堂守は 大東由美子 火星 200702  
セーターをくぐりて星の国に出づ 小澤克己 遠嶺 200702  
セーター撫でてのひらにこりにこりかな 今谷脩 ぐろっけ 200702  
神を説く黒セーターの宣教師 首藤知茂 200703  
糠床を掻くセーターの腕まくり 岩井泉樹 春燈 200703  
セーターに首通すたび父に遭ふ 吉田明子 200703  
試みる夫変身の赤セーター 柴田久子 風土 200703  
セーターに首入れ一日始まりぬ 玉置かよ子 雨月 200703  
無頼派を自負す男の黒セーター 玉置かよ子 雨月 200703  
編みかけのセーターすでにひと在らず 田原陽子 200704  
セーター洗ふ湯水馬穴に溢れさせ 石川元子 酸漿 200704  
豹柄のセーター未だ箱の中 須賀敏子 あを 200704  
医師の前脱ぐセーターの裏返し 風間史子 200705  
ミモザ咲き黄のセーターを着たくなる 田中藤穂 あを 200705  
土手賑し黄色のセーターつくし摘む 長崎桂子 あを 200705  
セーターの手首ゆるんで来てをりぬ 横山迪子 六花 200706  
すこしだけ強気やセーター被り着て 生方ふよう 200801  
セーターをざつくり上げて授乳中 布川直幸 200802  
セーターを重ね着にして句座につく 仁平則子 200802  
幾世経し行李の蔭の赤セーター 岡野ひろ子 200802  
カラフルなセーター似合ふ友の肌 中村悦子 200802  
形見なるゴルフセーター着て素振り 岡野峯代 ぐろっけ 200803  
勝負色てふセーターを買求む 遠山みち子 200804  
白セーター一途に炎ゆる胸かたち 望月晴美 200804  
とっくりセーター右往左往の頭出る 貝森光大 六花 200804  
セーターに妬心を隠す十五歳 金子慶子 遠嶺 200804  
セーターの草色選び十二月 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
セーターの中で目開けてしまひけり 大川ゆかり 炎帝 200804  
セーターの恋の背中の俤れ合ひ 山田弘子 ホトトギス 200805  
手術日を待つセーターを編み終へて 田原陽子 200805  
ひきだしを出ぬ亡き夫のセーターよ 川崎よしみ 200805  
セーターの首出す前に告げしこと 坂本緑 幸せのかたち 200808  
セーターにはづむ音符のペンダント 渡邊泰子 春燈 200901  
裏おもて無いセーターで歩き出す 堀内一郎 あを 200901  
六着の猫のセーターコレクション 内田玉G 炎環 200902  
編みかけのセーター何年越しのまま 遠藤とも子 ぐろっけ 200902  
ささやかな自分史セーターほぐしをり 古屋元 200902  
セーターや硬きもの持つ美少年 大原貴彦 炎環 200903  
セーターを着せられ水子地蔵かな 篠田純子 あを 200903  
あの顔の出るトックリのセーター編む 中田みなみ 200903  
セーター脱ぎ児らの地上絵きりもなく 佐用圭子 200904  
セーターを解いて記憶に深入りす 石田静 200904  
愛しさを絡めセーター編みにけり 岡垣佳子 遠嶺 200905  
セーターにけもののにほひやがて雨 内田美紗 船団 200906  
恋終り編みかけセーター解かるる 森下康子 201002  
セーター編む眼鏡二つを使ひ分け 久染康子 201002  
久に着るセーター真つ赤退院す 棗怜子 春燈 201002  
セーヌ河岸黒セーターのらつぱ吹き 吉田和子 ぐろっけ 201002  
女の子セーターを着て娘なり 小俣剛哉 雨月 201003  
バンザイの形で脱がす子のセーター 高橋まき子 風土 201003  
とつくりのセーターひと言申しけり 城孝子 火星 201003  
編み上げし吾がセーターの好み色 増田一代 201004  
セーターは運勢欄の色選び 小西和子 201004  
セーターに顎を埋めて六十代 加藤峰子 201004  
セーターの闇くぐる間に一決す 山田弘子 ホトトギス 201005  
毛糸玉セーターに愛移りゆく 中田みなみ 201005  
このセーターロンの歯形を付けし日も 稲畑廣太郎 ホトトギス 201012  
ロンの小屋セーターだけが残されて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201012  
桂郎の赤きセーター畔跳んで 神蔵器 風土 201102  
吟遊やセーター入れし旅鞄 安井和恵 201102  
思ひ出を消しセーターを編み直す 田所節子 201102  
セーターより朝の光へ顔出せり 永島雅子 春燈 201103  
セーターに老眼鏡の巻き込まれ 鈴木とおる 風土 201103  
セーターより首突出して今日始まる 折橋綾子 201103  
冬仕度まづは手編のセーター着る 島貫寿恵子 雨月 201103  
黒セーター着て日のひかり満喫す 西川織子 馬醉木 201104  
セーター編む色は七彩虹のいろ 筏愛子 201104  
姉妹曳く犬に着せ替へ赤セーター 増本明子 ぐろっけ 201106  
夫へ撰るセーター羊飼ふ国に 竹内悦子 ちちろ虫 201108  
黒セーター埃ほつこり集ひくる 加舎廣子 京鹿子 201201  
イクメンの赤きセーターすれちがふ 町山公孝 201201  
賜はりしセーター喜寿に似合ひたり 岡野ひろ子 201202  
セーターのおとうとに兄老いにけり 山田六甲 六花 201202  
首通すときセーターへ甘え癖 安居正浩 201203  
セーターをくぐりて気づく誕生日 小山田子鬼 201203  
セーターの赤着て気合入れなほす 町山公孝 201203  
想ひ出の絡むセーターほどきけり 中田みなみ 201203  
黒セーター代り番こに夫と着て 中田寿子 ぐろっけ 201203  
セーターの腕をまくって海をまぜ 吉井潤 ぐろっけ 201203  
手作りのセーター拒む反抗期 山田正子 201204  
「派手かな」と子にセーターを贈らるる 久世孝雄 やぶれ傘 201204  
セーターの腕々ロボット胴上げす 品川鈴子 ぐろっけ 201211  
セーターを着て袖口を大切に 山尾玉藻 火星 201301  
虫喰ひのセーターに刺す花模様 天野美登里 やぶれ傘 201302  
薔薇色の闇セーターを潜るとき 原友子 201302  
編み上げしセーターに日のぬくみかな 川口崇子 万象 201303  
セーターにお日様溜る談話室 斉藤裕子 あを 201303  
夫に貸す両手セーターなど着せる 山田暢子 風土 201304  
徳利のセーター夫の余生かな 塩見英子 雨月 201304  
とつくりのセーターゆつくり脱いで泣く 直江裕子 京鹿子 201304  
バーゲンのセーターで決め初句会 金子つとむ ろんど 201305  
黒セーターただものでないお爺さん 火箱ひろ 船団 201306  
黒セーター縁なし眼鏡のジョンレノン 大日向幸江 あを 201312  
さくらもみぢセーターの胸に留め 竹内弘子 あを 201312  
木立抜けきしセーターの茜色 蘭定かず子 火星 201402  
セーターの裾を一周ひつじ柄 山口ひろよ 201402  
繩編みのセーターが行く風切つて 川上久美 ろんど 201403  
「再値下げ」セーター二枚迷ひなく 赤座典子 あを 201403  
セーターに隠す本音と玉の肌 波戸辺のばら 201403  
見上げらる手編みセーター着せられて 荒木甫 201403  
職退きてセーターの首緩きかな 山田正子 201404  
とつくりの黒セーターを着こなして 佐藤喜仙 かさね 201404  
膝正し春セーターの般若経 西村節子 火星 201405  
春の風空より青きセーターを 長崎桂子 あを 201405  
結婚式終ヘセーターの二人かな 今橋眞理子 ホトトギス 201405  
水桶に春セーダーの青揺るる 志方章子 六花 201408  
縮こまつてをりセーターのぼたん穴 田部井幸枝 201405  
セーターを脱いで司祭の顔となる 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412  
セーターを解き恨み言二つ三つ 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412  
セーターにイブの奇跡を編み込みぬ 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412  
セーターを脱いで司祭の顔となる 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412  
セーターにイブの奇跡を編み込みぬ 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412  
セーターを解き恨み言二つ三つ 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412  
赤きセーター師は健やかに在すなり 浜福惠 風土 201501  
子のセーター編み返す日の来りけり 大日向幸江 あを 201501  
セーターに蟹の匂ひや旅帰り 竹内悦子 201502  
セーターに児の貌隠れ逆上がり 青木ちづる 201502  
セーターに持つてゆかれし首もどす 鈴木庸子 風土 201502  
まだ生くる赤きセーター捨てきれず 川上恵子 雨月 201502  
背表紙のやうユニクロのセーター棚 すずき巴里 ろんど 201502  
行きつけの店の残りしセーター買ふ 秋田典子 六花 201503  
セータの首より頭出できたる きくちきみえ やぶれ傘 201503  
セーターを編む晩年の色を編む 大島節子 201503  
大きくて膝で畳めぬ子のセーター 齊藤哲子 201503  
セーターの観覧車ごと抱きしめる 加藤峰子 201503 セーター→2

 

2019年12月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。