五月富士   47句

目にかかる時やことさら五月富士  芭蕉

五月富士  雪解富士  夏富士

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
商談の節目節目に五月富士 岩木茂 風土 199908  
雪渓の蛸足垂らす五月富士 遠藤白雲子 199908  
駈け下りし思ひに仰ぐ五月富士 鷹羽狩行 199909  
天守閣の真向ひはるか五月富士 三崎由紀子 遠嶺 200208  
五月富士見えぬ小雨のラウンジや 田中藤穂 あを 200407  
大観の富士を思はす五月富士 土屋酔月 火星 200408  
五月富士赤子を見せに故郷へ 坂部尚子 栴檀 200408  
友逝くに高々と浮く五月富士 松崎鉄之介 200507  
一刀の反りをすらりと五月富士 岩淵彰 遠嶺 200508  
湘南や潮目の上の五月富士 落合絹代 雨月 200508  
産みたてといふ茹玉子五月富士 井上信子 200608  
鮮しき句画の相聞五月富士 小山徳夫 遠嶺 200609

祝・

『絵本のように』

雲ありてよしなくてよし五月富士 鷹羽狩行 200707  
実朝の越えし峠の五月富士 中沢三省 風土 200708  
五月富士雲の流れを飽かず追ひ 明石文子 ぐろっけ 200709  
重ね合ふ紙齢山齢五月富士 水原春郎 馬醉木 200710  
向き合つて一対一の五月富士 遠藤真砂明 200807  
五月富士端正にして大いなる くらたけん 200807  
退院の窓いつぱいに五月富士 大矢雅子 万象 200809  
ときめきし序として生る五月富士 鈴鹿仁 京鹿子 200907  
死を連れて雲遠ざかる五月富士 小澤克己 遠嶺 200908  
五月富士富士と名のつく駅つづく 川村文英 ろんど 200908  
五月富士伏流の音ひびきをり 伊藤季実 炎環 200909  
歓声の峠雲脱ぐ五月富士 小川玉泉 末黒野 200910  
余生なほ曾孫誕生や五月富士 小林一榮 末黒野 200910  
子は五人父母の法事の五月富士 安部里子 あを 201007  
どの田にも水ゆきわたる五月富士 戸栗末廣 火星 201107  
五月富士笠雲ほぐれ始めたり 吉野さと 酸漿 201107  
五月富士見下ろすべしと機長の声 鳳蛮華 201110  
皐月富士眺めつ入りぬ露天風呂 宮澤勇夫 末黒野 201310  
見て育つ文化遺産の五月富士 小島禾汀 春燈 201407  
眼前に迫る全裸の五月富士 山田春生 万象 201408 高尾山にて
昨日より今日の群青五月富士 柴崎富子 春燈 201508  
ふるさとに向かふ車窓に五月富士 中嶋陽子 風土 201508  
五月富士ほてり色して昏れにけり 原田しずえ 万象 201509  
爽立てる松や裾濃に五月富士 齋藤晴夫 春燈 201608  
コルク栓スポンと抜けて五月富士 中島陽華 201609  
夕さりの山並に活き五月富士 森清堯 末黒野 201709  
船旅や舳先に仰ぐ五月富士 鍋島武彦 末黒野 201709  
神々の襖をはづす五月富士 神蔵器 風土 201711 『木守』
額縁は宿の大窓五月富士 和田啓 末黒野 201810  
ハイウェー行手にそびゆ五月富士 川村欽子 雨月 201907  
働きし十指を翳す五月富士 中野さき江 春燈 201908  
五月富士夕日に映えて遠かりき 佐藤まさ子 春燈 201908  
五月富士句友遠方より集う 石川東児 201909  

 

2020年6月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。