練 炭    12句 〔他季を含む〕
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
御明かしの練炭の燠夾竹桃 藤田悦子 対岸 200311  
練炭の届いてゐたる勅願寺 井上信子 200503  
練炭の炎抑へて外出かな 中島玉五郎 200712  
練炭を仕舞ひ北窓開きけり ことり 六花 201003  
練炭に焔を熾す木下闇 ことり 六花 201006  
魚焼く練炭の炎燃えさかる 吉成美代子 あを 201204  
練炭のにほふ炬燵か嬉しくなる 井上石動 あを 201303  
堀炬燵練炭の香の甘きこと 大日向幸江 あを 201403  
練炭の届いてゐたる勅願寺 井上信子 201412  
練炭親し改札いまも日本の冬 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
橋立の練炭火鉢汐流る 西村節子 火星 201502  
練炭の炎眩しき渡し舟 小林和世 201503  

 

2019年11月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。