男郎花          105句

小笹吹く風のほとりや男郎花   北原白秋   ザ・俳句

男郎花   女郎花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
林道の抜け道に咲く男郎花 牧野睦子 199810
車間距離大事をとこへしをみなへし 丸山佳子 京鹿子 199811
季名草の外の身軽さをとこへし 渡辺純 京鹿子 199812
曽爾原に白き雲湧き男郎花 熊岡俊子 雨月 199912
男郎花に囲まれて道失へり 大和田鏡子 俳句通信 199912
呼ばるるも彷徨ふばかり男郎花 近藤憙治 船団 199912
男郎花酸いも甘いも知つてゐる 赤羽正行 遠嶺 200012
をとこへし空氣清淨機のうしろ 佐藤喜孝 あを 200102
雨脚の強きを躱し男郎花 丸尾和子 雨月 200112
女郎花男郎花雨上がりけり 神谷瑛子 百鳥 200112
跼みたる貌に山雨や男郎花 加瀬美代子 200202
男郎花打重なりて倒れけり 加瀬美代子 200202
逆縁の墓女郎花男郎花 高橋照子 雨月 200211
森奥に工房のあり男郎花 原島ふじ子 遠嶺 200212
虚子駕籠で訪はれし山路男郎花 福井鳳水 円虹 200212
男郎花咲きもののふの眠る谷 田中子 円虹 200212
山の辺に父の声する男郎花 橋本佐智 円虹 200212
必然は信ずるに足る男郎花 大谷茂 遠嶺 200212
優しさは弱さにも似て男郎花 栗田武三 ぐろっけ 200301
草枯るる中に一茎男郎花 河野千恵子 酸漿 200302
蓼科山に雲低う這ふ男郎花 宇田喜美栄 200311
男郎花柳生へつづく道辿り 山田天 雨月 200311
月山の空のまろさや男郎花 小宮山勇 遠嶺 200312
薬大のうらのぬけみち男郎花 斉藤小夜 風土 200312
茎太の足柄山のをとこへし 深田雅敏 200401
男郎花ぽつきり折られ空しかり 上薗櫨夫 河鹿 200401
男郎花角と歯をもつ天燈鬼 打田紀代子 草の花 200401
竹林に鳴る夕風や男郎花 中村克久 雲の峰 200410
をとこへしばかり殖えたる垣となり 林彌生 草の花 200411
連れなくて先づは呆ける男郎花 品川鈴子 ぐろっけ 200411
諏訪さまの参道男郎花ばかり 大坪景章 万象 200412
暮れてゆく秩父青石男郎花 高千夏子 200412
男郎花石灯籠に遠祖の記 品川鈴子 ぐろっけ 200412
男郎花ばかり咲きたる女坂 栗下廣子 万象 200501
宿帳に一人をしるし男郎花 石川賢吾 200501
男郎花活けて女の弾み声 福留ゆみえ 河鹿 200502
磯へ飛ぶ波の秀先や男郎花 里中章子 200502
城へゆく道途切れけり男郎花 山田六甲 六花 200510
男郎花合掌造りの崖に垂れ 松崎鉄之介 200512
磧風呂へ男郎花咲く崖くだる 升田ヤス子 200512
雲影の這ひゆく嶺や男郎花 坂本ひさ子 遠嶺 200601
もろ肌になりて武張るやをとこへし 吉澤利治 遠嶺 200601
男郎花滝を背に立つ李白像 松崎鉄之介 200609
鳶の空魂投げよ男郎花 天野きく江 200611
草刈の夫が残せる男郎花 島崎勇作 酸漿 200611
男郎花に風あり橋を赤く塗る 大島翠木 200612
あるがまま只あるがまま男郎花 小山徳夫 遠嶺 200612
響き合ふ空のありけり男郎花 浜田はるみ 遠嶺 200612
男郎花古城取り巻くごとく咲く 梶井和呼 酸漿 200702
男郎花をんな一人の歩のゆれる 山元志津香 八千草 200704
雨雲は箱根の東男郎花 百瀬七生子 海光 200705
をとこへし影の中から立ち上がる 百瀬七生子 海光 200705
手を打つて謡ひつなぐや男郎花 百瀬七生子 海光 200705
もう川にとどかぬ石やをとこへし 甲州千草 200711
朝市や荷に紛れたる男郎花 しばかやこ 風土 200712
男郎花すでに退路を断つてをり 赤羽正行 遠嶺 200801
七草に入れてもらへぬ男郎花 山口速 200801
世評など何処吹く風のをとこへし 宮澤さくら 遠嶺 200802
ぼうぼうと枯れの女郎花男郎花 新関一杜 京鹿子 200802
うなづきて風に身を置く男郎花 酒井秀穂 炎環 200810
奥山の遠をとこへしをみなへし 石脇みはる 200811
女郎花立つに寝そべる男郎花 松崎鉄之介 200811
正・副社長そつくり双子男郎花 品川鈴子 ぐろっけ 200811
和の御辞儀洋の握手や男郎花 田岡千章 200812
晩節を汚さじけふの男郎花 川口襄 遠嶺 200902
その先はみづうみと聞く男郎花 稲畑汀子 ホトトギス 200909
女人禁制の鳥居をくぐり男郎花 有賀昌子 やぶれ傘 201004
男郎花心底のごと眉を引き 佐藤喜孝 あを 201010
山水のひびく高さや男郎花 福永みち子 馬醉木 201012
寺抜けて駅へ近道をとこへし 松本三千夫 末黒野 201012
七草の外に置かれて男郎花 木村茂登子 あを 201011
身のこなし或いは四方にをとこへし 堀内一郎 あを 201012
労咳てふ言葉ありけり男郎花 大川ゆかり 201101
泣きたくばこの胸貸さう男郎花 大木清美子 201102
男郎花男はいつもやさしくて 大畑善昭 201108
どことなく力積み次ぐ男郎花 岡田愛子 京鹿子 201112
西国の鳴呼おみなえしおとこえし 大島翠木 201201
今日も行くいざ男郎花女郎花 中野京子 201201
御嶽の峻険に耐へ男郎花 長尾輝星 ホトトギス 201202
木曽へ行く道一筋に男郎花 中原俊之 201202
をとこへしをみなへし風立ちにけり 松橋利雄 光陰 201203
丈ばかり伸びてゆきけり男郎花 稲畑汀子 ホトトギス 201208
嵐呼ぶ雨呼ぶ一と日男郎花 稲畑汀子 ホトトギス 201209
男郎花雨にうなだれはじめけり 稲畑汀子 ホトトギス 201209
をとこへし戦地の文を残しをり 北崎展江 くりから 201209
男郎花藍しづかなる畳かな 大島翠木 201211
走り根のくねる山道男郎花 福田かよ子 ぐろっけ 201212
女郎花かと問ふ男郎花と言ふ 嶋田一歩 ホトトギス 201302
日移るやをとこへしよりをみなめし 滝澤千枝 春燈 201312
男郎花の花の清しく休暇果つ 浜福恵 風土 201412
切岸や風真つ向に男郎花 能勢俊子 馬醉木 201412
男郎花マタギの所作に及びけり 森屋慶基 風土 201412
山あひを雲離れゆく男郎花 上田由姫子 京鹿子 201501
をとこへし次男三男遠き地に 大木清美子 201512
男郎花この頃会話減りました 酒本八重 201512
火の山の白き屹立男郎花 相良牧人 201612
嬥歌跡女郎花又男郎花 山田春生 万象 201612
うす闇に高さのありぬをとこへし 本多俊子 201711
目立たずに且つ真つ直ぐに男郎花 松本三千夫 末黒野 201711
雨意兆す沢風揺らす男郎花 高木邦雄 末黒野 201804
林間を吹きぬくる風男郎花 沼崎千枝 末黒野 201812
街道の墓傷み初む 男郎花 赤座典子 あを 201910
ぽつねんと縁切寺や男郎花 黒滝志麻子 末黒野 201911
草叢に一際白き男郎花 池上昌子 春燈 202001
窯を継ぐ陶工二代男郎花 小河原清江 梛の木 202007
女郎花に添ふ男郎花万葉園 仙田孝子 風土 202011

 

2021年9月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。