鬼の子  154句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
抓まれてゐる鬼の子の一張羅 飯塚ゑ子 火星 199812
鬼の子の登校拒否か蓑ごもる 檜紀代 199901
鬼の子や風を育ての親として 鈴木美枝 酸漿 200001
鬼の子の人のふりみて蓑隠れ 鈴鹿百合子 京鹿子 200001
鬼の子の授業を覗き込むごとく 木下仁司 200002
鬼の子となりてもよけれ柿紅葉 星野早苗 空のさえずる 200002
鬼の子やうしろの正面私かも 鳥羽夕摩 京鹿子 200003
鬼の子に夜の湿りとなりにけり 田畑幸子 火星 200011
鬼の子の引つかかりゐるランドセル 伊藤多恵子 火星 200012
什襲の趣味覺えたる鬼の子よ 中原道夫 銀化 200012
鬼の子が背伸びで覗く雛の家 今城知子 船団 200102
鬼の子が夕日の芯に当たりたる 小林あつ子 火星 200104
鬼の子に僅か日当たる朝餉かな 大村孝 百鳥 200201
星の息縒りて糸とす鬼の子は 堀川夏子 銀化 200202
鬼の子が框にすがる釣月菴 品川鈴子 ぐろっけ 200210
鬼の子の浄土の風にひと眠り 鈴鹿仁 京鹿子 200310
鬼の子や巨木のもやふ大師堂 柴田由乃 風土 200311
鬼の子の鬼ともならず糸に揺る 塩川雄三 築港 200311
鬼の子のなかなか強き衣かな 加藤みき 200311
蓑ふかく着て鬼の子のちちこひし 富川明子 200312
鬼の子に風の重さのありにけり 高橋澄子 200312
鬼の子の貌出してゐる昼下り 青山悠 200312
鬼の子はみな風の子となつて揺れ 岬雪夫 200403
立春大吉鬼の子の動きけり 谷山桃村 草の花 200403
枡掛の掌に鬼の子の垂れて来し 延広禎一 200412
鬼の子の睡りにつきし桜の木 雨村敏子 200412
海を見るほかはなき鬼の子下がりけり 平田紀美子 風土 200412
鬼の子のひがな一日糸電話 星加克己 ぐろっけ 200412
鬼の子に聞かせてみたい詩もあり 瀬下るか 200501
蓑のなき鬼の子吹かる古戦場 大坪景章 万象 200501
鬼の子の遊ぶ視界の鬼瓦 玉川悠 遠嶺 200501
鬼の子よ父よぶ声を教へよや 窪田佳津子 雨月 200502
鬼の子の知恵を絞つてをりにけり 高橋将夫 星の渦 200507
最澄の山鬼の子に迎へられ 大島翠木 200511
ひとつぶの雨に鬼の子驚愕す ほんだゆき 馬醉木 200512
鬼の子に武士の性あり天守閣 横松しげる 遠嶺 200601
鬼の子やぶらりと生きる知恵のあり 江口雅子 百鳥 200601
鬼の子の外へ出たさの目が覗く 足立典子 雨月 200601
鬼の子の人の世覗く木の間かな 宮島宏子 200612
「子を取ろ」の子を羨しとも鬼の子は 荻野嘉代子 春燈 200612
鬼の子の大甕の中出入りす 植木戴子 200612
鬼の子もそっと覗けりモルト倉 金山藤之助 200701
鬼の子の宙返りせり着地せず 吉田明子 200701
塀の上鬼の子蓑をかつぎゆく 門伝史会 風土 200701
観音の袖に鬼の子揺れてをり 阿部悦子 酸漿 200710
鬼の子の潮さぶる顔出しゐたり 山尾玉藻 火星 200711
鬼の子のあしたの雨に痩せてゐし 蘭定かず子 火星 200711
鬼の子と呼ばれ一糸の虚と実と 鈴鹿仁 京鹿子 200711
鬼の子の石の鳥居に縋りをり 西野愁草子 200711
鬼の子の夜な夜な出会ふ松のこゑ 加藤みき 200711
谿深く胡鬼の子に遇ふ旅路かな 熊岡俊子 雨月 200712
鬼の子の外界窺ふ夕日中 高柳ちゑ 遠嶺 200801
鬼の子も吹かれてゐるや十団子 浅田光代 風土 200801
鬼がゐて鬼の子がゐて春の月 柴田佐知子 200806
鬼の子も来よと火を焚く春祭 柴田佐知子 200807
鬼の子のゆらゆら時を刻みをる 近藤公子 200811
鬼の子を弾けば傾ぐ峠道 上原重一 200812
鬼の子の空気を読んでをりしかな 柳川晋 200901
鬼の子にあたたかな月上りけり 城孝子 火星 200902
鬼の子の顔だす空の明る過ぎ 笠置早苗 火星 200902
鬼の子を押し出す遊び囃しては 中条さゆり 200903
鬼の子に一茶の里を尋ねけり 遠藤和彦 遠嶺 200904
木の股に鬼の子垂るる南無三宝 延広禎一 200911
鬼の子のきりきり舞を見てゐたり 水上陽三 200912
鬼の子の火の見櫓をのぼりをり 乗鞍三彦 春燈 200912
鬼の子の風に揺らるる遊びかな 川崎光一郎 京鹿子 200912
鬼の子の見事に並ぶ枝のあり 中村しげ 酸漿 200912
鬼の子の蓑の青さも吊りてをり 中村しげ 酸漿 200912
鬼の子の己が力の限り生く 中村しげ 酸漿 200912
鬼の子に追伸長き母の文 浅田光代 風土 201001
鬼の子に人の子に冬来りけり 上原恒子 雨月 201001
鬼の子の吹かるる音に耳澄ます 雨宮敏子 201012
玄黄の間に鬼の子くだりけり 本多俊子 201012
胞衣笑ひ響きて鬼の子が一つ 柳川晋 201012
鬼の子を見たし子等はいじめつ子 東秋茄子 京鹿子 201012
鬼の子の目玉うるうる蓑を出で 小林正史 201012
鬼の子や火の粉をかぶる薪能 中村洋子 風土 201012
野分晴小楢鬼の子零さざる 三谷道子 万象 201101
鬼の子の糸一本に不安なし 高橋将夫 201102
鬼の子にあしたの天気聞いてをる 宇田喜美栄 201102
鬼の子の簑つややかに晴るる雨 永田二三子 酸漿 201102
鬼の子や寺苑に人の影あらず 小川玉泉 末黒野 201103
鬼の子のちちと嘆きて母遠し 和田照海 京鹿子 201111
鬼の子の風吹くままに遊びをり 田中浅子 201112
鬼の子の頭出かかる午後三時 池田光子 風土 201112
鬼の子は雲梯好きな児に見られ 粟倉昌子 201201
鬼の子の不届きな沙汰陣屋裏 鈴鹿均 京鹿子 201201
鬼の子の風のなき日は眠りづめ 菅谷たけし 201201
鬼の子にかぼちやランタン灯りぬ 山田美恵子 火星 201201
鬼の子の簑を抜け出す閻魔堂 延広禎一 201202
鬼の子のひとり遊びを風あやす 田所節子 201202
鬼の子のオーダーメードらしき蓑 秋葉雅治 201212
大日や摩耶と阿修羅と鬼の子と 柳川晋 201301
賤衣なる鬼の子泣くや泣かずとも 天野みゆき 風土 201301
鬼の子の風に揺るるは眠るため 高橋将夫 201302
鬼の子の垂るるもうすぐ夕ごはん 田岡千章 201303
鬼の子は蓑仮縫ひのまま遊ぶ 久染康子 201411
鬼の子はさらつてゆかぬ鬼子母神 高橋将夫 201411
鬼の子の宇宙をめざす宇宙服 佐々木紗知 京鹿子 201411
鬼の子に風のしがらみ生れにけり 栗原完爾 春燈 201412
鬼の子は変身人は脱皮する 江島照美 201412
南山に生れし鬼の子如意岳 中島陽華 201412
鬼の子の裸で下がる午後の日よ 大坪景章 万象 201412
鬼の子のときに船外活動も 甕秀磨 201412
鬼の子に声をそろへる友のなし 宮崎高根 201501
台風来るぞ来るぞ鬼の子宙ぶらりん 浜口高子 火星 201501
鬼の子をあやすほどなる風が吹く 内藤静 風土 201501
鬼の子の国あるごとく集まれる 大坪景章 万象 201501
鬼の子の夜な夜な俏しゐたりけり 加藤みさ 201501
鬼の子やつまずくばかり鞍馬越 中田禎子 201501
鬼の子の風にも敏き平家谷 和田照海 京鹿子 201501
鬼の子や柑橘類の衣着て 西村しげ子 雨月 201502
鬼の子の頑張らないと飛ばさるる 辻美奈子 201502
鬼の子に鬼も友だち雪こんこ すずき巴里 ろんど 201505
鬼の子の蓑脱いでゐる日のありや 阿部重夫 末黒野 201512
鬼の子をあやすほどなる風が吹く 内藤静 風土 201512
父を待つ鬼の子貌を出す門扉 中山皓雪 201601
鬼の子は地に近きまで西郷窟 田中道江 万象 201602
木魚叩けば鬼の子が貌を出す 天谷翔子 201602
鬼の子や蓑を着替へる事もなし 久保東海司 201610
鬼の子へ風はララバイよう寝るばい 井上石動 あを 201610
一すぢの糸に世渡り鬼の子は 丸尾和子 雨月 201701
鬼の子となり天界と結ばれむ 有松洋子 201701
鬼の子の揺れゐる鯉の波のうへ 南うみを 風土 201701
鬼の子の黒眼虚ろに雲を追ひ 山口ひろよ 201701
鬼の子に着せようパステル色の蓑 火箱ひろ 船団 201707
鬼の子の良い子ぶるのは表向き 鈴鹿呂仁 京鹿子 201711
鬼の子へやさしき風の吹く日かな 小森泰子 馬醉木 201712
鬼の子やお履きくださいスリッパを たかはしすなお 201712
ズームするレンズに鬼の子のひとつ 安藤久美子 やぶれ傘 201711
鬼の子や流離ごころの風の中 高木邦雄 末黒野 201804
鬼の子の気ままな一人遊びかな 及川照子 末黒野 201804
鬼の子に声を掛くれば揺れにけり 戸栗末廣 201803
鬼の子の半畳の空會津墓 鈴鹿呂仁 京鹿子 201812
弟の家にぶらぶら鬼の子は 火箱ひろ 201812
鬼の子のあはれをききに蓑虫庵 小林文良 春燈 201812
鬼の子揺るる八百年の木々 間島あきら 風土 201901
鬼の子やうれしき時は空をみる 本多俊子 201902
鬼の子の難民申請断はられ 柳川晋 201902
鬼の子の顔を出したる日和かな 西村安子 京鹿子 201903
母さんはどこと鬼の子揺れてをり 天谷翔子 201905
身の丈の縮みし吾と鬼の子と 笹村政子 六花 201911
鬼の子の鳴いて保身の糸揺らす 鈴鹿呂仁 京鹿子 201911
鬼の子の貌出しこの世窺ふか 丸尾和子 雨月 201911
鬼の子や風に転がる細れ石 鈴鹿呂仁 京鹿子 201912
鬼の子に学ぶ空気を読む力 栗原公子 202001
鬼の子の揺れて遠くへ飛ぶつもり 佐藤恭子 あを 202002
鬼の子に吹きつさらしの宵の来る 荒井一代 202002
鬼の子にうおんうおんと瀧の音 増成栗人 202002
鬼の子の遊び足らざる夕日かな 能勢俊子 馬醉木 202002
鬼の子が自転車でくる春の宵 火箱ひろ 202006
鬼の子に吹きつさらしの宵の来る 荒井一代 202007
横やりは風のきまぐれ鬼の子鳴く 鈴鹿呂仁 京鹿子 202011
鬼の子のふらり父親参観日 小林陽子 202101

 

2021年9月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。