みせばや         31句

みせばや  玉の緒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
みせばやにはらりと朝の狐雨 朝妻力 俳句通信 200109  
みせばやにころころ遊ぶ雀どち 関口ゆき あを 200112  
みせばやや糠雨かかる遊女の碑 谷野由紀子 雲の峰 200210  
みせばやや裏返し干す露地草履 竪ヤエ子 雲の峰 200210  
みせばやや靄上がりくる寒霞渓 鶴田武子 雲の峰 200210  
門柱の上の小鉢にみせばや咲く 松崎鉄之介 200312  
六甲にゐしみせばやの花の昼 石脇みはる 200501  
門柱にみせばやの鉢爺置けり 星野静子 200501  
みせばやに風の明るき武家屋敷 竪ヤエ子 雲の峰 200501  
みせばやに触れてひやりと南宗寺 前田雅章 雲の峰 200502  
みせばやの咲いて若狭の水信仰 能村研三 200510 若狭・神宮寺
息吹けばみせばやの花応へけり 松崎鉄之介 200601  
美容院の石塀の上みせばや咲く 松崎鉄之介 200601  
みせばやの花にきらめく雨雫 松崎鉄之介 200601  
みせばやの咲きて笑顔を広げけり 松崎鉄之介 200601  
笠めきてみせばや咲くに陽のめぐる 黄川田美千穂 200602  
みせばやをみせむと十日写しけり 松崎鉄之介 200602  
空昏るるみせばやに色あづけては 藤岡紫水 京鹿子 200712  
みせばやの花二度の雨に逢ふ 前田美恵子 200712  
みせばやの毬に浦風生まれけり 冨松寛子 200712  
立冬を過ぎてみせばや色付けり 松崎鉄之介 200801  
長々咲くみせばやの葉の色づけり 松崎鉄之介 200802  
みせばやの咲いて省二の句碑訪はむ 石脇みはる 200902  
みせばやの咲いて微光をあつめをり 辻美奈子 201012  
みせばやの鉢をはみだし咲き揃ふ 田中喜久子 酸漿 201101  
みせばやを後手にして嘯きぬ 水野恒彦 201112  
これからのことみせばやを咲かせつつ 山尾玉藻 火星 201212  
みせばやや他我ためにあり今日も晴 柴田靖子 201301  
みせばやも紅葉づる真似をしてみせし 後藤比奈夫 ホトトギス 201403  
みせばやの垣ほそ道にはみ出せる 井上信子 201410  
みせばやの小さき花芽を見つけたる 今井充子 201701  

 

2017年10月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。